システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

オンラインで受けた注文をSquareで管理する

Squareでは、Eコマースパートナーと統合したり、また開発者に依頼してオーダーAPIと統合することが可能です。このように複数の注文を受け付ける場合、Square データとSquare POSレジアプリの両方からオーダーを追跡・管理することが可能です。

はじめる

オーダーの管理の設定と開始の方法について詳しくご説明します。

オーダーパートナーを統合する

  1. Square データ > [オーダー] > [オーダーパートナー] の順にアクセスします。

  2. Squareアカウントに統合するオーダーパートナーで [はじめる] をクリックします。

Squareアプリマーケットからパートナーに連携させることもできます。

オーダーの受付を開始するには、各統合パートナーの設定フローを完了する必要があります。

パートナーシップ統合を表示する

オンラインのSquareアプリマーケットからアクティブなパートナーシップ統合を表示することもできます。

  1. Square データ > [アプリ]の順に移動します。

  2. [マイアプリ] を選択します。

Square APIを使用する

Square APIを使うと、Squareを使ってオンライン決済を安全に処理しつつ、支払いプラットフォームを最初から作り上げられます。これには技術的知識が必要なため、開発者を雇用する必要があります。詳しくは、Square APIの設定と使用をご覧ください。

オーダーをオンラインで管理する

Eコマースパートナーを利用する場合も、Square データの [オーダー] タブから注文を管理できます。

デリバリーの注文

Square データから配送する注文を管理するには次の手順を行います。

注意: 現時点では、宅配業者とデータ連携して配送できるサービスはご用意しておりませんので、このページはオーダーのトラッキングのみの用途でご利用ください。配送はSquareを介さず、別途ご自身で行っていただく必要があります。

  1. Square データの [オーダー] タブに移動します。

  2. ここで、オーダーの一覧を確認できます。フィルターを使って [有効]、 [完了済み]、[全てのオーダー] を表示します。準備ができたら、処理するオーダーをクリックします。

  3. 注文があったことをお客さまにお知らせするには、[「対応中」にする] をクリックします。 Square外で設立された宅配便で手配をすることができます。

  4. 注文の準備が完了したら、[「準備完了」にする] をクリックして、注文を [準備完了] 状態にします。

  5. 宅配業社が商品を受け取ったら、[「完了」としてマークする] をタップして、注文を [完了済み] 状態にします。

受け取りオーダー

Square オンラインビジネスのストアで購入した商品を、実店舗で受け取ることができます。Square データで受け取りオーダーを管理するには、以下の手順を行います。

  1. Square データの [オーダー] タブに移動します。

  2. ここで、オーダーの一覧を確認できます。顧客の連絡先情報(氏名、電話番号、メールアドレス)、オーダーIDで検索可能です。 またはフィルターを使って [有効]、 [完了済み]、[全てのオーダー] を表示します。準備ができたら、処理するオーダーをクリックします。

  3. オーダーの受け取りの準備ができたら、[「準備完了」にする] をクリックします。

  4. お客さまが商品を受け取ったら、オーダーを表示して [「受け取り済み」にする] を選択します。

オーダーの処理を完了したら、決済の詳細閲覧ことができます。

店外での受け取り

店外での受け取りとは、店舗の外で顧客がオーダーを受け取るか、駐車場に停車している顧客の車へとオーダーを届ける迅速でかんたんな方法です。顧客はアプリ(Square オンラインビジネスまたは別のパートナーとの提携)で注文を行い、そのステータスを追跡できます。顧客が到着すると加盟店さま宛てに通知がありますので、注文を完了させることができます。店外での受け取りオーダーをSquare オンラインビジネスの概要ページから管理するには、以下を行ってください。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページの [注文] タブに移動します。

  2. ここでオーダーの一覧を確認できます。フィルターを使って[有効]、 [完了済み]、または [全てのオーダー] を表示します。準備ができたら、処理するオーダーをクリックします。[店外での受け取り] が提供手段タイプとしてリストされ、顧客情報、商品、および注文の詳細も表示されます。

  3. 店舗での提供手段を可能にするため、[対応中] を選択します。

  4. 店外の顧客にオーダーを届けたら、そのオーダーを [完了済み] にします。

  5. またSquareデータの [オーダー] セクション内の [店外での受け取り] タブへとナビゲートして、お客様のビジネスで注文されたすべての店外での受け取りオーダーを見ることもできます。オーダーは、顧客が支払いを済ませるとすぐに表示されます。

オーダーの発送

Square オンラインビジネスの概要ページからオーダーの発送を管理するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページの [注文] タブに移動します。

  2. 新規オーダーを見つけ選択し、オーダーの詳細を表示します。

  3. [対応中]をクリックします。オーダーのステータスが[対応中]に更新されます。

  4. オーダーの処理を完了したら、[発送済み] を選択してステータスを更新できます。

  5. 準備が完了したら、[保存] をクリックします。

オーダーの処理を完了したら、決済の詳細閲覧ことができます。現在Squareでは、他社の送り状発行システムとの連携サービスをご用意していません。オーダーのデータをダウンロードするには、加盟店コミュニティーオーダーデータをダウンロードして別会社の請求書発行システムを利用するをご参照ください。

オーダーの一括操作

Square データでは、複数のオーダーを一度に完了とマークして、オーダーのステータスが最新にすることができます。操作は以下の手順で行います:

  1. Square オンラインビジネスの概要ページの [注文] タブに移動します。

  2. [注文を編集] をクリックし、編集する注文をそれぞれ選択します。

  3. 完了しているオーダーについては、[完了] をクリックします。

  4. 発送の場合は、注文ごとに追跡番号と配送業者名を入力するように求められます。[保存] を押します。この情報を提供しない場合は、[スキップ] をクリックします。

  5. 注文が更新されたら、[編集を終了] をクリックします。

注文が更新されると、それに応じて [ステータス] 列が更新されます。

POSレジアプリからオーダーを管理する

オンラインでのオーダーはSquare POSレジアプリから直接管理することもできます。各オーダーのステータスは、ひと目でわかるよう以下のように分類されます。

  • 配送、配達

  • 発送

  • 受け取り

  • デジタル

オーダーマネージャーは、iPadおよびAndroidタブレット/フォンのSquare POSレジアプリで利用可能です。現在のところiPhoneではご利用いただけません。

設定

通知とチケット印刷の設定をSquare POSレジアプリから更新するには、ナビゲーションバーから [設定] を開き、[] までスクロールします。

  • アラート設定:既定ではアラートが有効になっています。新規オーダーの通知は無効にするか、頻度を調整できます。頻度は5分、15分、30分ごとからお選びください。

  • プリンターの設定:新規オーダーのチケットを手動で印刷、またはオーダーが入ったときに自動で印刷のいずれかを選択します。Androidの場合、プリンターの設定は、[設定] > [オーダー] の順にアクセスする必要がありますのでご留意ください。iOSデバイスでの同一設定へは、[設定] > [プリンター] の順にタップします。後述のプリンターステーション設定の説明をご覧ください。

  • クイックアクション:[オーダー] タブを選択すると、すべてのオーダーが表示されるマスタービューが開きます。クイックアクションを活用すればオーダーの詳細ページを開かずにオーダーステータスを最新の状態に更新できます。

オーダー用プリンターステーションを作成

プリンターステーションの設定は、AndroidとiOSでは少し説明が異なります。後述の説明をご確認ください。

Androidデバイスでプリンターステーションを設定するには:

  1. [設定]> [ハードウェア]> [プリンター] と進みます。

  2. 新しいプリンターを作成するか、または既存のプリンターステーションの設定を更新します。

  3. [プリンター] をタップして、お使いのプリンターを選択します。接続をテストするには、[テスト印刷] をタップします。

  4. オーダーマネージャーのオーダーシートを印刷したいプリンターステーションのオーダーシートのトグルをオンにします。

  5. [保存] をタップします。

iOSデバイスでプリンターステーションを設定するには:

  1. [設定]> [ハードウェア]> [プリンター] と進みます。

  2. 新しいプリンターを作成するか、または既存のプリンターステーションの設定を更新します。

  3. [プリンター] をタップして、お使いのプリンターを選択します。接続をテストするには、[テスト印刷] をタップします。

  4. [このプリンターを使用] で、[オンラインオーダーシート] へとナビゲートします。

  5. [オンラインオーダーシートには、このプリンターを使用する]
    をオンにして、印刷するカテゴリを選択します。

オーダーの状況

各オーダーは以下のいずれかの進捗ステータスに分類されます。

  • 有効:受け付けるすべてのオーダー、または対応中のオーダー(未完了)。

  • 新規:指示待ちのすべてのオーダー。自動印刷が有効になっている場合、新たなオーダーが追加されると印刷されます。

  • 対応中:準備中のオーダー。

  • 準備完了:お客さままたは配送業者による受け取りの準備ができたすべてのオーダー。

  • 完了済み:完了またはキャンセルされたすべてのオーダー。

オーダーが予定より遅れる「リスクが高い」場合に、オーダーのステータスが赤になります。これは、準備時間やオーダーの発注時間により決められます。これらのタイムラインは、Square オンラインビジネスの [設定] タブから設定できます。

たとえば、10:30amに受け取るオーダーが10:00amに発注され準備時間に35分かかる場合、このオーダーは 受け取り時間に間に合わないリスクが高いためステータスが赤くなります。緑のオーダーに遅れのリスクはありません。

受け取りおよび配達のオーダーを管理する

  1. 3本線のアイコンをタップしてメインメニューを表示し、[オーダー] > [受け取り] の順に進みます。オーダーが注文からの経過時間とともに一覧表示されます。

  2. オーダーをタップして詳細ページを表示し、[「対応中」にする] をタップします。オーダーステータスが [対応中] に更新されます。

  3. オーダーの受け取りの準備ができたら、[「準備完了」にする] をタップします。

  4. オーダーの受け取りが完了したら、[「受け取り済み」にする] をタップします。

オーダー受け取り時間を遅らせる

多くの注文が入ってくると予測される忙しいシフト期間中は、受け取り時間を遅らせて、デリバリー業者や顧客にオーダーを受け取れる時間が遅くなったこと知らせることができます。予定時間に間に合わないと分かった時点ですぐにオーダーを遅らせれば、デリバリー業者や顧客を待たせずに済みます。この設定は、Square データで編集できます。

オーダーの準備/発送時間を調整するには:

  1. Square データのオーダーマネージャーから、遅らせたいオーダーを選択します。

  2. 遅らせることが可能なオーダーには時間の横に右向き矢印が付いていますので、[編集] を選択します。

  3. 選択済みリストから遅らせる時間(15分刻み)を選択します。または [その他] を選択して手入力で時間を指定します。

  4. [保存] をタップします。

一部のオーダーは遅らせることができませんのでご留意ください。

オーダーの発送を管理する

  1. 3本線のアイコンをタップしてメインメニューを表示し、[オーダー] > [発送] の順にタップします。

  2. オーダーをタップして詳細ページを表示し、[「対応中」にする] をタップします。オーダーステータスが [対応中] に更新されます。

  3. 商品の発送準備ができたら、[「発送済み」にする] をタップします。オーダーに含まれる商品を確認します。荷物の追跡番号を入力して運送会社を選択するか、[追跡をスキップ] をタップします。

完了済みのオーダーの履歴は [完了済み] タブでいつでも表示できます。

注意:POSレジアプリのウィンドウを最小化していると、新規オーダーの通知はプッシュされません。

オーダーのレポート

オーダーのチャネルが複数ある場合、Square データで売上レポートと取引詳細を [ソース] でフィルターできます。最も人気があるオーダープラットフォームを分析したり、数クリックでレポートを整理したりできます。

ソースごとのレポート情報を表示するには、次の手順を行います。

  1. Square データで、[レポート] に移動します。

  2. レポートの [表示単位] および [フィルター] セクションで、[ソースごとに表示] の選択肢が表示されます。

  3. 表示するオーダーチャネルを選択します。

取引履歴でオーダーのソースを表示するには、次の手順を行います。

  1. Square データの [お取引] に移動します。

  2. ページの上部に、ソースフィルターが表示されます。特定のソースをクリックして選択します。

[ソース] フィルターを適用してから、[場所]、[従業員]、期間などのフィルターを組み合わせて掘り下げ、レポートのビューをカスタマイズできます。

詳細については、Squareでレポート作成をご覧ください。