システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>レポート

Square レストランPOSレジのレポート機能

Square レストランPOSレジでは、飲食業に特化したレポート機能を利用して、売れ行きのよい人気メニューや従業員別売上などを把握できます。通常、レポートはSquare データのレポートタブで確認しますが、Square レストランPOSレジアプリでは、ライブ売上(保留中伝票を含む)にアクセスできるほか、シフトレポート、売上レポート、キャッシュドロワーレポート、営業締め時間のレポートなど、用途に特化した各種レポートを利用することができます。

Squareのレポート機能を初めて利用する方は、Square データの基本的な使い方についてサマリーとレポートをご覧ください。

機能について詳しくは、Square レストランPOSレジの「フリー」、「プラス」、「プレミアム」プランの詳細な比較をご確認ください。

アプリのレポート

Square レストランPOSレジアプリでレポートを閲覧するには、iPadで [アカウント] タブをタップします。

  • シフトレポートの生成:従業員は、売上の現在高、保留中伝票、レストランに支払われる現金を確認できます。

  • ライブ売上の表示:[ライブ売上] タブでは、レストランの全般的な業績をリアルタイムで確認できます。ライブ売上には、保留中伝票と会計済み伝票が含まれます。

ライブ売上レポートには、保留中伝票が反映されます。最終的な売上額のみを表示するには、後述する通常のアプリ内の売上レポートにアクセスしてください。このレポートはSquare データでも確認できます。

  • 売上レポートの表示:通常はマネージャーのパスコードアクセスを持つ従業員が可能です。売上レポートには、その日の売上の概要がまとめられます。売上データは、カテゴリ、商品、支払方法別に確認できます。

  • 営業締め時間のレポートの生成営業締め時間のレポートを生成するには、すべての保留中伝票を締め、キャッシュドロワーを終了し、サービスレポートを生成する必要があります。通常、営業締め時間のレポートは、一日の営業を終えた後にのみ生成します。

  • キャッシュドロワーレポート:[入金と出金] 機能で現金売上を確認できます。

シフトレポート

シフトレポートは、未完了の必須タスク(すべての伝票を会計済みにする、クレジットカードのチップを調整するなど)が完了した場合にのみ生成できます。このタスクは、Square データの [端末] > [サービスの設定] > [締め手順] で設定できます。レポートを生成する前に、レポートのプレビューページで [レポートを編集] を選択すると、任意の日付を設定できます。

シフトレポートには、大きく分けて5つのセクションがあります。

シフトのサマリー

指定期間における従業員の合計勤務時間を確認できます。

売上サマリー

シフト中に従業員が担当した客数の合計や、受け付けた売上の合計額を確認できます。

カテゴリ別売上

シフト中に従業員が販売したカテゴリごとの商品数を確認できます。

商品別売上

シフト中に従業員が販売した商品の数を確認できます。

アプリのライブ売上

  • 概要:すべての会計済み伝票、保留中伝票、これら両方の伝票の合計額が表示されます。

  • 保留中伝票の詳細:すべての保留中伝票、合計額、平均合計額、客数合計が表示されます。

アプリ内でライブ売上レポートを表示する手順は以下のとおりです。

  1. [アカウント] をタップします

  2. レポート一覧から、[ライブ売上を表示] を選択します。

ここでは、会計済み伝票と保留中伝票に関する詳細(伝票数、総額、平均伝票額、客数など)を確認できます。

Square データのレポート

Square データの [レポート] タブではさまざまな各種詳細レポートをご利用いただけます。

売上サマリーレポートには、指定期間中の売上にかかわる情報が詳しく表示されます。わかりやすいグラフを参照できるほか、店舗、従業員、メニュー別にデータを絞り込むこともでき、レストランの業績を把握するのに役立ちます。

フィルターを設定することで、保留中の伝票を含むすべての伝票を表示することができます。売上サマリーレポートには、「保留中伝票」と「会計済み伝票」の両方が含まれています。

