従業員管理を使えば、従業員はSquareレジアプリからタイムカードを利用することができます。

タイムカードの記録をオンにする

Square POS レジアプリにログインし、[設定] > [従業員管理] の順に選択して、[Square POSレジで就業時間を記録する] をオンに切り替えます。

個別の端末を特定の店舗に関連付けしている場合、従業員もその店舗で端末を扱う権限があることを確認してください。Squareデータの[従業員リスト]に移動します。従業員名をクリックして、正しい店舗が選択されているか確認してください。

マネージャーによるタイムカード管理

Squareデータのタイムカード画面で、タイムカードの編集やレポートの閲覧、または、従業員がタイムカードを退勤し忘れた際、代わりに退勤時間を入力することができます。

  • タイムカード レポート: タイムカード レポート では、従業員の名前、店舗、および合計勤務時間が入力された CSV ファイルをエクスポートすることもできます。
  • タイムカードの履歴:タイムカードの履歴では、新しいタイムカードを作成したり、記録済のタイムカードを編集することができます。退勤していない従業員の欄には、[退勤]ボタンが表示されるので、退勤し忘れた場合、そこから退勤時間を入力することも可能です。

従業員の出勤 / 退勤時間の記録

タイムカード機能で従業員の勤務時間を記録する前に、アプリからタイムカードの記録できるようあらかじめSquare POSレジのパスコードを従業員に割り当ててください。

タブレット上で出勤 / 退勤時間を記録するには、従業員に次の手順を行ってもらいます。

  1. Squareレジアプリの右下にある従業員のイニシャルをタップします。
  2. [タイムカード] をタップします。
  3. Square POSレジのパスコードを入力し、出勤または退勤を記録します。

スマートフォンでは、次の手順を行います。

  1. 3 本線のアイコンをタップします。
  2. Square POSレジアプリの左下にある従業員のイニシャルをタップします。
  3. Square POS レジアプリの左上隅にある時計のアイコンをクリックします。The clock icon in Square Point of Sale will display if employee management is enabled.
  4. Square POSレジのパスコードを入力し、出勤または退勤を記録します。

メモ: 自分のメールアドレスとパスワードでSquare POS レジアプリにログインしている代理人キャッシャーは、POSレジにパスコードを入力することなくタイムカードの打刻が可能です。