公開日:2022/12/12

商品やサービスの提供者としてBtoCビジネスに関わる場合は、BtoBとの違いを理解しておくことが大切です。本記事では、両者間の違いや企業例、マーケティング手法まで、BtoCに関するポイントを分かりやすく解説します。BtoCビジネスモデルの特徴を知ることで、マーケティングを最適化して、より効果的な集客につなげていきましょう。

BtoCとは?BtoBとの違い

BtoCとは、「Business to Consumer」および、「Business to Customer」の略で、企業が個人に対して商品やサービスを提供するビジネスモデルです。一方、BtoBは「Business to Bussiness」の略で、企業と企業が取引をするビジネスモデルです。

一般的にBtoCはBtoBより市場規模、取引金額ともに少ない点が特徴です。最大の違いは、購買の意思決定者です。BtoBは企業活動のために商品やサービスを購入するため、複数の担当者が協議を重ねるなど多くの人が関与し、決済までのプロセスが複雑です。BtoCは消費者個人で意思決定が行われるため、両者間には販売のアプローチ方法に違いがみられます。

BtoCの代表的な業種や企業の種類

BtoCの代表的な業種は、スーパーや百貨店など消費者と直接つながる小売業界が挙げられます。食品・飲食業界や、サービスを提供する旅行や保険業界も、数多くの企業が該当する代表的な業種です。著名な企業としては、「トヨタ自動車」や「キリンビール」、「JTB」などが挙げられます。

近年は、BtoC-EC(消費者向け電子商取引)と呼ばれる消費者向けのネットショップや、動画・音楽配信サイトなどの市場規模が年々増加しています。Amazonや楽天市場など、モール型の購入サイトや、中小規模の小売店なども自社で運営するネットショップが増えています。

【参考サイト】経済産業省 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

BtoCビジネスの特徴

BtoCは一般消費者向けに商品やサービスを提供するため、BtoBのビジネスモデルと比較すると受注単価が低く、購買までの時間が短い点が特徴です。そのため、購買意欲が高まったタイミングですぐに購入ができる仕組みづくりが重要です。

購買に至る理由が、商品やサービスのイメージを重要視する傾向にあるため、自社ブランドのイメージを洗練させたり、消費者の感情に訴えるような広告を打ち出すことが効果的です。受注単価は低いのですが、買い手の数は多いため、商品やサービスをより多く販売することが重要です。

BtoCマーケティングの特徴と手法

近年はECサイトでの購買取引が増えているため、Webサイトの活用が重要となります。どれだけの人がサイトを訪れたか、単価やリピート率などの項目において、目標に合わせた適切なKPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指数)を最初に設定することが大切です。マーケティングの手法として、いくつかのツールを複合的に活用しましょう。

オウンドメディア
オウンドメディアとは、企業が自社で保有するメディアの総称です。自社商品の認知度を高めて、有力顧客となるファンをつくるために活用します。Webサイトやブログを活用し、ユーザーが求める有益な情報を発信しましょう。

SNS
SNS(インスタグラムやYouTubeなど)は新しい情報を次々と発信でき、ユーザーの共感や信頼を得るためのツールとして活用できます。

Web広告
WEB広告は、大手検索エンジンやSNSのタイムラインなど、インターネット経由で有料広告を出稿し、新規の顧客を獲得できます。ユーザーの興味関心や行動履歴、年齢や性別などから、ターゲットに効果的な広告を出すことが可能です。

Googleビジネスプロフィール
Googleビジネスプロフィールは、Googleが提供する無料の情報管理ツールです。飲食店や小売店を探す際、Google検索を利用するユーザーが大多数を占めます。あらかじめ登録しておくことでGoogle検索時にプロフィール情報が表示されるため、ユーザーの目に止まりやすく、新規集客の効果が期待できます。

他には、見込み顧客を分析するために便利なMA(Marketing Automation)ツールや、顧客に最適なフォローを行うCRM(Customer Relationship Management)などのシステム活用もおすすめです。

BtoCに関するよくある質問

BtoCとは何ですか?

BtoCとは「Business to Consumer」および、「Business to Customer」の略で、企業が個人に対して商品やサービスを提供するビジネスモデルです。百貨店や小売店、コンビニエンスストアなど、CMや広告で見かけることが多く、普段の生活で関わりの深い企業が該当します。

BtoBとの違いは何ですか?

BtoBに比べ商品単価が低く、購買決定までの時間が短い傾向があります。取引はBtoBが長期的なのに対して、短期的になりやすい傾向があります。また、テレビCMやWebサイトなどを介してPRすることが多いため、一般消費者への認知度が高いのもBtoCの特徴です。

BtoCビジネスの特徴は何ですか?

一般消費者向けに商品やサービスを提供するため、見込み客が多く、購買までの検討期間が短い点が特徴です。多くの対象者をターゲットにできるため、売り上げを伸ばすためにはオンラインの活用が効果的です。対象顧客が多い分、ニーズも多岐にわたるため、ターゲットの分析や、顧客とのつながりを深めていくことが重要です。

Squareの機能をビジネス運営にお役立てください。

無料のPOSレジソフトウェア

Square POSレジを使えば、お店はもちろん、ネットショップで、電話で、屋外イベントで、あらゆる場所での販売がかんたんになります。操作はシンプルですのでトレーニングは一切必要ありません。

お会計リンク

Square オンラインチェックアウトでお会計リンク、購入ボタン、QRコードを作成しましょう。どこにでも埋め込むことができ、ウェブサイトなしでもオンライン販売が可能になります。

決済ターミナル

Square ターミナルは、商品管理や支払い受け付け、さらにはレシート印刷や代金受け取りなどを行える一体型のカード決済端末です。