システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>請求書 プラス

Square 請求書 Plusでプロジェクトを作成する

プロジェクトフォルダで時間を節約、あらゆるプロジェクトファイルを整理しましょう。このSquare 請求書 プラス機能を使えば、Square データ1箇所ですべての進行状況を把握できます。プロジェクトフォルダを作成すると、以下を行えます。

  • 既存の契約書、見積もり、請求書、定期請求書を追加する。

  • プロジェクトに関するメモを追加する。

  • プロジェクトの開始日と終了日を管理する。

  • 添付ファイルを追加、表示、ダウンロードする。

請求書プロジェクトを作成する。

Square データからの場合:

  1. 請求書にアクセスします。

  2. [プロジェクト] > [プロジェクトを作成] の順にクリックします。

  3. プロジェクト名、プロジェクト開始日、(任意の)プロジェクト終了日を入力します。[保存] をクリックします。

  4. [追加] をクリックして、既存の見積もり、契約書、請求書、または定期請求書を追加します。タイトル、ID、ステータスなどで検索することが可能です。

関連する見積もりがある請求書をプロジェクトに連携させると、それも自動的にプロジェクトへと連携されます。

また、Square 請求書の概要ページからプロジェクトを作成できます。[+] をクリックしてから [プロジェクトを作成] を選択してください。

メモを追加する

プロジェクトのどの段階でも、必要に応じてメモを追加できます。たとえば、サービスの実施場所や取引先の情報をメモとして追加できます。メモを追加するには、以下の手順を行います。

  1. 対象のプロジェクトを開きます。

  2. [メモを追加] をクリックします。

  3. メモを入力して、[保存] をクリックします。

注意:保存したメモの編集または削除はできません。

請求書プロジェクトを管理する

請求書プロジェクトを作成したら、以下を行えます。

  • プロジェクト名や開始/終了日を編集する。

  • プロジェクトを「完了」にする。

  • プロジェクトを削除する。

  • 完了したプロジェクトを再開する。

プロジェクトを編集または削除するには、以下の手順を行います。

  1. [プロジェクト] タブから対象のプロジェクトを選択します。

  2. [•••] をクリックして、ドロップダウンから選択します。

プロジェクト取引履歴フィード

任意のプロジェクトをクリックすると、確認が必要なタスクのフィードが表示されますので、タスクをしっかりと管理できます。また「すべて」、「期限超過」、「処理失敗」または「受付済み」を選択して、タスクを絞り込むことが可能です。

その他のSquare 請求書 プラス機能をはじめる方法をご確認ください。

お探しの答えが見当たりませんか?