Square データのライブ売上

パソコン、タブレット、スマートフォンのブラウザからSquare データにアクセスして、ライブ売上レポートを確認できます。手順は次のとおりです。

  1. Square データから、[レポート] > [伝票] の順にクリックします。

  2. 期間を指定して、[保留中伝票]、[会計済み伝票]、または [すべての伝票] のいずれかでデータを絞り込みます。

注:ここで選択した条件がすべてのデータ(テーブル、売上、取引数など)に適用され、次のレポートに反映されます。売上サマリー、売上トレンド、商品別売上、カテゴリ別売上、セクション別売上、スタッフ別売上、売上高人件費比率、ディスカウント、オプション売上、税金、サービス料。

レポートを作成してフィルターを適用する

基本サマリーに加えて、複数の異なるレポートを編成・作成して、売上トレンド、支払方法別、商品別、カテゴリ別、セクション別、従業員別など、さまざまなデータセットを表示できます。各レポートにはツールバーが表示され、オプションを自由にカスタマイズできるため、Square データでレポートに表示する内容の選択、絞り込みが可能です。

:商品別売上レポートをカスタマイズして、過去6週間に、6軒のレストランのうち4軒で、ディナーの時間帯に「BLTサンドイッチ」がいくつ売れたかを確認することができます。

カテゴリのとりまとめレポート

カテゴリのとりまとめを作成すると、複数のカテゴリの売上をグループ化して統合表示できます。カテゴリのとりまとめをSquare データで確認するには、カテゴリ別売上レポートと商品別売上レポートを開きます。アプリで確認するには、従業員シフトレポートと営業締め時間のレポートを開きます。

Category Rollup Details

蒸留酒ビールワインという3つの商品カテゴリがあるとします。この3つから「アルコール」というカテゴリのとりまとめを作成すると、3つのカテゴリを総合したパフォーマンスを確認できます。また、カテゴリ別売上レポートに追加のフィルター(日付、時間帯、従業員など)を適用すると、商品の売上をさらに詳しく分析するのに役立ちます。

はじめに、Square データで商品カテゴリを設定していることをご確認ください。

手順は次のとおりです。

  1. Square データから、[レポート] > [レポート] > [カテゴリ別売上] の順にアクセスします。

  2. [とりまとめたカテゴリ] をクリックします。

  3. 複数の商品カテゴリを選択します。準備ができたら、[カテゴリのとりまとめを作成] をタップします。

注意:とりまとめたカテゴリは、Square データからでも、アプリのカテゴリレポートからでも閲覧できますが、Square レストランPOSレジアプリの商品レイアウトやメニュー表示には反映されません。カテゴリのとりまとめは、レポートに使用することのみを目的としています。

カテゴリのとりまとめを作成したら、商品売上レポートに新しいフィルターを適用できます。

Category Rollup

オーダーパートナー別レポート

Square レストランPOSレジで、複数のチャネルから注文を受け付けている場合は、ソース(注文元)別に取引履歴やレポートを絞り込むことができます。

レポートをソース別に絞り込む手順は以下のとおりです。

  1. Square データから [レポート] にアクセスします。

  2. レポートの [表示] および [フィルター] セクションには、レポート内容をソースで絞り込むオプションがあります。

  3. [エクスポート] をクリックして、必要に応じてレポートを保存・印刷します。

取引をソース別に絞り込む手順は以下のとおりです。

  1. Square データから、[お取引] にアクセスします。

  2. ページ上部の [ソース] フィルターをクリックして、特定のソースを選択します。

[ソース] フィルターを適用した後、必要に応じて [店舗]、[従業員]、[時間帯] など、その他のフィルターを組み合わせて、レポートに表示する内容をさらに絞り込むこともできます。

レポートをエクスポートする

Square レストランPOSレジでは、パソコンにCSVファイルを直接エクスポートできます。また、連携済みの外部会計ソフトにレポートを送信することも可能です。

カスタムレポートをダウンロードする手順は以下のとおりです。

  1. エクスポートしたいレポートにアクセスします。

  2. 画面右上の [レポートのエクスポート] をクリックします。

  3. CSVまたはSquareアカウントと連携している会計用アプリを選択します。

レポートがパソコンに自動的にダウンロードされます。アプリへのエクスポートを選択した場合は、連携している会計アプリに直接送信されます。

締め手順、シフトレポート、営業締め時間レポートのカスタマイズなど、Square レストランPOSレジの他のレポート機能についてもご確認ください。

お探しの答えが見当たりませんか?