システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>サイトデザインおよびコンテンツ

外部コンテンツやウィジェットを埋め込みコードを使ってSquare オンラインビジネスに追加する

Square オンラインビジネスでは、ほぼ無制限のバラエティーに富んだ追加機能を使って、ウェブサイトを向上させることができます。複数の埋め込みコードセクションを追加して、Googleカレンダーを表示したり、連絡先フォームをカスタム作成したり、予約サービスを追加したり、イベントの登録を受け付けたりできます。

注意:この記事では、ウェブサイトのページに表示させるコード(イベントカレンダーや予約ウィジェット)を埋め込む方法について説明します。これは、表示を目的としないウェブサイトのヘッダーに埋め込むタイプコード(Google AnalyticsやMeta Pixelなど)とは別のものです。ヘッダーコードの使用法について詳しくは、ウェブサイトのヘッダーにコードを追加をご覧ください。

埋め込み可能なコードを入手する

各種サービスの多くは、iframeと呼ばれる技術を使用して埋め込み可能なコードを自動的に生成し、直接リンクを介してウィジェットを表示します。これは外部のコードをウェブサイトに埋め込む際に使用する非常に一般的な方法ですが、他のほとんどの方法も大体同じように機能します。必要な作業は、外部のサイトからコードをコピーして [埋め込みコード] に貼り付けるだけです。

「メールマガジン登録フォームを埋め込む」または「オーディオプレーヤーの埋め込みコード」などのキーワードを使って、オンライン検索してみてください。コードが埋め込み可能かどうか確認するには、コードプロバイダーに尋ねる、彼らのヘルプセンターを検索する、またはサイト公開後に直接テストするのが最善の方法です。

埋め込み可能なコードをサイトに追加する

Square-Online-Editor-Embed-Code-Section-JP

ウェブサイトに埋め込み可能なコードを追加するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスのサイトの編集から、埋め込み可能なコードの追加先であるページを開きます。

  2. [+追加] > [セクション] の順に選択して、[埋め込みコード] セクションを選択します。

  3. 編集パネルで [埋め込みコード] を選択して、テキストボックスにコードを貼り付けます。

  4. サイトを [公開] して、変更がライブになっているか確認します。

埋め込み可能なコードの活用方法

アイディアを膨らますきっかけになるよう、埋め込みコードセクションを活用する方法をいくつかご紹介します。

  • Google calendarを埋め込んで、イベントカレンダーをお客さまに表示する。

  • 内蔵連絡先フォームで利用可能なものより、さらに高度な機能が必要な場合は、カスタムフォームを作成して埋め込んでみましょう。おすすめのプロバイダーは以下のとおりです:TypeformJotForm、またはHoneybook

  • お客さまが事前に予約する必要がある場合は、OpenTableから予約ウィジェットを追加して、より詳細なオプションを用意できます。

  • イベントのチケットを販売する場合は、EventBriteウィジェットを埋め込んで、チケットのオンライン購入を可能にしてみてください。

これらは強力で柔軟な多岐にわたる機能の使用方法のほんの一部です。多くのウェブサービスが、ツールをコードで埋め込む方法を提供していますので、加盟店さまのニーズに合うものがきっと見つかるでしょう。

トラブルシューティング

無効なコードや不完全なコードを貼り付けると、ウェブサイトに問題が発生するおそれがあります。レンダリングされたコードが表示されない場合や、何か問題が見受けられる場合は、埋め込みコードフィールドに完全なコードがすべて含まれていることを再度ご確認ください。ウェブサイトを公開して、追加したコードが想定どおりに機能するかどうかも併せてご確認ください。たとえば、コード全体を貼り付けなかったり、誤って余分な文字を挿入したりすると、予期しない結果が発生する可能性があります。

それでも原因がわからない場合は、ページから埋め込みコードセクションを削除して、もう一度公開してみてください。セクションを削除すると問題が解決する場合は、コードプロバイダーにお問い合わせの上、セクションの正しい使用方法をご確認ください。

注意:弊社では、上述のような基本のトラブルシューティング手順をお教えすることはできますが、コード自体の問題のサポートはいしかねますのでご了承ください。


免責事項:Square オンラインビジネスのサイトエディタは「表示される通りに作成される」タイプのソフトウェアであり、Squareでウェブサイトを作成するのにカスタムコーティングは必要ありませんので、この種のカスタムコードのサポートはいたしかねます。これは、Square オンラインビジネスのプラットフォームのどこでカスタムコードを使用可能であるかをご案内することはできますが、カスタムコード自体についての支援はできないということを意味します。

そのためウェブサイト関連のコードの使用は、ウェブサイトとその機能にコードがおよぼす影響についての知識と理解をお持ちの場合に限り行っていただきたく存じます。サイト関連のカスタムコードはすべてオプションであり、オンラインで機能/表示させるための必須要件ではありません。

サイト関連のカスタムコードについて支援が必要な場合は、コーディング専門家にご相談ください。

お探しの答えが見当たりませんか?