POSレジを比較するポイントは?POSレジ導入のメリットを紹介

会計に使用するレジスターは、どのような業種の店舗にも欠かせない存在です。近年は、タブレット端末にアプリケーションをインストールして使うタイプのPOSレジが、コンパクトで便利なことから人気を集めています。POSレジはさまざまな企業からサービスが提供されており、自店舗に最適なサービスを選ぶのは難しいかもしれません。

ここでは、POSレジの種類やメリットのほか、主要なPOSレジについてご紹介します。

目次



POSレジとは?

POSレジのPOS(Point of Sales)とは、日本語で「販売時点情報管理」という意味を持ち、販売実績をデータとして集計・記録し、管理する仕組みを指します。

また、レジ(レジスター)は、金額の計算やお客様への金額の提示、釣銭の計算など、代金決済に必要な機能を備えた機械です。つまり、POSレジは代金決済機能以外に、決済を通して販売データの集計・記録・管理を行う機能を搭載したレジとなります。また、売り上げや在庫の管理、売上分析などの機能も備わっています。

POSレジの種類は三つ

では、POSレジにはどのような種類があるのでしょうか。POSレジには大きく分けて、「タブレット型」「ターミナル型」「パソコン型」の3種類があります。ここでは種類別に、POSレジの特徴をご紹介します。

タブレット型

タブレット型のPOSレジは、タブレットやスマートフォンなどの端末に、アプリケーションをインストールして使うタイプです。端末さえあればPOSレジとして使用できるので導入コストは非常に安く、運用コストも安めです。また、タブレット型はコンパクトで場所も取らず、操作がしやすいことから広く普及しています。

ターミナル型

ターミナル型のPOSレジは、バーコードを読み取るスキャナなどを備えた専用の機器に、利用する店舗に合わせてカスタマイズできるアプリケーションを搭載したタイプです。ハードウェアの購入が必要となるので導入コストは高めですが、利用する店舗ごとに最適なシステムに調整できるメリットがあります。

パソコン型

パソコン型のPOSレジは、パソコンに専用のアプリケーションをインストールして使うタイプです。パソコンがあれば、ハードウェアの導入が不要なため、導入コストが安いのが特徴です。レシートプリンターやバーコードスキャナを接続すれば、レシートの発行やバーコードの読み取りも可能です。もちろん、POSレジをインストールしたパソコンは、POSレジとして使うだけでなく、通常のパソコンとしても使用できます。

POSレジでできること

POSレジは、販売実績をデータとして集計・記録し、管理するシステムですが、具体的にはどのようなことができるのでしょうか。POSレジを使ってできることをご紹介します。

商品管理

取り扱っている商品の情報を登録してデータベースとして登録すれば、商品を一元管理できます。在庫の状況をリアルタイムで確認できるだけでなく、発注作業や出入庫管理も行えるほか、顧客から受けた注文も管理できます。

顧客情報管理

POSレジに顧客情報を登録することで、来店した日や購入履歴などの記録を管理できます。POSレジによっては、インターネットや電話での予約履歴も管理でき、顧客が保有するポイント情報の管理が可能なタイプもあります。

売上管理

POSレジでは会計時に、商品が「いつ、どの決済方法で、いくつ売れたのか」といった情報をデータベースに記録することで、売上管理ができます。会計に必要な釣銭の計算や、クレジットカード・電子マネーでの決済、レシートの発行なども可能です。なお、クレジットカード・電子マネーでの決済やレシートの発行を行う場合、別途カードリーダーやレシートプリンターが必要です。

売上分析

POSレジには、日々の売上データが蓄積されるので、どんな顧客層にどの商品が人気かを調べることができます。売上情報や販売情報を出力することも可能です。

勤怠管理・給与計算

POSレジの種類によっては、従業員の出退勤記録管理やスケジュール管理など、勤怠管理ができるタイプがあります。また、給与データの作成が可能なものもあります。

jp-blog-advantage-of-pos-cashier1

POSレジを導入する四つのメリット

POSレジを導入することで、さまざまなメリットがあります。続いては、POSレジの主なメリットを四つ紹介します。

会計の迅速化と会計ミスの軽減

バーコードを読み取って会計するPOSレジでは、手入力に比べて会計に時間がかからず、打ち間違いが起きにくいのがメリットです。また、自動釣銭機と連携すれば、お釣りの渡し間違いも防止できます。

さらに、クレジットカードの決済端末や電子マネー用の読み取り端末と連携することで、キャッシュレス決済にも対応可能です。

売上や顧客データを分析可能

蓄積された売上データ・顧客データを分析することにより、顧客の来店頻度や、顧客層別にどのような商品が売れているのか、どの決済手段が多く使われているのかなどを確認できることもメリットです。

この分析結果をもとに販売戦略を練り、顧客のニーズに合いそうな商品を入荷したり、販促施策やサービス向上施策を実施したりできます。また、実施したキャンペーンの効果測定も行えます。

在庫管理の手間が軽減

在庫管理機能があるPOSレジを導入すれば、商品がいつ、何個売れたのかをリアルタイムで把握でき、在庫数が常に最新の情報に更新されるため、在庫管理にかける労力を大幅に軽減できます。また、発注作業や出入庫管理も同じシステムで行えるPOSレジなら、在庫の補充や出荷指示なども簡単に行えます。

リピーターの獲得に貢献

POSレジを導入すれば、顧客情報と売上情報を紐づけて管理できるので、一人ひとりの顧客の好みに合った案内やサービスを実施しやすくなります。顧客満足度がアップすることで、リピーターの獲得に貢献できるメリットがあります。

POSを選ぶ基準

POSレジのサービスを提供する企業は数多くあります。基本的な性能は同じですが、製品ごとに違う機能などもあるため、店舗に合ったPOSレジを選ぶことが重要です。続いては、POSレジを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。
jp-blog-advantage-of-pos-cashier3

