ブラウザ決済を使うと、Squareデータからカード情報の直接入力で決済ができるので、会計を瞬時に済ませることができます。周辺機器やリーダー、Square POSレジアプリのインストールも不要です。

手数料について

ブラウザ決済によるお取引は、カード情報の直接入力による決済と同じ手数料3.75%がお取引ごとにかかります。

ブラウザ決済で支払いを受け付ける

ブラウザ決済で支払いを受け付けるには、以下の手順を行います。

  1. Squareデータにログインします。
  2. 画面左のメニューよりブラウザ決済 > 支払いの受付を選択します。
  3. お客様の支払い情報を入力します。
  4. 必要に応じて、60文字以内でメモ欄を入力します。
  5. [お会計] をクリックします。

決済は処理されました」が表示されたらお会計は完了です。支払いはSquareデータの売上レポートで確認することができます。

JP VirtualTerminal

従業員にブラウザ決済のアクセスを許可する

従業員にブラウザ決済のアクセスを許可するには従業員管理で設定します。設定する前に最低でも必ず1人の従業員を登録してください。
ブラウザ決済のアクセスを許可するには、次の手順を行います。

  1. 従業員にログインします。
  2. アクセスを許可する従業員の名前をクリックします。
  3. 役割を編集をクリックします。
  4. 従業員に[Squareデータへのアクセスを許可する]にチェックが入っていない場合は、これを切り替えます。
  5. [ブラウザ決済でお支払いを受付ける]にチェックを入れます。
  6. [保存] をクリックします。

注意: 従業員へのアクセス許可は、Squareデータの従業員管理でのみ変更できます。従業員にはアカウントで許可された機能のみ見えるようになります。

ブラウザ決済についてよくあるご質問 (FAQ)

カード情報の直接入力による決済では、お客様のどのような支払情報が必要ですか?

ブラウザ決済で支払いを受け付けるには、次の情報が必要です。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

お客様が電子レシートをご要望の場合は、お客様のメールアドレスか携帯電話番号を入力してください。お客様にはお取引の電子レシートが送信されます。

注意:メモ欄は60文字以内でご記入ください。メモ欄に入力された情報は、Squareデータ、売上レポート、お客様のレシートに表示されますので、個人情報、カード情報、機密情報のご記入はお控えください。

ブラウザ決済はSquare POSレジアプリで利用できますか?

ブラウザ決済はSquareデータからのみご利用いただくことが可能です。Square POSレジアプリからはご利用できません。

ブラウザ決済の取引はどこで確認できますか?

ブラウザ決済の取引はカード支払いとして売上レポートお取引に表示されます。

お客様のメールアドレスか携帯電話番号は必要ですか?

お客様が電子レシートをご希望の場合は、メールアドレスか携帯電話番号が必要となります。この情報はお客様にお取引の電子シートを送信する際に使用されます。

ブラウザ決済の取引を払い戻す方法を教えてください。

他の決済と同じようにSquareデータかPOSレジアプリから直接払い戻し処理ができます。操作方法の詳細については返品・キャンセルによる払い戻しをするのページをご確認ください。

Squareデータへのアクセス権限がない従業員でも、ブラウザ決済にアクセスできますか?

従業員がブラウザ決済を使用するにはSquareデータへのアクセス権限が必要です。支払い受付時のアクセス権限を制限したい場合は、次の手順を行います。

  1. Squareデータにログインして、役割に進みます。
  2. Squareデータにアクセスに切り替えます。
  3. アクセス権限を付与したい役割にはブラウザ決済でお支払いを受付けるを選択します。

ブラウザ決済とSquare 請求書の違い

Squareデータからお客様へ請求するには、Square 請求書 およびブラウザ決済のどちらでもご利用いただけます。ブラウザ決済は、電話販売やネット販売で受け付けた注文をすぐに決済する必要のある加盟店様に適しています。Square 請求書はすぐに決済代金を回収する必要のない加盟店様に適しています。

ブラウザ決済での保存済みのカード情報の使用

ブラウザ決済では現在保存済みのカード情報に対応していません。Squareでは、パソコンから保存済みカード情報を Square 請求書に使用する機能で自動引き落しが可能です。 詳しくは、Squareで自動継続課金をするにはのページをご確認ください。