飲食店なら一度はチャレンジしたい!?フードコート出店

Alt text

多くの人たちで賑わう商業施設やショッピングセンターにあるフードコート。出店に興味のある飲食店経営者もいるのではないでしょうか。

今回は、フードコート出店について紹介します。

フードコート出店のチャンス

Alt text

フードコートというと、大手の外食チェーンが出店しているイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、中小規模の飲食店の出店は、フードコートを運営する商業施設やショッピングセンター側にもメリットがあります。

たとえば、地元の飲食店の存在は、他施設のフードコートとの差別化につながります。テナントが大手外食チェーンばかりのフードコートの場合、お客様は他の施設と代わり映えしないように感じ、飽きてしまうかもしれません。しかし、他の施設にはないお店があることで、「あのフードコートにあるあのお店に行きたい」という気持ちが生まれ、施設の集客力アップにもつながると考えられます。

地元の食材を使っているお店や近隣の人に愛されている老舗店など、大手外食チェーンにはない魅力をアピールすることで、フードコート出店のチャンスをつかめるかもしれません。

フードコート出店のメリット

Alt text

フードコート出店のメリットとして、主に集客力の向上と広告宣伝コストの削減が挙げられます。

ホームページやソーシャルメディアで、お店のこだわりやメニュー、リアルタイムの情報を写真付きで発信するなど、お客様にお店を知ってもらうことに尽力しているお店も多いでしょう。

商業施設やショッピングセンターのフードコートに出店すると、買い物目当てに訪れたお客様が立ち寄ることが期待できます。商業施設やショッピングセンターが集客を行ってくれるので、自店だけで行う集客よりも、集客力が高く、同時に広告宣伝にかかるコストや手間も抑えられるでしょう。

フードコート出店のデメリット

Alt text

フードコートに出店には、デメリットもあります。

お店の作り

コンセプトや提供メニューに合わせてお店の雰囲気を演出したい、従業員が動きやすいレイアウトにしたいと考えている経営者もいるでしょう。フードコートの場合、居抜きやスケルトンの物件に比べて、店舗の面積や作りに制限が多くなると考えられます。オーダーから調理、料理を出すまで、一連の流れを見直す必要があるかもしれません。

営業日やメニュー

出店先の商業施設やショッピングセンターに合わせて、休日や営業時間が決まります。また、提供するメニューに関しても今までと全く同じものではなく、フードコート向けにアレンジしたものや新しいものを作る必要があります。

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

フードコート出店を成功させるヒント

Alt text

フードコート出店を成功に導くヒントを紹介します。

ターゲティング

出店する施設の客層や傾向を調べましょう。

たとえば、週末は家族連れのお客様が多い場合、ファミリー割引を提供するなど、客層に合わせたキャンペーンを行うこともひとつの方法です。

また、お子様ランチのように子どもが食べ切れる量やアレルギー対策のメニュー、健康志向のお客様向けに野菜を多くとり入れた低カロリーや低糖質のメニューなど、他の飲食店との差別化を図りましょう。

看板やメニューボード

フードコートには、さまざまな飲食店が出店しています。お客様がお店を選ぶときには、お店の第一印象が重要です。お客様に「美味しそう、食べたい」と思ってもらえるような工夫をしましょう。

お客様の視覚に訴えるような看板メニューボードを作成してみてはいかがでしょうか。

スピード

フードコートでは、ゆっくり食事を楽しむよりも手早く食事を済ませたいお客様が多いと考えられます。そのためには、注文からお客様へ料理をお出しするまでの時間を短くすることが重要です。

短い時間で調理できるメニューを考えたり、注文から会計までのオペレーションを見直したりすることが効果的でしょう。誰でも分かる店舗運営のマニュアルを作成することや、従業員への教育に力を入れることが必要です。

飽きさせない工夫

お客様を「飽きさせない」ためにさまざまなメニューを用意しましょう。いつも同じメニューしかないと、他店へ行ってしまう可能性があります。季節に合わせたメニューや週替わりメニューを提供することも方法のひとつです。

また、再来店をうながすためにポイントカードを渡すのも効果的です。「せっかくならポイントカードがあるあのお店に」と再来店してくれる可能性が高いです。たとえば、Squareギフトカードなら、お客様は何度でもチャージして使い続けられます。

支払い方法

支払い方法の選択肢を増やすことも、顧客満足度の向上につながります。たとえば、クレジットカード決済はお釣りのやりとりの煩わしさをなくし、お客様に料理を提供するまでの時間短縮にも効果的です。

SquareならSquare Readerと無料アプリSquare POS レジを使えば、普段お使いのスマートフォンやタブレット端末でクレジットカード決済を行うことができます。ぜひ導入を検討してみてください。

自店に合うかを考えた上で、フードコート出店を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

計算式で攻略!飲食店の売り上げを左右する回転率
ビジネスに成功をもたらすマニュアルの作り方

執筆は2018年2月2日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。