ホーム>概要

Square Eコマース決済を安全にご利用いただくために

SquareのAPIやパートナーのいずれかを利用したEコマースでの支払い受け付けは、ビジネスを開始、成長させるのに最適です。また、Eコマースの注文で不正使用や支払いの異議申し立てを防ぐため、細心の注意を払うことが重要です。これは盗難や不正使用されていないカードで決済が正常に完了した場合も同様です。ここでは、安全な決済のための注意事項をお伝えします。

「特定商取引法に基づく表記」を表示する

Eコマースでの取引は隔地者間の取引のため、消費者にとって事業者、商品、および取引における情報はEコマース上で知る必要があります。そのため、特定商取引法(事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律)では事業者、商品、および取引情報を広告記載するよう定めています。広告の記載が不十分であったり、不明確だったりすると、後日トラブルを生ずることになります。表示項目については特定商取引法ガイドをご参照ください。Squareは定期審査にてこの表記の有無を確認し、お客様に安全にSquareのEコマースAPIをご利用いただけるよう努めております。

信頼のできるお客様と取引する

Eコマースの取引は対面ではないため、購入者の属性を確認することが困難です。次の点をチェックして、疑わしいものがあれば商品発送を一旦停止し、購入者に問い合わせてください。安全に取引を進められるか確認してください。通常の購買パターンと異なる注文や、大量取引の注文については注意してください。通常と異なる取引に気づいたら、先方に問い合わせて購入内容を確認してください。

即時発送や急送の依頼に注意する

商品の届け先住所に不審な点がないかを確認します。私書箱や荷物転送サービスなどは不正な取引と結びついている場合が多いため、そのような住所への商品発送は推奨しません。

高価な商品やめったに購入されない商品の大量注文にご注意ください

注文が通常とは異なる場合や疑わしい場合は、お客さまに注文に関する追加情報をリクエストするのが望ましいでしょう。

配送先住所と請求先住所を再確認する

各住所が近郊でない場合や、別の州や国にある場合は、お客さまがカード所有者ではない可能性があります。

追跡情報と配達確認を提供する

商品を発送する場合は、追跡情報と、カード所有者の請求先住所に配達された商品を示すサイン済みの配達確認書を保管してください。

提供済みサービスの確認を取得する

サービスを提供している場合、カードはEコマースを介してではなくてタッチ・IC カード対応 Square ReaderなどのICカード対応リーダーを使用して処理する必要があります。Eコマースによるサービスの支払いを受け付ける場合は、カード所有者がサインおよび日付を記入した、カード所有者の満足度に応じたサービスを承認するステートメントが記載された明細書をお持ちください。

利用規約の確認を取得する

お会計時に、カード所有者に、キャンセルまたは返品ポリシーを含む販売の条件を電子的に受け入れてもらいます。これを記録しておいてください。

非承認となったカードを監視する

カードが承認されなかった場合は、盗まれたクレジットカード情報を使用して支払いが試されている可能性があります。請求情報と配送情報が一致しない注文に気付いた場合は、Square データにログインし、[売上] > [非承認/キャンセル済み等のお取引] の順に選択します。お客さまが短期間に複数のカードで支払いを試みた場合、完了した支払いを払い戻します。

Eコマースプラットフォームビジネスオーナー

サードパーティのEコマースプラットフォーム(BigcommerceやEcwidなど)では、リスクを最小限に抑えるためSignifydなどのソリューションが提供されている場合があります。Squareでは現在このオプションは提供していませんが、このようなプラットフォームでお客様のビジネスに最適なソリューションが見つかるかもしれません。

EコマースAPI加盟店

開発者向けAPIを使用している場合は、お客さまのメールアドレスや配送情報など、ご注文に関する追加情報をSquareに渡すことをご検討ください。ご注文の詳細が多いほど、皆さまの保護に役立ちます。

製品に関する情報はこちらをご覧ください。: 支払い関係 API