ビジネス用語集

ローンとは

公開日:2022/08/09

ローンとは、銀行などからお金を借りて、後から少しずつ返済する仕組みです。ローンには種類があり、目的を問わずに利用できるタイプと、特定の目的のみに使えるローンがあります。ビジネスローン、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどは、日常生活の出費とは違い、高額の費用がかかるため、数年から数十年に分割して返済します。

ローンの種類

代表的なローンの種類を見てみましょう。

ビジネスローン(事業者ローン)

企業、事業主のためのローンです。個人名義で借りるタイプと、法人名義で借りるタイプがあります。

カードローン

カードローンは、カード会社や銀行が提供している個人向け融資サービスです。住宅ローン、自動車ローンなどとは違い、目的を問わずに借り入れることができます。

住宅ローン

住宅ローンは、その名の通り、住むための家を購入する際に組むローンで、種類は3つあります。

  • 公的融資 公的機関が貸し出す住宅ローン
  • 民間融資 銀行が提供している住宅ローン
  • フラット35 証券化という仕組みを使い、投資家から資金調達を行う

マイカーローン(自動車ローン)

マイカーローンには、銀行のマイカーローン、ディーラーローン、自社ローンの3種類があります。

  • 銀行のマイカーローン 平均金利は約1~2%と低めではありますが、3つの中で最も審査が厳しいローンです。
  • ディーラーローン ディーラーが提携している信販系会社とローンを組みます。平均的な金利は約4〜8%で、審査は銀行ほど厳しくありません。
  • 自社ローン 中古ディーラー会社が提供する独自のローンで、金利は0%です。自社ローンでは、金利が車両価格に含まれるため、支払総額は増えます。

教育ローン

教育ローンは2種類あり、国が運営しているものと、金融機関が運営しているものがあります。この2つのローンは、申し込み条件に違いがあります。

資本性劣後ローン

資本性劣後ローン は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたビジネスが、資金繰りを改善するために利用できるローンです。毎月の返済がなく、業績が一時的に悪化してしまったビジネスをサポートするローンとしても知られています。

ローンの金利について

各種ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。

  • 固定金利 契約時に一定の金利が適用され、市場の変動にも左右されません。
  • 変動金利 市場の動きに応じて金利が変動します。これにより、総支払額も変動します。

個人事業主も利用できる事業者向けのビジネスローン

ビジネスローンは、個人事業主、法人向けの金融サービスです。事前に資金を借りて、毎月少しずつ返済していきます。契約には確定申告書(収入や事業の継続性を確認するため)が必要で、審査があります。借入の目的は事業用のみで、私生活用の資金を借りることはできません。申し込み時に必要な書類は、個人事業主と法人で異なり、金融機関によっても変わります。

ビジネスローンの種類

代表的なビジネスローンは、以下の3種類に分けられます。

銀行系ビジネスローン

大手メガバンクや地方銀行など、銀行が融資を行うビジネスローンです。融資限度額は高く、低金利な点がメリットですが、審査は厳しく、融資実行までに時間がかかります。法人向けのビジネスローンです。

信販会社系ビジネスローン

融資額は500万円〜1,000万円程度と融資額が高めに設定されていますが、金利も高めの設定です。審査は銀行ほど厳しくなく、審査期間は比較的早めです。

ノンバンク(消費者金融系)ビジネスローン

ビジネスローンの中では最も借りやすいローンといえるでしょう。審査の日数が早かったり、条件が他のビジネスローンに比べ緩い点が特徴ですが、金利は高めに設定されています。消費者金融系のローンは総量規制* の対象外で、年収の3分の1以上の額でも融資可能です。

総量規制とは
総量規制とは、ビジネスローンで借りられる金額を制限するルールで、年収の3分の1までしか借りることができないという仕組みです。

ビジネスローンの計算方法とシミュレーション

ビジネスローンの基本的な計算方法を見てみましょう。まず、借入金額、利率と返済回数を概算します。以下、シミュレーションの例です。

  • 借入金額 300万円
  • 返済回数 60回
  • 利率 15%
  • 毎月の返済額 71,400円

ビジネスローン審査に必要な書類

借入先の機関によって、審査に提出する書類は異なります。以下は代表的な例です。申し込みの際に必ず、金融機関に確認をしましょう。

事業形態 審査に必要な書類
個人事業主 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポート等)、確定申告書、納税証明書、事業計画書、許認可証のコピー
法人 履歴事項全部証明書、決算書、印鑑証明書(法人)、代表者の本人確認書類、代表者の印鑑証明書、納税証明書、事業計画書、許認可証のコピー

無担保でも利用可能

多くのビジネスローンは無担保で提供されています。担保とは、返済できない場合に債務者が提供する物です。

ビジネスローンの金利相場は?

ビジネスローンの金利の相場は、通常の融資と比べると高めです。下記の金利は一般的な数値ですが、市場状況や申込者本人の状況などにより変動がありますので、必ず金融機関に確認をしましょう。

  • ノンバンク 約5〜18%
  • 銀行 約1〜15%

ビジネスローンのメリット、デメリット

ビジネスローンのメリット、デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 銀行融資ほど審査が厳しくない
  • 消費者金融系のビジネスローンであれば総量規制の対象外
  • インターネット上で申し込み可能

デメリット

  • 資金の使用目的は事業用に限定される
  • 銀行融資などに比べ、金利が高い

ローンに関するよくある質問

ローンとは何ですか?

ローンとは、銀行からお金を借りて、後から少しずつ払う仕組みです。代表的なローンの種類は、事業用ローン、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがあります。

カードローンとキャッシングの違いは何ですか?

カードローンは、銀行やクレジットカード会社が提供する融資サービスです。キャッシングは、クレジットカードを使用して、銀行やコンビニのATMで現金を引き出す機能です。

本ページは情報提供を目的としており、掲載している情報は記事更新時点のものです。法律、雇用、税務、その他経営に関する最新情報に関しましては専門家にご相談ください。

Squareの機能をビジネス運営にお役立てください。

請求書作成・管理ソフトウェア

Square 請求書は、請求書、見積もり、支払いのリクエスト、追跡、管理を1か所で行える、無料の請求書ソフトウェアです。

オンラインビジネス

Square オンラインビジネスでは、無料のECサイトを使ってどんな業種もオンライン展開できます。在庫やソーシャルメディアと同期するオンラインストアを無料で設定しましょう。

決済端末

Square リーダーは、ICカード、タッチ決済(NFC)カードでのお支払いが受け付け可能です。ワイヤレス接続で、クレジット/デビットカード決済をすばやく受け付けられ、銀行口座への入金もスピーディーに。