システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>レシート

請求書およびレシートをカスタマイズする

この記事では、お客様のクレジットカード明細に表示される店舗情報の設定とレシートのカスタマイズ方法をご案内します。複数店舗を登録している場合、各店舗ごとに【ステップ1】と【ステップ2】の設定を行ってください。

【ステップ1】お客様のカード明細に表示される事業または店舗名を変更する

まずはじめに、[店舗>]で、お客様のカード明細の表示される店舗情報の設定をします。

店舗情報の表記(画像にある番号②、③)は、お客様がカード会社から受け取るカード利用明細に表示されます。この情報を正確に入力しておくことで、お客様はあなたの店舗(事業)での決済を認識しやすくなり、トラブルの予防にもつながります。

JP business settings v2

① レシート (電子、紙とも)の最上部とSquare 請求書に表示されます。
② お客様のカード利用明細にカタカナで表示されます。
③ お客様のカード利用明細に英語またはアルファベットで表示されます。
④ ここは社内管理用の名前を入れる欄です。よって、レシート (電子、紙とも)やお客様のカード利用明細には表示されません。(スクリーンショット右の画面では、入力箇所はありません。)
⑤ ここに入力した情報はレシート (電子、紙とも) には表示されませんが、 Square オンラインビジネスをご利用の場合にはそのサイト上に表示されます。

【ステップ2】 レシートをカスタマイズする

次に、Square データの [レシート]にアクセスしてレシートをカスタマイズします。こちらの内容は、Square 請求書にも反映されます。

  1. Squareデータにアクセスします。

  2. レシートをクリックします。

  3. レシートの情報をカスタマイズして、[保存] をクリックします。

下記の表では、各オプションの説明とその内容が表示される箇所が確認できます。

注意: 「事業または店舗の住所」と「その他の情報(電話番号、Twitter、Instagram、Facebook、ウェブサイト)」 に入れた内容は、ステップ1の [店舗] の該当箇所と同期します。 もし、変更した情報が店舗情報の画面に反映されない場合は、インターネットブラウザの画面更新をしてください。請求書をカスタマイズする手順はレシートの場合と異なり、Square データの異なるセクションから行うことが可能です。

オプション 詳細 電子
レシート

レシート
請求書
レシートヘッダーの色 ここで選択した色は、電子レシートと請求書に反映されます。
事業または店舗名 店舗名を入力し、お客様がどこのお店で何を購入したかわかるようにします。
ロゴ 事業や店舗などのロゴをアップロードします。Square 請求書および電子レシート用には、フレームまたは全幅ロゴから選択します。横200ピクセル×縦200ピクセル以上(電子・紙・請求書とも)を推奨します。紙レシートの最大サイズは、横400ピクセル×縦200ピクセルです。全幅ロゴを選択する場合、高解像度で表示するには横1280ピクセル×縦648ピクセル以上にしてください。
ロゴの色 紙のレシートは白黒で出力されます。
カラー
白黒
カラー
商品情報 商品情報を追加して、お客様が何を購入したかわかるようにします。ここは、 [商品]ページの「商品の説明」欄に入力した場合のみ、その内容が表示されます。
事業または店舗の住所 お店の住所を入力して、お客様に購入した場所がわかるようにします。
電話番号 電話番号を入力します。
Facebook FacebookのURLを入力します。
Instagram InstagramのURLを入力します。
Twitter Twitterのユーザー名を入力します。
ウェブサイト ウェブサイトのURLを入力します。
カスタムテキスト レシートに表示するメッセージなどを入力します。
返品条件 交換やキャンセルに関する方針を追加します。
お知り合い紹介用バナー お客様が、あなたのお知り合い紹介用リンクからSquareアカウントの承認手続きを完了すると、あなたとお客様双方のカード決済手数料が決済額10万円分まで 無料になる特典が付与されます(残高は180日間有効)。お知り合い紹介用リンクをあなたの電子レシートに表示するには、お知り合い紹介用リンクを表示にチェックを入れます。

領収書を印刷する

領収書が必要な場合は、POSレジアプリをSquare対応のレシートプリンターに接続しご利用ください。操作方法は、 領収書を印刷するのページをご確認ください。※ 現在領収書の機能は、レシートプリンター接続時のみ利用可能です。電子レシートでは領収書の発行はできません。

返信先メールアドレスを更新する

お客さまが請求書または見積もりメールに返信するときは、次の手順を実行して、メッセージが希望のメールアドレスに送信されることを確認します。

  1. オンラインのSquare データで、[ビジネス] > [店舗] の順に移動して、[アカウントと設定 ] タブに移動します。

  2. 設定を編集する店舗をクリックします。

  3. [連絡先情報] で、店舗の優先メールアドレスを更新して [保存] を押します。

追加の請求書カスタマイズオプション

請求書を以下の機能でさらにカスタマイズできます。

  • 基本的なカスタマイズ: 請求書にタイトルおよびメッセージを追加します。

  • デフォルトメッセージを保存する: サービス規約、キャンセル規則、返品規則、またはその他個別のメッセージを追加して、請求書をカスタマイズできます。請求書に [メッセージ] フィールドを追加して、[メッセージをデフォルトとして保存] を選択してください。

  • 支払い設定: 受け付け済みの支払方法の設定、Square 請求書で登録済みのカードの使用、およびチップオプションの追加など、請求書のデフォルトの支払い設定を選択できます。

  • 商品レベルでメモを追加する: 商品を追加し、[カスタマイズ] を選択し、[メモ] セクションへとスクロールします。価格ポイントと税金を選択し、メモを追加したら、必ず [保存] を押してください。

  • 請求書へのリンクを共有する: Squareアカウントから請求書をメールで送信するのではなく、手入力で請求書のリンクを共有することを選択可能です。請求書を作成するときに、[支払い] フィールドで [手入力で請求書を共有] を選択し、[作成] をクリックして [リンクを共有] を選択します。その後リンクをコピー・ペーストして、手入力でお客さまと共有します。

  • カスタムフィールド: 請求書にカスタムフィールドを追加しその位置を選択して、さらなる詳細をお客さまに伝えることができます。 サービス規約、キャンセル規則、返品規則、またはその他の個別メッセージを、カスタマイズした請求書に含められます。

Square データおよび請求書アプリから、請求書をカスタマイズできます。

Square データから以下の手順を行います。

1. Square データにログインして、[請求書] > [設定] の順にクリックします。
2. [請求書] セクション内で [基本設定] を選択して、デフォルトの送信方法、請求書の支払期限、またはリマインダー設定を指定します。
3. [基本的なカスタマイズ] で、請求書のタイトルおよびメッセージを追加します。[カスタムフィールド] で、お客さまへの追加のメモを含めることができます。

また、利用規約や返品規則といったカスタマイズ可能なフィールドを追加して、そのカスタムフィールドを請求書のどこに配置するかを選べます。

請求書の作成時の [支払いオプション] の後に、[カスタムフィールドを追加] を選択します。カスタムフィールドのタイトル、テキスト、位置を指定して、[保存] を押します。ここからは確認を行い、いつものやり方で請求書を送付します。

製品に関する情報はこちらをご覧ください。: POSレジ