システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>メールアドレス

Square オンラインビジネスのGoogle Workspace管理者アカウントを復旧させる

Google Workspace管理アカウントのパスワードを忘れてしまった場合は、Googleを介してパスワードを再設定して再度アクセスできるようにする方法があります。詳細については、GoogleのヘルプセンターのGoogle Workspace管理者コンソールにログインするに記載されていますが、基本的なステップを以下にご紹介します。必ず最初から行ってください。

認証プロセスを開始する

以下のリンクをクリックして、第1ステップの認証を開始します。

アクセス権限を持つメールアドレスを利用する

G Suiteの管理者アカウントにアクセスする際に使用するメールアドレスを入力します。この後Googleからパスワード再設定の手順がメールアドレス宛に送信されますので、ここにはGoogle Workspaceのメールアドレスは入力せず、メールを受信できる別のアドレスを使用してください。Googleはこのメールアドレスを使用してあなたに連絡し、問題を解決する方法を指示していきます。入力した内容が正確であるかもう一度確認してから、続行してください。

固有のコードを記録する

すると、以下のように長い文字列が太字で記載されている画面が表示されます。この太字の文字列は第2ステップで必要になりますので、太字の文字列を選択してコピーおよび保存します。これはドメイン名に特殊なレコードを追加するためであり、Googleはこの内容を参照してあなたがドメインの所有者であることを認証します。

CNAMEレコードをドメインに追加する

このページでは、上述のレコードをドメインに追加するためSquare オンラインビジネスのドメインのレコードを管理する方法をご紹介します。ドメイン名を他社から購入した場合は、CNAMEレコードの取得についてドメイン登録機関にお問い合わせください。

このレコードをSquareがホスティングしているドメインに設定するには、Googleの認証ページのブラウザを開いたままにしてSquareにログインし、別ウィンドウでSquare オンラインビジネスにアクセスします。その後、以下のように進めます。

gsuite-regain-edit-dns

  1. Square オンラインビジネスの概要ページドメインタブにアクセスします。

  2. 対象のドメインを選択します。

  3. [DNSレコード] の横にある [編集] をクリックします。

  4. [+レコードを追加] を選択します。

  5. [種類] で、[CNAME] を選択します。

  6. [ホスト] に、Google認証ページからコピーした文字列(例:googlebf5cfc7dc164a729)をペーストします。

  7. [Points to] に、[google.com] と入力します。

  8. 終了したら [保存] を選択します。

gsuite-regain-cname-added

ステップ完了を確認する

Google認証ページに戻り、上記ステップを完了したことを示すボタンをクリックします。

Googleから確認メールが届くのでお待ちください

第1ステップで入力したメールアドレス宛に、Googleからさらに詳しい手順が送信されます。Googleからメールが送信されるまでに24~48時間程度の時間がかかる場合がありますが、メールを受信したらGoogle Workspace管理者アカウントにアクセスできます。