ホーム画面に戻る

「無料提供 / 取消」機能を利用するには

無料提供 / 取消機能は、お客様の伝票から商品や請求を削除するのに使用します。Square データではこれらの詳細を追跡できます。無料提供 / 取消を使えば、間違いや変更を追跡できるようになります。

「無料提供 / 取消」機能を利用するには

無料提供 / 取消のたびにスタッフは理由を選択する必要があります。理由はSquare データで [商品] > [設定] の順に進むと作成または更新できます(https://squareup.com/dashboard/items/settings/comp-void-reasons)。取消はお客様の伝票やレシート上に表示されません。無料提供の商品はお客様の伝票に表示されますが、それ以降の商品詳細では表示されません。

無料提供 / 取消しを使用するタイミング

無料提供 / 取消機能は、誤って追加した商品を削除するのとは違います。つまり、スタッフなどが意図的に使用するものです。

商品の注文があったものの準備できていない場合は、取消機能で商品を取り消し、お客様の伝票から削除します。この場合、取り消された商品の記録は、Squareデータで表示されます。

例:配膳担当がお客様の伝票に「フライドチキン」の代わりに「ローストチキン」を誤って追加し、オーダーがキッチンに送信されるまで誤りに気づかなかったとします。このとき、配膳担当がキッチンでの準備前に情報を知らせるか、別の注文で「ローストチキン」を再利用する場合、取り消しを使用します。

商品を無料提供すると、お客様の伝票から商品の代金が削除されます。手違いを埋め合わせたり、好意・感謝の意を表したりするときに、商品を無料提供します。無料提供した商品の記録は、Squareデータで表示されます。

例:配膳担当がお客様の伝票に「フライドチキン」の代わりに「ローストチキン」を誤って追加し、オーダーが準備できるまで誤りに気づかない場合があります。この場合、配膳担当が「ローストチキン」を無料提供し、正しいオーダーを連絡します。お客様を追加でお待たせすることへのお詫びの意味もあります。

従業員による無料提供 / 取消の使用を有効にする

  1. Square データで [無料提供理由] を有効にして、スタッフが商品を無料提供するときに使う理由を作成します。
  2. スタッフが選べるよう、明確な提供理由を作成します。

Square データで取消を有効にする

  1. Square データで [取消理由] を有効にして、スタッフが商品を取り消すときに使用する理由を作成します。
  2. スタッフが選べるよう、明確な取り消し理由を作成します。

Square データで無料提供 / 取消の理由を作成完了したら、スタッフの役割とアクセス権限をSquare データで編集して、無料提供 / 取消の利用を解除または許可します。「保留会計に保存された商品の削除または取消」の権限のある役割のスタッフは商品を取り消すことができ、「特定の割引の適用」の権限のある役割のスタッフは商品の無料提供を行えます。

注意:無料提供 / 取消の機能は既定でオンになっています。詳しくは従業員へのアクセス権限の割り当てをご覧いただくか、Square データの [チーム] セクションで役割のアクセス権限を編集してください。

Square データでの無料提供 / 取消レポート

無料提供と取消はSquare データの [レポート] セクションに表示されます。

  1. Square データの [レポート] セクションに移動します。
  2. [レポート] メニューから [無料提供] または [取消] を選択します。
  3. ページ最上部のフィルターを使用して検索条件を指定します。

さらに詳しい内容は、Square データのサマリーとレポートを参照してください。

Edit Permissions for Employees