システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

カスタム追跡コードをSquare オンラインビジネスに追加する

FacebookピクセルまたはGoogleアナリティクスの追跡コードをオンラインストアに追加する必要がございましたら、[連携] 機能を利用してすばやく簡単に行えます。

本記事では、表示を目的としない種類のコードまたはオンラインストアのヘッダーに埋め込む必要があるコード(GoogleアナリティクスまたはFacebookピクセルなど)の埋め込み方法を説明いたします。ウェブサイトにページに表示される埋め込みコード(イベントカレンダーまたは予約ウィジェットなど)は対象外です。埋め込みコードの利用方法の詳細については、ウェブサイトへのコード埋め込みをご覧ください。

Square オンラインビジネスの概要ページから、[サイト設定] > [追跡ツール] の順に進みます。5つのビルトインオプションがあり、コードまたはIDをペーストするだけで自動的にウェブサイトに埋め込まれます。

Google アナリスティック

こちらを利用してGoogleアナリティクス追跡機能を埋め込み、オンラインストアのトラフィックやその他の統計をモニタリングできます。アナリティクスアカウントで追跡IDを特定して、ここにペーストしてください。その後オンラインストアを再公開すると有効になります。

Google 認証

Googleとオンラインストア認証を行いたい場合に、こちらを利用します。Googleから認証メタタグを取得して、ここにペーストしてオンラインストアを再公開します。その後、Googleで認証プロセスを完了させてください。

Pinterestの認証およびコンバージョンタグ

こちらを利用してPinterestとのドメイン認証を行い、タグを埋め込みプロモートピンからのコンバージョンを追跡できます。

Facebookのピクセル

こちらを利用してFacebook広告のFacebookピクセルIDを入力し、オンラインストアを再公開してFacebookでプロセスを完了させてください。

Bing 認証

オンラインストアのBingとの認証を行うには、こちらを利用します。Bingからメタタグを取得して、ここにペーストしてウェブサイトを再公開します。

Googleアナリティクスコードの追加追跡を有効化したい、またはビルトインされていないものを追加したい場合も、どうぞご心配なく。カスタムコードをオンラインストアのヘッダーまたは本文に埋め込む方法もご用意しております。

[連携] ページ下部にある [新規コードを追加] ボタンをクリックして、このコードの名前を入力します。[カスタムコード] フィールドにコードをペーストして、このコードをウェブサイトのどこに埋め込むかを選択します。ここに追加するコードは、サイトの全ページに埋め込まれることにご注意ください。終了したら [保存] をクリックして、オンラインストアを再公開します。

重要: カスタムコードの追加により、ウェブサイトの表示が崩れる可能性、さらにはオンラインストアが「破損」するまたは不測の互換性関連の問題が起こる可能性があります。本機能の使用には注意を払い、追加するコードが完璧かつ正確であることを再確認してください。