システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>アカウントの設定

Squareアカウントを無効にする

決済した分だけに手数料がかかるところがSquareの優れた点です。サブスクリプション製品をご利用になるか、新しい端末に切り替えていただければ、一定期間ビジネスを閉める場合でもアカウントを保持するための手数料は不要です。

注意:Squareアカウントを無効にすると、決済履歴やアカウント情報には一切アクセスできなくなります。アカウントに関連付けられたスタッフは解除されれます。アカウントを無効にするだけでなく、アカウントに登録されている有効なサブスクリプションをキャンセルする必要があります。

無効にする前に

Squareアカウントを無効にする前に行っておいた方がよい事項がいくつかございます。以下で詳しく説明いたします。

支払履歴をエクスポートする

アカウントを一旦閉鎖しまうと支払履歴をご確認いただけなくなります。過去のお取引データが必要な場合は、以下の手順に沿ってアカウントを無効にする前に支払履歴をダウンロードを行ってください。代金のお振込みが保留になっている場合は、Squareからご登録の銀行口座にお振込みが済むまではアカウントを無効にすることはできません。

支払履歴をダウンロードするには、次の操作を行います。

  1. Square データから [残高] にアクセスします。

  2. 日付セレクターを使用して、日付範囲を絞り込みます。[本年度] または [昨年度] をクリックして、矢印を使い年度を切り替えます。注意: 日付セレクターの中央をクリックすると、カレンダー表示に切り替わります。日付セレクターをクリックして、表示する日付範囲を指定します。続けてレポート種類を選択します。

  3. [すべての店舗]、または確認する店舗の場所を選択します。

  4. [エクスポート] をクリックすると、お使いのパソコンにCSVファイルとしてダウンロードされます。このファイルは、Microsoft Excelまたはその他の一般的な表計算ソフトで開くことができます。

商品ライブラリをエクスポートする

別のPOSレジシステムで新しい在庫リストを作成する予定でしたら、商品ライブラリをエクスポートしておくとよいでしょう。商品ライブラリは、Square データからExcelファイル(.xlsx)またはCSVファイルとしてエクスポートできます。手順は以下の通りです。

  1. Square データ[商品]にアクセスします。

  2. ページ右上の [アクション] > [ライブラリをエクスポート] の順にクリックします。

ファイルをエクスポートする形式として、ExcelまたはCSVのいずれかを選択します。スプレッドシートがダウンロードされ、Microsoft Excelまたはまたはその他の一般的な表計算ソフトで開くことができます。

顧客リストをエクスポートする

顧客リスト全体をSquare データから直接エクスポートできます。これまで収集してきた顧客情報を今後も参照していきたい場合に便利です。手順は以下の通りです。

  1. Square データから [顧客] にアクセスします。

  2. [インポート/エクスポート] > [顧客をエクスポート] の順にクリックします。

  3. 顧客のエクスポート元であるグループを選択します。顧客が複数のグループに属している場合は、1回だけエクスポートされます。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

お使いのコンピュータにCSVファイルがダウンロードされます。このファイルは、Microsoft Excelなどの一般的な表計算ソフトで開くことが可能です。

Square オンラインビジネスのサブスクリプションとサービスをキャンセルする

SquareアカウントでSquare オンラインビジネスを利用している場合は、まずSquare オンラインビジネスの概要ページからSquare オンラインビジネスのアカウントのすべてのサブスクリプションとサービスをキャンセルしてから、Squareアカウントを無効化してください。この操作により確実に、利用しなくなったSquare オンラインビジネスのサービスの課金を停止できます。

Square オンラインビジネスのサービスをキャンセルする詳しい手順については、Square オンラインビジネスのサブスクリプションを管理するをご覧ください。

注意: Square オンラインビジネスのアカウントは、メインのSquareアカウントとは別の請求管理システムを備える拡張機能です。Squareアカウントを無効化しても、Square オンラインビジネスのサービスとサブスクリプションは無効になりませんので、必ず手入力でこれらをキャンセルしてからSquareアカウントを無効化してください。

Squareハードウェアで行うべきこと

Square リーダーと他社周辺機器はユニバーサル(汎用)であるため、個人情報またはアカウント情報は保存されていませんので、どのSquareアカウントに使用可能です。

リーダーは特定のアカウントホルダーや銀行口座には関連付けられておらず、また有効化する必要もありません。リーダーを販売、リサイクル、複数のSquareアカウント間で共有しても、 加盟店さまの個人情報が外部に漏れる危険性はございません。

データに関するプロセス

詳細については、以下のページをご覧ください: セキュリティ(安全性)について, 個人情報保護方針およびSquareの加盟店利用規約

アカウントを無効にする

利用がなくSquareアカウントを開いたままにするための維持費は不要ですが、完全にSquare POSレジのアカウントを無効にする場合は、Square データから以下の操作を行ってください。

注意: 一旦無効にすると、既存のアカウントの再度の有効化はできなくなります。Squareをもう一度利用し始める場合には、Squareアカウントを作成必要があります。

無効化を行う前に、必ずすべての必要データをエクスポートしてください。準備ができたら以下を行います。

  1. Square データから [アカウントと設定] にアクセスします。

  2. [個人情報] タブで [アカウントを無効にする] を選択します。

  3. 無効にする理由を選択して [続行] をクリックします。

  4. 認証コードを入力します。

    • アカウントに2段階認証を設定している場合は、認証コードをSMSに送信するか、2段階認証アプリをご利用ください。

    • アカウントに2段階認証を設定していない場合は、認証コードはSquareアカウントに登録したメールアドレスに送信されます。

  5. [無効にする] を選択して、無効化を確定します。

Squareアカウントの作成は無料です。いつでもアカウントを作成していただけますので、またのご利用をお待ちしています。これまでご利用いただきありがとうございました。今後のお客さまの事業の発展を心よりお祈り申し上げます。またお役に立てることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お探しの答えが見当たりませんか?