システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

ブラウザ決済で定期支払いを予約する

パソコンからブラウザ決済で定期支払いを設定すれば、業務の効率化を図ることができます。[クイックチャージ]と[商品別売上]の両方から自動引き落としが簡単に設定できるため、お得意さまとのやり取りにかかる時間を節約でき、期日通りに支払いも完了するので、キャッシュフローが改善されるだけでなくお客さまとの関係強化にもつながります。

定期支払いを初めて予約する際は、新たに顧客情報を作成し 保存済みカード情報か、保存済みのカード情報がある場合は、それに対し請求処理を行ってください。

保存済みの定期支払いカードの決済手数料を確認するには、Learn About Square’s Feesにアクセスします。

ブラウザ決済で定期支払いを予約する

ブラウザ決済で定期支払いを予約するには次の手順を行います。

  1. ブラウザ決済の概要ページから、[支払いの受付] を選択します。

  2. クイックチャージを選択して任意の金額を請求するか、商品ごとの売上金額を選択して、売上に商品カスタマイズディスカウント、および税金を追加します。

  3. 顧客カード情報を追加または既存のものを選択します。

  4. [これを定期的な支払いにする] をクリックします。
    Schedule Recurring Virtual Terminal Payment

  5. 繰り返しを日ごと、週ごと、月ごと、もしくは年ごとから選択し、単位を追加します。たとえば2週間ごと、3か月ごとのように設定します。

  6. 指定日の定期支払いを一定の回数後に終了するか、終了日を定めないかのどちらかを選択します。
    Set Cadence of Recurring Virtual Terminal Payments

  7. [保存] をクリックします。

  8. 設定に間違いがないかを確認したら、[お会計] をクリックし定期支払いを確定します。

これで、お客様に対して電子レシートが発行され、それ以降も自動的に請求処理が行われます。

注意:ブラウザ決済で定期請求書の設定が終わると、初回の請求がただちに実行されます。2回目以降については定期支払いの設定に従って請求されます。

定期支払いを管理する

定期支払いの確認、編集、取り消しなどの処理はSquare データとSquare POSレジアプリから行うことができます。

注意:商品やオプション、ディスカウント、税金などに変更を加えた場合それ以降のすべての定期支払いに対して変更内容が反映されます。

Square データの場合

  1. Square データの[請求書]セクションにログインし、[定期送信] をクリックします。

  2. 有効な定期請求書を選択します。ここから請求書を編集または終了できます。

Edit Recurring Invoice

Square POSレジアプリの場合

  1. [請求書] に移動します。

  2. [フィルター] > [有効な定期請求書] の順に選択し定期送信を選択します。

  3. [編集] または [定期支払いを終了] をタップします。

詳細については、ブラウザ決済をはじめるをご覧ください。