POSレジのタイプ

POSレジのタイプによって、導入コストや大きさが異なります。個人や小規模なお店なら、導入コストが高くなく、コンパクトで扱いやすいタブレット型がおすすめです。

必要な機能とカスタマイズ性

POSレジのどの機能を重視するかは、業種によって違いがあります。たとえば、飲食店なら予約やオーダーの一括管理機能、小売店なら充実した在庫管理機能、クリーニング店ならタグ管理や預かり票の発行機能などが必要です。そのため、POSレジを選ぶ際には、必要な機能が備わっているか、もしくはカスタマイズして利用できるのかを確認するようにしましょう。

操作性の良さ

扱いにくくては、会計を迅速にできるPOSレジのメリットがなくなってしまいます。操作性で選ぶなら、普段使っているスマートフォンに操作が近いタブレット型がおすすめです。

会計ソフトなど外部システムとの連携

会計ソフトと連携できれば、データが自動で反映されるので帳簿入力の手間が省けます。利用している会計ソフトや決済サービスなどがある場合は、連携できるかどうかを確認しましょう。

初期費用と利用料金

POSレジにかかるコストは、無料のものや、初期費用だけで10万円以上かかるサービスもあります。無理に高機能なPOSレジを選ぶ必要はありませんが、必要な機能が使えなければ導入にかかったコストと労力が無駄になってしまいます。価格と機能のバランスに注意して選びましょう。

タブレット型の主要POSレジを比較

小規模な店舗の場合、導入コストや置き場所などの面でタブレット型のPOSレジが便利です。ここでは、主要なタブレット型POSレジサービス6社について、主な特徴をご紹介します。

jp-blog-advantage-of-pos-cashier2

Square POSレジ

Square POSレジレジは、世界各国で200万以上の事業者が利用する導入費用0円のPOSレジです。iOS・Androidの両方に対応しており、アカウント登録をするだけですぐに使えます。売り上げや在庫の管理はもちろん、複数店舗の管理や従業員の勤怠管理、ネットショップとの連携など、事業内容やビジネスの成長に合わせてさまざまな機能が利用可能です。Squareの決済端末を併せて使えば、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済にも対応できます。ほかにも、ネットショップの開設やオンライン請求書など、便利な機能がそろっています。

Airレジ

Airレジは、注文入力・会計、管理・分析などの基本機能を、0円で利用可能なPOSレジです。iPadやiPhoneで利用でき、iPadやiPhoneが手元になければ導入時にレシートプリンターなどの必要な機器とセットで購入することもできます。ディスプレイに表示されるレジのレイアウトはシンプルでわかりやすく、商品パネルをタッチするだけの簡単操作で、スピーディーに会計できます。また、売り上げの集計結果から販売状況の分析ができるので便利です。

スマレジ

スマレジは、月額利用料0円から始められるiPad・iPhone・iPod touch用ののPOSレジサービスです。10万店舗以上での利用実績があり、利用店舗からのフィードバックをもとに機能を改善しています。1店舗のみで月額無料のスタンダードプラン、複数店舗に対応した月額4,400円のプレミアムプラン、電話サポートやポイント管理がついた月額7,700円のプレミアムプラスプラン、飲食店向けの月額11,000円のフードビジネスプラン、小売店向けの月額13,200円のリテールビジネスプランと、機能や業種別に5種類の料金プランが用意されています。

ブレインレジ

ブレインレジは、月額0円から利用できる6,300軒以上の飲食店に導入実績があるPOSレジです。飲食店専用のPOSレジで、タイマー機能や個別会計、クーポン登録など、飲食店に必要な機能をそろえています。また、テーブルごとの注文状況を把握できる機能もあり、予約台帳やデリバリー、テイクアウト管理といった外部システムとの連携も可能です。基本的な機能が使える無料プラン、商品登録数が無制限になる月額2,800円のスタンダードプラン、キッチンプリンターやハンディと連携できる月額9,800円のプレミアムプランの3プランがあります。なお、ブレインレジの利用には専用の端末が必要です。

POS+(ポスタス)

POS+(ポスタス)は、月額6,000円から始められるiPadで使えるPOSレジです。在庫管理などが可能な小売店向けの「POS+retail」(月額12,000円から)、テーブル管理・キッチン伝票出力が可能な飲食店向けの「POS+food」(月額12,000円から)や「POS+lite」(月額6,000円から)、電子カルテなどがついた美容・サロン向けの「POS+beauty」(月額12,000円からといった専用のプランがあります。導入からスタッフへのレクチャー、駆けつけサポートなど、運用サポートも充実しています。

ユビレジ

ユビレジは、月額6,900円から使えるiPad専用のPOSレジです。オプションサービスが充実しており、商品単品や商品部門ごとの売上分析や、顧客の属性ごとの売上傾向を見る属性分析なども可能です。システム導入前からコンサルタントがつき、操作方法の講習まで行うなど、ユーザーサポートが充実しています。

Square POSレジで業種に合ったPOSレジを選ぼう

POSレジを導入することで、会計処理のスピードアップやミスの削減、在庫管理の手間を軽減するなど、さまざまなメリットがあります。しかし、POSレジ選びは、基本機能以外にどのような機能が必要なのかといったことを視野に入れて選ぶことが欠かせません。

Square POSレジは、業種や規模に関係なく使えるPOSレジとして、さまざまな機能が用意されています。ぜひ、導入をご検討ください。

SquareのPOSレジなら高機能なのにずっと0円

キャッシュレス決済、在庫管理、顧客管理、スタッフ管理など、店舗に必要な機能をすべて搭載


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2022年2月2日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash*