身体の不調を整える、整体サロンにオススメなPOSアプリ

身近なスマートフォンやタブレットデバイスを利用する「POSアプリ」を耳にしたことがあるという人もいるかもしれません。

今回は整体サロンの経営者に向けてオススメなPOSアプリを紹介します。

整体サロンのビジネスとしての特徴

alt text

整体サロンでは施術者である整体師の手技によって骨格や関節、筋肉のゆがみを整えていきます。施術の目的は幅広く、美容目的のむくみ解消から筋肉のこりをほぐすまでさまざまです。得意分野を持ったサロンもあるようです。

「平成28年経済センサス‐活動調査」によると、療術業の事業所数は57,188、うち83.2%が個人によるものです。

参考:平成28年経済センサス‐活動調査 産業別集計(「サービス関連産業B」及び 「医療,福祉」に関する集計)(総務省・経済産業省)

療術業には整体サロン以外のサービスも含まれるので一概にはいえませんが、個人によるサロンが多いと考えられます。

また、中小企業基盤整備機構が運営するポータルサイトJ-Net21の市場調査データによれば、整体院を含むカイロプラクティックサロンの利用率は女性の方がやや高く、利用率がもっとも高いのは30代女性です。

全体では利用したことがない人が70%、利用経験はあるが現在は利用していないという人が19%です。サロンを利用したことがない人に整体の魅力を伝え、利用したことがあるものの利用をやめてしまったお客様をリピーターとすることが事業の鍵といえます。同調査によると、利用金額については3,000円から5,000円がボリュームゾーンのようです。

参考:カイロプラクティックサロン(整体院含む)(J-Net21)

整体サロン全体に関係する傾向は市場調査データにみることができますが、サロンごとの傾向もあるでしょう。POSアプリは売り上げの傾向をつかむとともに、個人経営が多い整体サロンの業務削減にも貢献します。

POSアプリとは

alt text

約30年前にコンビニエンスストアの出店が急拡大したことをきっかけに、レジで商品やサービスが売れたタイミングで、何が・いつ・どれだけ売れたのかなどの情報を管理するPOS(Point of Sales)レジが普及しました。

データの管理が自動化されるので、導入のメリットは大きいのですが、専用の機器やシステムを導入しなければならず、初期費用や維持費、加えて経営者や従業員が新しいシステムに慣れるための教育費など、費用がかさむというデメリットがありました。整体サロンの経営者の中にも導入を検討したものの二の足を踏んでいるという人もいるのではないでしょうか。

2000年代後半から2010年代にかけてスマートフォンやタブレット端末が普及し、「POSアプリ」と呼ばれる新しいサービスが出てきました。POSアプリは従来のPOSシステムを、スマートフォンやタブレット向けのモバイルアプリで代用し、多くはデータをクラウドベースで管理するもので、POSシステムでは必須だった専用機や専用のシステムが不要になりました。オンラインでアカウントを作成すればすぐに使え、無料のサービスも少なくありません。POSアプリは普段使い慣れているモバイルアプリと似た操作感で、短い時間で操作に慣れることができます。

POSアプリに追加する形でクレジットカード決済を導入できるサービスもあり、キャッシュレス化が進む中でクレジットカード決済とともに注目を集めています。

一般的なPOSアプリの概要について説明しましたが、特に整体サロンでPOSアプリを導入するメリットはどこにあるのでしょうか。

整体サロンでPOSアプリを導入するメリット

alt text

前述のとおり、整体サロンでは新規顧客開拓と合わせて、一度サロンを訪れたお客様にいかに定期的かつ継続的に通ってもらうかが事業の成功の鍵となりそうです。

POSアプリでは会計ごとのデータが記録されるため、どのお客様がどれくらいの頻度で施術を受けているかを分析することができます。顧客データと合わせて販売データを管理していれば、はじめて施術を受けたお客様や、一度施術を受けたもののしばらく来店のないお客様にリピーターになってもらえるようアプローチすることも可能です。

また、会計時にお客様のデータを入力するのは手間が増えるように思えますが、アナログで管理していたデータがデジタルで一元管理されるようになり、帳簿をつける、税務のためにデータを集めるといった業務を削減できます。事務作業の軽減により、本業の施術やお客様とのコミュニケーションに時間を割けるようになります。個人経営が多い整体サロンでは見逃せないメリットといえるでしょう。

ビジネスの効率を上げるPOSレジアプリ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

整体サロンにオススメなPOSアプリ5選

続いて整体サロンで活用できるオススメのPOSアプリを紹介します。

Square POSレジ

Square POSレジはAndroidとiOS端末の両方に対応したPOSアプリです。Squareのウェブサイト上でアカウントを作り、スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすればモバイル端末がPOSレジになります。

お客様からの要望に応じてプリンターで紙レシートを印刷することも、メールで電子レシートを送ることもできます。データ分析機能に加えて、顧客管理機能もあり、電子レシートを使ってお客様の意見や感想を受け取ることもできます。複数の従業員をかかえる整体サロンでは、スタッフ管理機能の利用を検討してみてもよいかもしれません。POSとして利用する端末に専用のIC カードリーダー(Square Reader)をBluetooth接続するだけで、クレジットカードでの決済を受け付けられます。審査に通過すれば最短即日から利用開始でき、決済手数料を引かれた金額が最短で翌営業日に振り込まれます。今ならキャッシュバックキャンペーンで通常7,980円(税込)のSquare Readerを実質0円で導入でき、初期費用が抑えられます。

Airレジ(エアレジ)

AirレジはiOS対応のPOSアプリです。POSレジの基本機能は無料で利用できます。Square POSレジ同様、端末にカードリーダーを取り付けるとクレジットカード決済を受け付られるようになります。iPadを含む周辺機器のスターターパックも販売しています。

スマレジ

スマレジはiPad、iPhone、iPod touch対応のPOSアプリです。1店舗のみで基本的な機能が使えるスタンダードプランは無料で利用できます。そのほか、事業分野に特化した有料プランもあり、整体サロンには顧客管理機能と電話サポートを受けられるプレミアムプラスプランが向いているといえそうです。

POS+(ポスタス)####

POS+はiPad対応のPOSアプリです。業種ごとのサービスがあり、POS+の「ビューティー」が整体サロンと相性がよいと考えられます。初期費用や月額費用がかかりますが、駆付けサポートを月に何度でも利用可能です。基本的なPOS機能に加えて、予約状況の確認や電子カルテ管理といった機能もあります。

クラウドPOS

クラウドPOSはiPad対応のPOSアプリです。LiteとStandardの二つのプランがあります。Liteプランでも初期費用や月額費用がかかりますが、導入から運用までサポートを受けられます。個人で1店舗を経営している場合はLiteプラン、系列店など複数店舗経営している場合はStandardプランが選択肢になりそうです。

関連記事

病院の会計業務をもっと楽に!オススメPOSアプリ6選
エステサロンで導入したい!オススメPOSアプリ5選

執筆は2018年10月19日時点の情報を参照しています。2019年5月21日に記事の一部情報を更新しました。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash