システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>サイト商品とカテゴリ

Square オンラインビジネスでの商品カスタマイズ

カスタマイズとは?

商品カスタマイズを活用すると、カスタマイズ可能な商品や、各種オプションのある商品を販売することができます。商品カスタマイズは、サイズや色などの商品バリエーションとは異なり、在庫量とは関連付けられません。また、どんな商品にも適用できます。

商品カスタマイズには、テキストボックス形式とリスト形式の2種類をご利用いただけます。また商品カスタマイズと商品バリエーションを併用することで、お客さまにご希望の内容を選んでいただける商品を提供することができます。たとえば、刻印オプション付きのブレスレットを各種サイズで販売している場合、商品バリエーションとして「サイズ(S、M、Lなど)」を指定します。また「刻印する文字(お客さまの名前、イニシャルなど)」をカスタマイズとして指定します。

商品ページ閲覧時には、追加した商品カスタマイズやオプションが表示され、商品をカートに追加する前にお客さま自身がカスタマイズやオプションの内容を選択することができます。

リスト形式の商品カスタマイズを作成する

オンラインストアに商品を追加、または既存の商品を編集するには、[カスタマイズ] までスクロールして [カスタマイズを管理] ボタンをクリックします。次の画面で [新規作成] をクリックすると、1つ目のカスタマイズが追加されます。

sos-item-mod-list-type

オプションをクリックし、カスタマイズのリストを作成します。お客さまが何を選択しているのかすぐにわかるよう、リストに名前をつけます。各商品(必要に応じて価格調整が必要)を [選択] フィールドに入力します。商品を1つ入力する度に、[完了] をクリックします。

また、店舗固有のカスタマイズを設定することもできます。これで同じ商品でも、購入店舗によっては異なるカスタマイズを行えるようになります。入力が終わったら、このカスタマイズを利用可能にする特定の店舗を選択するか、[今後追加されるすべての場所で利用可能] を選択します。

注意:店舗固有のカスタマイズは、リスト形式のカスタマイズの場合のみ利用可能です。テキストボックス形式のカスタマイズでは利用できません。

完了したら、[保存] をクリックして [カスタマイズを管理] ページに戻ります。このページには、商品に適用済みのカスタマイズとすべてのカスタマイズ一覧が表示されます。カスタマイズの横にあるボックスにチェックを入れると、商品に適用されます。

テキストボックス形式の商品カスタマイズを作成する

オプションの管理ページで [新規作成] ボタンをクリックし、ご希望のテキストボックスを選択します。

sos-item-mod-text-type

テキストボックス形式のカスタマイズでは、各種オプションを設定できます。


たとえば、テキストボックスラベルや文字数制限を設定したり、テキストボックスの入力を必須にしたりすることができます。ラベルに入力したテキストは、商品ページでお客さまに表示されるため、わかりやすいものを選択してください。完了したら [保存] をクリックして [カスタマイズを管理] ページに戻ります。

カスタマイズを管理する

商品の編集ページで [カスタマイズを管理] ボタンをクリックし、管理ページを開きます。ここでは、商品に適用されたすべてのカスタマイズが表示されます。すべてのカスタマイズの内容がこの画面に集約されているため、商品の編集や追加が必要になったらいつでもこの画面を使って必要な変更を加えることができます。

sos-item-mod-manage

[カスタマイズを適用] セクションのチェックボックスを使用すると、現時点で商品に適用している各カスタマイズをオンまたはオフにできます。また [「. . .」] アイコンをクリックして、カスタマイズを編集、複製、または削除することも可能です。

さらにカスタマイズを追加する場合は、[新規作成] ボタンをクリックして上記の手順を繰り返してください。

[完了] ボタンをクリックして、商品の編集ページに戻ります。

カスタマイズの設定を編集する

sos-item-mod-saved

リスト形式のカスタマイズの場合、商品レベルで設定を調整することができます。つまり設定を調整しても、同じカスタマイズが適用されている他の商品に影響はでません。設定にアクセスするには、歯車アイコンをクリックします。

sos-item-mod-settings

ここでは次のような調整ができます。

可視性:レシートにカスタマイズの内容を表示させたくない場合は、このボックスにチェックを入れます。
選択肢の数:選択肢の最低数と最高数を設定します。今回の例では、お客さまに食品の辛さレベルを複数選択して欲しくないため、選択肢の最低数と最高数は両方とも1に設定されています。最高数を1よりも大きい数に変更した場合は、オプションがチェックボックスとして表示され、お客さまのご希望に合わせて選択していただけます。
デフォルトに設定:このチェックボックスを使用すると、デフォルトとして表示するオプションを選ぶことができます(複数選択可)。チェックマークをつけたオプションは商品ページで事前に選択された状態で表示されます。お客さまのご希望に合わせて、別のオプションを選択していただくことも、あるいはデフォルトの選択肢のままにしておくことも可能です。
非表示:特定の商品において利用できないオプションがある場合は、チェックボックスを選択してオプションを非表示にします。

設定が終わったら [完了] をクリックし、商品の編集ページに戻ります。編集完了後、 [保存] をクリックすると、公開したウェブサイトで商品カスタマイズが利用可能になります。

お探しの答えが見当たりませんか?