Squareでタイムカードを管理する

従業員管理を使うと、従業員は Square POSレジアプリから直接出勤/退勤することができます。Square データから従業員のタイムカードを管理することができます。

タイムカードの記録をオンにする

まずは、Square POSレジアプリにログインし、[設定] > [従業員管理] の順に選択して、[Squareレジで就業時間を記録する] をオンに切り替えます。

個別の端末を特定の店舗に関連付けしている場合、従業員がその店舗で端末を扱うアクセス権限があることを確認してください。Square データの [従業員] に移動し、従業員名を選択後、正しい店舗が選択されているかご確認ください。

JP Track Time from Point of Sale_iPad

[休憩時間を記録] をオンにする

  1. Square データにログインし、[タイムカード] > [設定] の順に進みます。
  2. [休憩の設定] が表示されるまで画面をスクロールし、[新しい休憩を追加] で最初の休憩時間を追加します。
  3. 名称および休憩時間を追加し、該当の時間の報酬設定(有給または無給)を選択します。
  4. [保存] をクリックして休憩の設定を確定します。
  5. 休憩は各店舗につき最大3つまで追加できます。

マネージャーがタイムカードを管理する

Square データから、タイムカードを修正したり、業務時間計算レポートを表示したり、記録し忘れた従業員を退勤させることができます。

  • 履歴をエクスポート:タイムカードレポートでは、従業員の名前、店舗、および合計勤務時間が入力されたCSVファイルをエクスポートすることもできます。
  • タイムカードを開く:退勤時間を記録し忘れた従業員のタイムカードを表示します。ここでタイムカードを選択し、[退勤] をクリックして、勤務時間を入力すると、従業員を退勤することができます。
  • シフトの履歴を確認:新しいタイムカードを作成したり、または保存されたタイムカードを編集したりすることができます。

従業員が出勤/退勤時間を記録する

タイムカードで従業員の勤務時間を記録する前に、あらかじめ POSレジのパスコードを従業員に割り当ててください。パスコードを割り当てると、従業員はPOSレジアプリからタイムカードの打刻ができるようになります。

タブレット上で出勤/退勤時間を記録するには、従業員は次の手順に従う必要があります。

  1. Square POSレジアプリの右下にある [ログイン]、もしくは従業員のイニシャルをタップします。
    JP Clock In/Out_LogIn_iPad
  2. [出勤/退勤] をタップします。
    JP Clock In/Out_iPad
  3. POSレジのパスコードを入力し、出勤または退勤を記録します。
    JP Clock In/Out_Blue Screen_iPad

従業員は携帯端末で次の手順に従う必要があります。

  1. ナビゲーションバーで3本線のアイコンをタップします。Three Horizontal Lines
  2. [出勤/退勤] をタップします。

メモ:自分のメールアドレスとパスワードで Square POSレジアプリにログインしている代理人キャッシャーは、POSレジにパスコードを入力することなくタイムカードの打刻が可能です。

休憩を開始する

  1. iPadで休憩に入る処理を行うには、[チェックアウト] タブの時計アイコンをタップします。iPhoneの場合は、ナビゲーション メニューから [出勤/退勤] をタップします。
  2. 従業員のパスコードを入力します。
  3. [休憩を開始する] を選択します。
  4. 休憩を開始するにあたって利用できるオプションがある場合は、それを選択します。

休憩を終了する

  1. iPadで休憩に入る処理を行うには、[チェックアウト] タブの右下にある時計アイコンをタップします。iPhoneの場合は、ナビゲーション メニューから [出勤/退勤] をタップします。
  2. 従業員のパスコードを入力します。
  3. 従業員のパスコードを入力します。
  4. [休憩を終了] を選択します。
  5. 休憩の終了を確定します。