クレジットカード決済導入は、どちらを選ぶ?CAT端末とモバイル決済

最近は、店舗やオンラインショッピングでの支払いだけでなく、公共料金や税金の支払い、病院や薬局、交通機関などでも、クレジットカードが使えるようになってきました。ポイントやマイルを貯めるために、積極的にクレジットカードで支払う人も増えています。

お店などでクレジットカード決済を受け付けるには、カード情報を読み取る決済端末が必要です。この記事ではクレジットカード決済を可能とするCAT端末とモバイル決済サービスの特徴を掘り下げます。低コストで簡単にクレジットカード決済を受け付けられるモバイル決済端末、Square Readerの特徴も見ていきましょう。

クレジットカード決済を導入するには

クレジットカード決済の導入にあたり、加盟店としての契約が必要になります。契約には主に、カードブランドと個別に直接契約する方法と、代行業者などと契約する方法があります。導入手続きをスピーディかつ簡潔に行うためには、どのような契約方法があるのかを予めに理解しておくことが大切です。

個別に直接契約する場合、契約したいカードブランドとの交渉や契約手続きを個別に進めることになります。複数のカードブランドに契約を申し込み、審査を受け、加盟に至るまでには、時間も手間もかかります。カード決済の売上金額の入金日も各社で異なるため、経理処理が煩雑になることも考えられます。

一方、代行業者に依頼すると、複数のクレジットカード会社との契約だけでなく入金も代行してくれるため窓口を一本化できて便利です。しかし、時間や手間を省ける分、手数料が高めになってしまうという点があります。

クレジットカード決済端末機(CAT端末)を選ぶポイント

加盟店契約と同時に必要となるのは、クレジットカードの情報を読み取る決済端末機です。

決済端末としてよく使われている「CAT端末」は、「Credit Authorization Terminal」の略語で、日本語で「信用照会端末」を意味します。クレジットカードの有効性を確認するために、読み取ったカード情報を信用照会を行うセンターに送り、問題がなければ決済処理が行われます。

CAT端末の使い方はシンプルです。利用金額を入力し、支払い方法を選択しカード情報を読み込みます。電話回線やインターネット回線などを通じて信用照会を行い、その場でカードの有効性が確認されます。

CAT端末は据置型とポータブル型の二つに大きく分かれます。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでよく見かけるのが据え置き型のCAT端末です。据え置き型のCAT端末は店舗の業種や用途に合わせてカスタムされることが多く、専用回線の工事費などを含めると、初期導入費用だけで数十万円になることがあります。さらに、サポートやメンテナンスなどの月額利用料や決済手数料が発生したりと負担する出費は少なくありません。コストを掛けずに導入したいと考えている小規模の事業者や個人事業主にとっては手軽に導入できるものではないでしょう。

一方でポータブル端末は、据え置き型の機能を備えながら、持ち運びできるタイプのCAT端末です。4G回線などにつなげて決済を受け付けられるため、据え置き型のように回線の工事は必要ありません。手元に届いた日から使えるのも特徴的です。ただし、端末によって対応ブランドが異なるので、どのカードブランドに対応しているのかは事前に把握しておきたいところです。

Square Readerで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で

モバイル決済サービスとは

alt text

すぐにでも導入したい、導入費用や毎月の利用料金を抑えたい、イベント時のみ使いたい、大きな端末を置くスペースがないという個人事業主や小規模な店舗で最近良く使われているのが、モバイル決済サービスです。

スマートフォンやタブレットなどにアプリケーションをインストールし、小さな決済端末と連携させることで、クレジットカード決済を受け付けられるようになります。

Square Readerは、コストを最低限に抑えつつ簡単に、クレジットカード決済を導入することができます。

Squareの無料アカウントを作成したら、お使いのスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にPOSレジアプリをインストールします。あとは、イヤホンジャックにIC カードリーダーを差し込むだけで、クレジットカードや電子マネーでの決済に対応できます。

面倒な手続きは不要。アカウントの作成はオンラインで数分程度で完了し、最短で当日からの利用が可能です。

初期費用はカードリーダーの購入費のみです。カード決済手数料以外の固定費用がないので、維持コストが抑えられます。カード決済が発生したときの手数料は、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、交通系IC(※)であれば3.25%、iD、QUICPayの場合は3.75%、3.25%、JCBは3.95%です。金融機関によりますが、最短で翌日に決済手数料を引いた売上金額が入金されます。

※交通系ICにはSuica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけんが含まれます。PiTaPaはご利用いただけません。

安心・安全なクレジットカードの利用環境の整備を目的とした改正割賦販売法では、IC対応、カード情報の⾮保持化、事業者のPCI DSS準拠などのセキュリティー対策を義務化しています。Square ReaderはPCI DSSに準拠しており、カードを読み取る瞬間にカード情報を暗号化し、決済完了後は端末に情報を残さないため、セキュリティー面でも万全です。

参考:割賦販売法の⼀部を改正する法律について(経済産業省)

クレジットカード決済を導入することは、お客様の利便性を上げることです。クレジットカード決済の導入を考えるにあたり、まずは手軽なモバイル決済サービスを使って検討してみるのも良いかもしれません。

執筆は2019年3月21日時点の情報を参照しています。 2020年6月8日に記事の一部情報を更新しました。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash