ホーム画面に戻る

Square オンラインビジネスのサービスとサブスクリプションを管理する

この記事の対象読者
この記事は、Square オンラインビジネスの有料サービスとサブスクリプションを管理する方法と場所を知りたい加盟店さまを対象としています。

Square オンラインビジネスのサービスとサブスクリプションの管理について

Square オンラインビジネスのプラットフォームでサービスの料金を支払っている場合、Square データから請求や更新の設定を管理できます。Square データのどこに移動するかは、Squareオンラインビジネスの登録時期によって異なります。

はじめる前に

2022年11月7日以降にSquare オンラインビジネスのご利用を開始した場合、サブスクリプションの管理は [アカウントと設定] で行ってください。2022年11月7日より前にSquare オンラインビジネスのご利用を開始した場合、サブスクリプションの管理はSquare オンラインビジネスで行ってください。将来的に、すべてのサブスクリプションとサービスを1か所で管理できるよう、すべての加盟店向けの [アカウントと設定] に同じ機能を構築する予定です。

[アカウントと設定] から

[アカウントと設定] ページから 、[事業または店舗の情報] > [料金とサブスクリプション] の順にアクセスします。Square オンラインビジネスのサブスクリプションとサービスに関する以下の作業を行うことができます。

支払方法を管理する

最初のセクションで、支払方法を追加または変更できます。

サブスクリプションを管理する

すべてのサブスクリプションとサービスは、[サブスクリプション] タブで管理できます。すべてのサブスクリプションは、初期設定により自動更新するよう設定されています。請求サイクル末日を迎えると、自動的にサービスが延長され、登録されている支払方法に料金が請求されます。

管理したいSquare オンラインビジネスのサブスクリプションで[管理] を選択します。次に、プランを一時停止するか延長するかを選択します。サービスをキャンセルすることもできます。

ご注意:年間サブスクリプションから月間サブスクリプションに切り替えるには、Squareサポートにお問い合わせください。

サブスクリプションの一時停止

[サブスクリプション] タブに表示されている各サービスの [サブスクリプションを一時停止] を選択すると、サブスクリプションを最長3か月間一時停止できます。サブスクリプションを一時停止すると、現在の請求サイクル末日にサイトから有料機能が一時的に削除されます。一時停止期間が経過すると、サブスクリプションは自動的に再開されます。

ご注意:サブスクリプション一時停止についての重要事項

  • 一時停止は、Square オンラインビジネスのサブスクリプションでのみご利用いただけます。カスタムドメインサービスやGoogle Workspaceサービスは一時停止できません。
  • ご利用のサブスクリプションの一環で、Squareの取引手数料がディスカウントされている場合、サブスクリプションの一時停止中は標準の取引手数料が適用されます。
  • カスタムドメイン名を使用している場合、ご利用のドメインは変わらず利用でき、一時停止期間中もサイトは公開されたままとなります。
  • 決済代行会社としてPaypalを連携させている場合は、サブスクリプションの一時停止期間中、お客さま向けの支払いオプションからPaypalが削除されます。
  • サブスクリプションを一時停止すると、リアルタイム配送は機能しなくなります。オンラインストアでの購入時に適切な送料がお客さまに請求されるよう、必ず送料を手動で追加してください。
  • 一時停止中は有料機能にアクセスできなくなりますが、これまでに設定した内容やその他の情報は保存されるため、一時停止が解除されたら一時停止前の状態で再度ご利用いただけます。
  • サブスクリプションはいつでも(一時停止中も含め)キャンセルできます。

ドメインとメールを管理する

すべてのドメインとGoogle Workspaceのメールは、[ドメイン] タブから管理できます。これらのサービスは、初期設定により自動更新されるよう設定されており、請求サイクル末日を迎えると、自動的に延長され、登録されている支払方法に料金が請求されます。

請求書の表示

請求セクションでは、現在ご利用中のすべてのSquare製品に関するサブスクリプションの請求履歴を確認することができます。

Square オンラインビジネスから

Square オンラインビジネスの概要ページから、画面右上のメニューを展開し、アカウントの設定 リンクを選択します。Square オンラインビジネスのサブスクリプションとサービスに関する以下の作業を行うことができます。

支払方法を管理する

Square オンラインビジネスの登録されている支払い情報を確認するには、「支払方法」タブにアクセスします。

  • 支払方法を登録する:支払方法を登録するには、[マイサービス] にアクセスして、支払方法の登録先であるサービスを選択します。まだどのサービスも利用していないものの、カード情報を登録したい場合は、まずSquare オンラインビジネスでプランをアップグレード(有料サービス)してください。購入プロセス中に支払方法を登録します。アップグレードリンクは、Square オンラインビジネスのサイトエディタとSquare オンラインビジネスの概要ページで確認できます。
  • 支払方法を削除する:支払方法を削除するには、[支払方法] タブにアクセスし、対象の支払方法の右側にある [削除] アイコンを選択します。カードを削除すると、利用中のサービスに影響が出る場合があることを理解している旨を確認します。
  • 支払方法を変更する:ご利用のサービスと関連させているクレジットカードを変更したい場合は、[マイサービス] 内の該当するサービスの支払方法の横にある [変更] をクリックします。

サブスクリプションを管理する

すべてのサブスクリプションとサービスは、[マイサービス] タブから管理できます。すべてのサブスクリプションは、デフォルトにより自動更新するよう設定されています。請求サイクル末日を迎えると、自動的にサービスが延長され、登録されている支払方法に料金が請求されます。

  • 自動更新をオフにする:自動更新を無効化するには、対象サービスの [管理] リンクを使用します。サブスクリプションに支払方法が登録されていない場合は、自動更新は行われません。
  • 自動更新をオンにする:サービスが気づかないうちに有効期限切れになってしまわないよう、自動更新をもう一度オンにするには、[有効化する] リンクをクリックします。
  • サービスを延長する:またサービスを更新したり、更新の日時を設定したりするには、有効期限の横にある[延長] をクリックします。

サブスクリプションを一時停止する

[マイサービス] タブに表示されている各サービスの [管理] を選択すると、サブスクリプションを最長3か月間一時停止できます。サブスクリプションを一時停止すると、その月の請求サイクル末日にサイトの有料機能が削除されます。一時停止期間が経過すると、サブスクリプションは自動的に再開されます。

ご注意:サブスクリプション一時停止についての重要事項

  • 一時停止は、サイトのアップグレードでのみご利用いただけます。カスタムドメインサービスやGoogle Workspaceサービスは一時停止できません。
  • サブスクリプションにSquareの取引手数料のディスカウントが含まれている場合は、サブスクリプションの一時停止中は標準の取引手数料をお支払いいただきます。
  • カスタムドメイン名を使用している場合、ご利用のドメインは変わらず利用でき、一時停止期間中もサイトは公開されたままとなります。
  • 決済代行会社としてSquare オンラインストアにPaypalを連携させている場合は、お客さま向けの支払いオプションからPaypalが削除されます。
  • リアルタイム配送は、サブスクリプションを一時停止すると機能しなくなります。オンラインストアでの購入時に適切な送料がお客さまに請求されるよう、必ず送料を手動で追加してください。
  • 一時停止中は有料機能にアクセスできなくなりますが、これまでに設定した内容やその他の情報は保存されるため、一時停止が解除されたら以前の状態で再度ご利用いただけます。
  • サブスクリプションは、一時停止中であってもいつでもキャンセルできます。

注文履歴を確認する

[注文履歴] タブでは、Square オンラインビジネスのアカウントでこれまでに行ったすべての取引の概要が表示されます。これには受け取った払い戻しも含まれます。

各単位品目の右側にあるプリンターアイコンを選択すると、レシートを印刷できます。これは、サービスの購入または更新の後にメールで送られてくるレシートと同じものですので、常にここから予備を入手できます。

関連記事

お探しの答えが見当たりませんか?