Squareインボイスを利用すれば、販売した商品やサービスのインボイス (請求書) を購入者に宛てて送信できます。Squareインボイスで作成可能なインボイスの数に上限はありません。手数料は請求額の3.25%で、お客様が支払いを完了した時点で適用されます。

注意: Squareインボイス利用時のベストプラクティスについては、こちらを参照してください。

パソコンでインボイスを作成する

  1. パソコンで Squareデータにアクセスして、[インボイス ] > [インボイスを作成] の順にクリックします。注意: 複数店舗を登録している場合は、プルダウンメニューより該当の店舗をあらかじめ選択する必要がありますのでご注意ください。
  2. インボイスの宛名とメールアドレスを入力します。 顧客管理機能を使っている場合は、顧客リストから顧客を選択してください。インボイス 1 通につき、メールアドレス 9 件まで同時に送信できます。
  3. その他の必要事項を記入し、必要に応じてディスカウントを追加します。注意: ディスカウントは売上全体に対して適用されます。
  4. 画面右上にある [送信] ボタンをクリックします。

Squareインボイスを受け取ったお客様は、Square で利用可能なカードを使って請求額を支払うことができます。インボイスの支払いが完了すると、お客様側と店舗側の双方に確認メールが送られます。

注意: 現時点では、商品オプションが設定された商品を含むインボイスは発行できません。また、在庫管理機能をご利用の場合、インボイスの支払い完了時に商品の在庫数は更新されません。

インボイスを送信予約する

作成したインボイスが指定した期日に送信されるよう予約するには、上記の手順 1〜3 を行ったあと、追加で次の手順を行います。

  1. [送信予約と支払期限] 以下にある左側のドロップダウンで送信予約日を、右側のドロップダウンでインボイスの支払期限をそれぞれ指定します。
  2. 必要事項にすべて記入したら、画面右上にある [送信を予約] ボタンまたは [下書き保存] ボタンをクリックします。

注意: [下書き保存] をクリックした場合、送信予約でインボイスを作成してもインボイスは自動的に送信されません。予約した期日に自動送信するには、必ず [送信を予約] をクリックする必要があります。

送信予約されたインボイスは、指定した日付の午前 10 時 (送信元のタイムゾーンが基準) に送信されます。インボイスが支払われると、店舗側に確認メールが届きます。支払代金は通常の入金スケジュールに従って、登録済みの金融機関口座に振り込まれます。

インボイスを定期送信する

Squareインボイスは「定期送信」を設定することで、請求書の繰り返し送信が可能です。設定するには、次の手順を行います。

  1. Squareデータの [インボイス] タブで、ページの右上にある[定期送信] をクリックし、続けて [定期送信グループを作成] をクリックします。
  2. 開始日、送信頻度、および終了日を選択します。
  3. 他の項目も記入します。
  4. [送信を予約] をクリックします。

注意:「定期送信インボイス」の受取人は一人しか設定できません。また、一連のインボイスの送信先に、受取人のEメールアドレスを一度設定すると、変更することはできません。

作成したインボイスはお使いのパソコンから簡単に印刷できるほか、インボイスの支払い用リンクを使って共有することもできます。

インボイスを印刷するには、次の手順を行います。

  1. Squareデータで [インボイス] タブに進みます。
  2. 印刷するインボイスをクリックします。
  3. [その他] > [印刷] または [共有] の順にクリックします。

注意: 現時点では、モバイル端末のブラウザーでは Squareデータでインボイスを表示し、印刷することはできません。

インボイスを再送信 / 編集 / キャンセルする

  1. パソコンで Squareデータにアクセスして、[インボイス] タブに進みます。
  2. 印刷するインボイスをクリックします。
  3. 内容を編集する場合には [編集] をクリックします。そのまま再送信する場合は [再送信] をクリックします。

インボイスの内容を編集すると、店舗側とお客様の双方に確認メールが送信されます。

インボイスをキャンセルする

インボイスをキャンセルするには、インボイスを選択して、[その他] > [取り消す] > [OK] の順にクリックします。

定期送信インボイスをキャンセルするには、インボイスを選択して、[定期送信を表示] > [インボイスグループを終了] > [OK] の順にクリックします。

インボイスが既に支払い済みの場合、支払履歴からのキャンセルまたは削除はできませんが、払い戻しを行って、帳簿を合わせることは可能です。

インボイスのステータスを「支払済」にする

Squareインボイスを経由しないで請求書の支払いがあった場合は、Squareデータから手動でインボイスのステータスを「支払済」に変更できます。手動でステータスを変更するには、該当するインボイスをクリックして、[その他] > [「支払済」にする] の順にクリックします。この場合、手動で「支払済」にしたインボイスに関する手数料は発生しません。

Squareインボイスを英語で送信する

Squareデータの 店舗情報で、言語設定を「English」にすると、インボイスを英語で送信できます。複数店舗を設定している場合は店舗ごとに設定が必要です。