ヒバリ舎 | Square 請求書導入事例

セミナー費用の支払いにクラウド請求書 

Hibari 01

業種: ライフスタイルデザイナー

「片づけ」との出会いが価値観を変えた

内山さんが片づけの道に進むきっかけとなったのは、2011年に体調を崩したことだった。当時、フリーランスのウェブデザイナーとして働きながら家事や子育てを一人で抱え込んでいた。

「私が綺麗好きだったということもあって、家事は完全に自分一人でやっていました。でも、自己流なので、自分以外はどこに何があるのか分からないんですよね。そうなると、私がやるしかなくて、どんどん自分の首を締めてしまったんです。私が寝込んだら、家事をする人が誰もいないので家の中がとんでもなく荒れてしまって(笑)。家事の中で片づけだけでもこれまでのやり方を変えなければなと思ったんです」

それから2年ほど経った後、内山さんは整理収納アドバイザーという資格に出会った。この資格は部屋が片づかない原因を見つけ根本的な解決を図る、いわば片づけのプロフェッショナルの証。興味を持って受講した内山さんは、片づけにメソッドがあることを知り感動したという。

「自分はそれまで整理や収納が得意と思い込んでいたのですが、間違いだと気づかされました(笑)。だって、自分にしかできないやり方だったから。自分の考えを押しつけずその人に合ったやり方で簡単に片づけられる仕組みを作ることが大事だと知ったんです」
整理収納アドバイザーという資格と出会った内山さんは、自分と同じ悩みを抱えた人に片づけのメソッドを伝えていきたいと思うようになり、片づけを仕事にすることを決意した。

Hibari 06

▲画像提供:ヒバリ舎

ヒバリ舎代表・内山ミエさんのストーリーについて詳しくは:【商いのコト】「片づけ」との出会いが価値観を変えた ― ヒバリ舎

支払いを楽にすることで、申し込みの障壁を下げる

ヒバリ舎ではSquare 請求書を活用しています。具体的な利用方法について伺いました。

—Square 請求書の導入にあたって、どんな課題を解決したいと思っていましたか

セミナー開催時に、当日に現金払いという方法にしたら、ドタキャンをされる方が何人かいて困っていました。銀行振り込みの前払いにしてもらうことでドタキャンは減りましたが、カード決済も選択可能にしたことで申し込みのハードルが下がったのではないかと感じています。

ーSquare 請求書を導入して、解決した点はありますか

現金支払いよりもカード決済の方がお客様にとってのメリットが多く、お申し込み時の障壁が減ったのではないかと感じています。

ー請求書機能で気に入ってる部分、もっと改善してほしい部分はありますか

インターフェースがシンプルで操作性が良いところが気に入っています。特に今のままで不自由を感じていません。

ーSquare以外に比較したサービスはありますか

他2社と比較検討しました。Squareは三井住友銀行への振り込みが翌日で、振り込み時の手数料も無料だったのが決め手になりました。小規模事業者なのですぐに現金が受け取れるのは嬉しいです。

セミナー費用の支払いに請求書を利用する

Squareで請求書を簡単導入

無料でアカウントを作成

Hibari 05

小規模事業者なのですぐに現金が受け取れるのは嬉しいです。ーヒバリ舎 内山ミエさん

Square 請求書が実現したこと

  • キャンセル率を下げる:受講者に合わせて資料や内容を用意するセミナーで、当日のキャンセルは主催者にとって大きなダメージになります。申し込み時にメールで請求書を送り、メール画面からクレジット決済ができることで、受講費用の支払いがスムーズになり、機会損失を減らすことにもつながります。

  • 申し込みのハードルを下げる:セミナーを受講したいと思ったときに、支払い方法が面倒だとついつい申し込みに対して億劫になってしまいがちです。メール画面からカード決済ができれば、銀行などに足を運ばずに済み、セミナー参加へのハードルの下がります。

Squareでは、クラウド請求書やブラウザ決済、顧客管理など、店舗を持たない事業者にとって便利なサービスや機能を多く提供しています。

この事例に登場したSquareのサービスは: