システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>発送の設定

Square オンラインビジネスの自店舗によるデリバリー

発送店内および店外での受け取りに加えて、自社の配達員/デリバリー担当スタッフがいる場合は、店舗エリア内のお客さまを対象にデリバリーで商品をお届けすることもできます。

複数店舗場合で、JCBの受け付けをご希望の場合は、発送、受け取り、デリバリーを追加するをご確認ください。

Square オンラインビジネスでのデリバリーのご利用についてで詳細を確認して、デリバリー機能の設定を成功させましょう。

自店舗によるデリバリーをオンにする

複数の店舗を対象に、営業時間、デリバリー対象地域、各店舗特有の料金など、デリバリーに関する詳細を設定することができます。Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスします。ここでは、Squareアカウントからの [店舗] 情報が自動的に同期されます。引き続き、[設定] ボタンをクリックして、以下の手順を行います。すでに店内および店外での受け取りをご利用の場合は、デリバリーの切り替えスイッチをクリックして次のセクションに進んでください。

sos-delivery-toggle-on

スイッチをクリックしてデリバリーをオンに切り替えます。非対面デリバリー(置き配)を提供する場合は、[非対面デリバリー] スイッチをオンに切り替えます。オンにすると、お客さま側でこのオプションを選択できるようになり、注文時に配達ドライバーへの指示を記入することができます。[続行] をクリックして、先に進みます。

自店舗によるデリバリーの時間を設定する

ここに表示される曜日と営業時間はSquareアカウントから同期されます。店舗の営業時間を追加していない場合は、代わりにデフォルトの営業時間が表示されます(月曜~金曜、午前9時~午後5時)。営業時間や曜日の内容を変更した場合でも、Squareアカウントの設定には影響しませんので、ご安心ください。

sos-delivery-set-hours

デリバリーに対応できる各曜日のボックスにチェックを入れ、デリバリー可能な時間を入力します。[+] リンクをクリックすると、1日に複数の時間帯を追加できます。これにより、1日の中の繁忙期などデリバリーを行わない特定の時間帯を除外できます。

[+日付を追加] リンクをクリックすると、デリバリーを行わない日を除外日として指定することができます。 たとえば、通常の営業日が祝祭日に当たる場合にその祝祭日を除外できます。除外日は複数追加でき、繰り返し除外にするか、1回のみかを選ぶことができます。

オーダーの日時指定を設定する

次に、ドロップダウンメニューから準備時間を選択します。ここで選択する準備時間はすべてのデリバリーオーダーに適用されますので、大部分のオーダーに当てはまる平均的な所要時間を選んでください。

注意: 準備に時間のかかる商品があれば、その商品に対して個別の準備時間を設定することもできます。設定するには、Square オンラインビジネスの概要ページから [商品] > [サイト商品] の順にアクセスして、編集する商品をクリックします。お届け方法セクションまで下へとにスクロールして、準備時間を選択します。

sos-delivery-prep-time

デリバリー時間をお客さま側で指定できるようにするには、切り替えスイッチをクリックします。このスイッチをオンにすると、設定済みの営業時間、準備時間、デリバリー予定時間を基に、デリバリーの日時をお会計時に選択できるようになります。

1度にデリバリーしなければならないオーダーの数を制限したい場合は、オーダーを制限するのスイッチをオンにして、一度に受け付けできる注文数を設定します。オンにすると、設定した内容に基づいて、受注した注文に対してデリバリー時間が自動的に割り当てられます。

たとえば、準備時間は30分で、15分あたりに注文受付けできるオーダー数を1件に制限し、デリバリー予定時間は10~30分であるとしましょう。午後12時にオーダーを3件受け付けた場合、最初のオーダーのデリバリー予定時間は午前12:40 ~1:00 になります。2件目と3件目の注文をしたお客さまのデリバリー予定時間は、それぞれ午後1:00 ~1:30、午後1:20~1:40となります。オーダーの数が設定した制限値を超えると、通常より混雑していることをお知らせするメッセージがお会計時にお客さま向けに表示されます。

デリバリー設定を編集する

デリバリー元の店舗からの距離半径を利用して、または特定の郵便番号を入力して、デリバリー対象地域を設定することができます。

sos-delivery-estimate

半径距離でデリバリー対象地域を指定するには、デリバリーに対応できる地域の範囲を数字で入力し、ドロップダウンメニューからマイルやキロメートルを選択します。この数字は、店舗の住所を基点とした配達可能な最長距離を表します。10kmと入力した場合、店舗から半径10km以内にいるお客さまのみがデリバリーを注文できるようになります。この範囲の外にいるお客さまには、デリバリー対象外であることをお知らせするメッセージが表示されます。

郵便番号でデリバリー対象地域を指定する場合は、店舗所在地の郵便番号をもとに、自動入力されます。各郵便番号ごとにEnterを押すと、複数の郵便番号を入力することができます。このオプションは人口が多い都市部に適しています。

次に、予定時間を設定します。ここに入力する時間には、オーダーを配達するのにかかる最短および最長の時間を反映させてください。この時間が準備時間に加算され、オーダーを行う画面でお客さまに表示されます。たとえば、半径20kmの地域をデリバリー対象地域とし、予定時間は5分~25分であるとします。準備時間が30分であれば、35~55分のデリバリー予定時間が自動計算されてお客さまに表示されます。

デリバリーは、すべてのお客さまを対象に無料で提供することができます。また必要に応じて、オーダーに必要な最低額を設定することも可能です。さらに、デリバリー料金およびサービス料金を追加することもできます。

デリバリー料金を課金する場合、複数の方法で料金を請求することができます。

  • すべてのオーダーに対して、一定のデリバリー料金を課金する。

  • 一定額を超えるオーダーのデリバリー料金を無料にし、その他のオーダーすべてにデリバリー料金(固定額)を課金する。

  • 半径距離に基づいてデリバリー対象地域を指定している場合、距離によって異なる料金を課金する。

メニューから [距離に応じてデリバリー料を適用] を選択して、距離と対応する料金を入力します。一定額を超えるオーダーの距離ベースの料金を免除する場合は、当該ボックスにチェックを入れます。複数の距離ベースの料金を追加するには、[+料金を追加する] リンクを使用します。

[フォールバックデリバリー料金] オプションを利用すると、距離に応じたデリバリー料金の設定では課金できない住所のオーダーに、代替料金(固定額)を請求することができます。

デリバリーオーダーにサービス料金を課すには、切り替えスイッチをオンにして、固定額またはオーダー合計の割合のいずれかを選択します。

入力し終わったら [続行] をクリックします。

商品のお届け方法の設定を更新する

これで店舗でのオーダーのデリバリーを受け付けられるようになりましたが、商品によってはデリバリーに対応できないものもあるかと思われます。新規に追加する商品に特定のお届け方法をデフォルトで設定するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから、[商品] > [商品の詳細設定] または [共通設定] > [商品の詳細設定] の順に進みます。

  2. [デフォルトの商品お届け方法] で、[編集] を選択します。

  3. デフォルトに設定するお届け方法を選択します。

  4. 完了したら [保存] を選択します。

今後インポートする商品はすべて、選択したお届け方法にデフォルト設定されます。

注意: 既存の商品のお届け方法を編集するには随時、Square オンラインビジネスの概要ページで [商品] > [サイト商品] の順に選択します。その後、個別の商品を選択しお届け方法のセクションにアクセスして編集するか、一括編集方法を使用することが可能です。

店舗の詳細情報を編集する

Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスして、変更を行う必要がある場合は [店舗を編集] をクリックします。各セクションの横にある [編集] リンクをクリックすると画面が表示され、設定を変更できます。

sos-delivery-main-saved

店舗の住所、メールアドレス、電話番号などの変更が必要な場合は、住所の横の [編集] をクリックします。

sos-delivery-location-map

マップを使用して、デリバリー対象エリアを決定するために使用した店舗場所を変更することができます。マーカーを新しい位置にドラッグし、[保存] をクリックします。ここで住所や連絡先情報に加えた変更は、Squareでの店舗の設定には影響しません。

詳細設定を編集する

Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスし、[詳細設定] ボタンをクリックして、各店舗のデリバリーと受け取りに適用するオプションを設定します。

注文量が多すぎて発送が難しくなるような状況を事前に防ぐため、注文数を限定するよう切り替えることもできます。1回の注文あたりに注文できる最大数を入力します。また必要に応じて、大量発注受付け時の方針や補足情報も記入可能です。ここで設定した数量以上の注文をしたお客さまには、ショッピングカートでこの情報が表示されます。

またチップの受け付けをオンにすることもできます。デフォルトのチップ金額を選択すると、その金額が自動的に計上されます。お会計のときにチップは個別の単位品目として表示され、お客さまはお会計を完了する前にチップの金額を変更可能です。

設定の編集が完了したら、[保存] をクリックします。

お客さまの購入画面の操作方法

お客さまが注文オンラインページにアクセスすると、メニューが表示される前に住所の入力が求められます。

sos-delivery-location

複数の店舗でデリバリーを提供する場合は、お客さまに最も近い店舗のメニューが表示されます。お客さまの住所がデリバリー地域外である場合は、別の住所を入力するよう促すメッセージが表示されます。

sos-delivery-checkout-page

デリバリーオーダー受注時に、お客さまが選択した店舗の営業時間、オーダー制限、準備時間、デリバリー予定時間に基づき、デリバリー可能な直近の日時が表示されます。

注意: 現在のところ、デリバリーオーダーの決済にPaypalまたはギフトカードを使用することはできません。Paypalを連携させている、またはギフトカードを受け付けている場合は、発送または受け取りのオーダーの決済にはご利用いただけます。

自店舗によるデリバリー注文を管理する

オーダーの準備が完了したら、Square オンラインビジネスの概要ページの [注文] タブに移動します。

sos-delivery-mark-ready

右上の [「準備完了」にする] ボタンをクリックして、該当する商品の準備ができていることを確認します。これにより、オーダーのステータスが準備完了に変更され、オーダーの配達準備が整ったことを知らせる通知がお客さまに送信されます。お客さまがオーダーを受け取ったら、[「完了」としてマークする] をクリックしてオーダーを完了します。

デリバリーを有効化すると、お会計の設定のテキストメッセージ通知が自動的にオンになります。これにより、お客さまは電話番号を入力でき、オーダーステータスについての最新のSMS通知を受け取ることができます。この機能を提供したくない場合は、Square オンラインビジネスの概要ページから [設定] > [支払い方法] または [共通設定] > [支払い方法] の順に進み、[詳細設定] を選択してこの機能をオフにすることができます。

オーダーの管理に関して、以下の点にご留意ください。

  • ステータスが準備完了の商品については払い戻し処理できません。払い戻しを処理する前に、ステータスを完了済みに変更する必要があります。

  • 準備完了に設定するオプションは [受け取りとデリバリー] の設定でオフにすることができます。ただし一旦オフにすると、準備完了と設定したすべての注文内容が完了済みに自動的に変更されます。

自店舗によるデリバリーをオフにする

Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスして、デリバリーをオフに切り替えます。いつでもデリバリーをもう一度オンにして、元の設定に戻すことが可能です。

商品のお届け方法に関わらず、すべてのオンラインオーダーの受注を一時的に停止することも可能です。その場合は、Square オンラインビジネスの概要ページから [設定] > [支払い方法] または [共通設定] > [支払い方法] の順に選択して、切り替えスイッチをクリックすると、オンラインオーダーがオフになります。