Square データでメッセージの設定を管理する

Square メッセージを使うと、電子レシートを通じてお客様の満足度や感想を直接受け取ることができます。お客様の満足度をタイムリーに把握し、必要に応じて返信することで、お客様と信頼関係を築き、次の来店に繋げることもできます。「Square メッセージ」を使ったお客様とのやり取りはすべて、Squareプラットフォーム上での事業者とお客様間の1対1のコミュニケーションとして完結できます。お客様から改善の要望があった場合には、状況を素早く理解し必要な対応をとることで、事業者が懸念するネット上のネガティブなコメントや口コミからお店の評判を守ることができます。

JP Only Feedback Flow

Square データでメッセージの設定を管理する

有効な各店舗を対象にメッセージの設定や通知を管理または無効にする。

メッセージ機能の設定を管理するには、次の手順を行います。

  1. Square データの [顧客] から [設定] > [メッセージ] の順に進みます。
  2. メッセージ機能をオフにするには、[電子レシート経由でお客様の意見を収集します] をオフに切り替えます。また店舗ごとにこの機能をオフにすることも可能です。
  3. 選択した内容は自動的に保存されます。

通知メールの設定

お客様によるメッセージ送信時の通知をオンまたはオフにするには、次の手順を行います。

  1. Square データの [顧客] から [設定] > [メッセージ] の順に進みます。
  2. [フィードバック通知] 内で、[メッセージ]、[ダイレクトメッセージ] のいずれにおいても [お客様からのフィードバック通知を受信する] をオンまたはオフに切り替えます。
  3. メール通知をオンにした場合、[編集] をクリックすると、お客様からすべてのフィードバックまたはネガティブなフィードバックが送られた際に通知を受け取ることができます。
  4. デフォルトでは、フィードバックの受信時にすべての有効な店舗を対象に、メッセージ通知を受け取るよう設定されています。特定の店舗のみを対象に通知を受け取りたい場合は、[店舗を選択] をクリックし、通知を受けたい店舗を選択して [保存] します。

注意」メッセージをオフにした場合でも、過去に受け取ったメッセージを読んだり、返信したりすることは可能です。またデジタルレシート経由でのメッセージはいつでも受け付けることができます。

メッセージを確認する

Squareデータで直接、お客様からのメッセージを確認し、返信できます。 お客様が電子レシート経由で提供したメッセージは、取引履歴の支払いと関連付けられます。

メッセージを確認するには、次の手順を行います。

  1. Squareデータの [顧客] タブにアクセスし、 [メッセージ] をクリックします。
  2. フィルター機能を使用してメッセージの検索を絞り込むか、[すべてのメッセージ] を選択します。
  3. メッセージのスレッドをクリックして、お客様からのコメントを表示します。

JP Only View Buyer's Message in Feedback

お客様は、店舗を利用した際の満足度に応じて、満足 (にこにこマーク) または不満足 (しかめ面マーク) を選ぶことができます。

メッセージに返信する

お客様がメッセージへの返信を許可していれば、そのお客様に直接返信できます。 直接返信するには、次の手順を行います。

  1. メッセージ] タブでメッセージのスレッドをクリックし、取引情報とお客様からのコメントを確認します。
  2. メッセージを入力し、必要に応じてお客様に[クーポンの送信]をします。 お客様が返信をすれば、そのメッセージも確認できます。

注意: お客様がメッセージへの返信を有効にしていなければ、返信することはできません。

JP Only Send Message in Feedback

メッセージをエクスポートする

メッセージは、CSVファイルとしてスプレッドシートにエクスポートすることができます(フィルターをかけた場合、フィルターしたメッセージのみエクスポート可能)。

手順は以下のとおりです。

  1. Square データから、メッセージにアクセスします。
  2. レポートに適用する期間とフィルターを選択します。
  3. エクスポートをクリックします。
  4. お使いのコンピュータにCSVファイルのメッセージがレポートとしてダウンロードされます(文字化けする場合は、エンコーディング形式を参照ください)。

レポートには下記が含まれます:

日付 メッセージが届いた日付が表示されます(UTC協定世界時で表示されます)。
時間 メッセージが届いた時間が表示されます(UTC協定世界時で表示されます)。
対話ID お客様との対話に対する固有のIDです。特定の対話に対するすべてのメッセージを見つけるために使用できます。
コメントID 対話内の各メッセージの固有のIDです。
取引ID メッセージに関連付けられたお取引IDです。
顧客ID メッセージを残した顧客の固有のIDです。
お客様名 メッセージを残したお客様のIDです。
顧客リファレンスID メッセージを残した顧客に設定されたリファレンスIDです。このIDは、顧客リスト内の各顧客ごとに設定することができます。
店舗 どの店舗へのメッセージなのかがわかります。複数店舗を登録していない場合は、このフィールドは空白のままです。
記入者 お客様からメッセージなのか、店舗からのメッセージなのかが確認できます。
選択 メッセージが、ポジティブもしくはネガティブかがわかります。顧客がにこにこマークを選択の場合はポジティブ、しかめっ面を選択の場合はネガティブ、と表示されます
ファセット カスタマーサービス、環境、品質など、顧客が何に対するフィードバックを送ったのかがわかります。注意:顧客に表示されるファセットは、業種によって異なります。
コメント お客様が入力したコメントが表示されます。

エンコーディング形式

CSVファイルは UTF-16LE フォーマットでエンコードされるため、文字化けする場合があります。文字化けが発生する際は、Googleスプレッドシートを利用し、以下の手順でファイルを確認するようお勧めします。

  1. Googleスプレッドシートにアクセスします (Googleドライブへのログインが必要です)。
  2. Googleスプレッドシートで [ファイル] > [インポート] の順にクリックします。
  3. [アップロード] を選択して、Squareデータからダウンロードした CSV テンプレートを選択します。
  4. [現在のシートを置換する]を選択し 、[インポート]をクリックします。

その他、電子レシートを受け取ったお客様がメッセージを送信する方法についてはこちら、クーポンを送信する方法についてはこちらをご覧ください。