システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square レストランPOSレジで営業締め時間レポートを実行する

営業時間が終わり、レストランの締め処理をする際は、レストランに特化した各種レポートを実行することで、売上の把握をはじめ、現金の照合や、スタッフのチップ配分などをスムーズに行うことができます。

営業締めレポートを実行するための最初のステップは、Square データから締め手順をカスタマイズすることです。営業締めにかかわる設定を更新したら、さっそくレポートを実行できます。

搭載されている機能についてさらに詳しくは、Square POSレジ、Square レストランPOSレジ フリープランとプラスプランの機能の比較一覧をご確認ください。

シフトレポート

スタッフがシフトの締め処理をする際は、退勤を記録する前に、シフトレポートを実行して、カード決済のチップやレストランに支払う必要のある現金を確認する必要があります。

iPad用Square レストランPOSレジアプリからシフトレポートを実行するには、以下の手順を行います。

  1. 個人パスコードを使用してアプリにログインします。

  2. 画面下部にある [アカウント] をタップします。

  3. [シフトレポートを実行] をクリックします。

  4. 特に問題がなければ、[シフトレポートを実行] をタップします。予想より低い数値(金額)が表示されている場合は、出勤の記録前に何らかの支払いが処理された可能性が考えられます。[レポートを編集] をタップすると、レポートの対象期間をカスタマイズできます。

注意:レポートの数値が誤っていると思われる場合は、シフトレポートのよくある問題のトラブルシューティングをお試しください。

締め手順の設定を行うと、スタッフがシフトを終了する前に、指定の操作を行うことが必須になります。

スタッフにチップを配分する

レストランごとに締め処理の手順は異なりますが、特にスタッフへのチップ配分方法はさまざまです。シフト終了時にチップを配分するレストランでは、以下のような手法がよく取られています。

キャッシュドロワーからチップを配分する

  1. まず、スタッフ側でシフトレポートを実行し、クレジットカード決済(現金払いではない)のチップ額を確認します。

  2. 次に、[アカウント] > [現金管理] > [入金/出金] の順にアクセスします。出金時は、必ず「(スタッフ名)のチップ」のようにラベル付けしてください。出金は、現金売上とは別に、ドロワーから引き出された現金として記録されます。

注意:出金により、売上サマリーレポートに反映される現金売上 /払い戻しが変わることはありません。出金は、各キャッシュドロワーのドロワーレポートにのみ反映されます。

チップ集計

シフトレポートを参考に、スタッフが獲得したチップを合算して、チップ集計をもとに支払い額をマニュアル計算することができます。ただし、現金のチップはスタッフのシフトレポートには表示されないため、現金で支払われたチップがある場合は、忘れずに加算してください。

:ディナーシフト中に、異なる勤務時間で3人のスタッフが働いているとします。その夜、全員で合計¥100,000のチップを集めました。この場合、各スタッフへのチップ支払い額は、以下のように計算します。

勤務時間 合計時間 計算 支払い額
サーバーA、8時間勤務 合計18時間 (100,000/18) X8 ¥44,444
サーバーB、6時間勤務 (100,000/18) X6 ¥33,333
サーバーC、4時間勤務 (100,000/18) X4 ¥22,222

Square データの [シフト] セクションで [現金のチップを申告する] をオンにしている場合、スタッフは職種を切り替える前に、シフト中に獲得したチップ額を入力する必要があります。現金のチップを管理するには、Square レストランPOSレジ プラスへのサブスクリプション登録が必要になります。

現金のチップの申告およびチップ集計についてさらに詳しくは、タイムカードによるスタッフ管理をご覧ください。

キャッシュドロワーレポート

キャッシュドロワーレポートは、シフト終了時またはレストラン閉店時に作成できます。

Square レストランPOSレジアプリでキャッシュドロワーを終了する

キャッシュドロワー(一台)を締め、レポートを作成するには、以下の手順を行います。

  1. iPadで、[アカウント] > [現金管理] > [ドロワーを終了] の順にタップします。

必要に応じて、同一店舗で開いている他のキャッシュドロワーを終了することも可能です。

Close Remote Cash Drawer from App
  1. iPadのアプリから、[アカウント] > [現金管理] の順にタップします。

  2. [その他のキャッシュドロワー] をタップします。

  3. すると、開いているその他のキャッシュドロワーの一覧が表示されます。ドロワーの詳細(実際の金額とドロワーの説明)を入力して、[ドロワーを終了] > [ドロワーの終了を確認] の順に進みます。

  4. 別のPOSレジで開いているドロワーを閉じるため、最後にもう一度 [ドロワーを終了] > [完了] の順にタップして、確定する必要があります。

オンラインでキャッシュドロワーを終了する

開いているキャッシュドロワーを閉じる作業は、Square レストランPOSレジアプリからだけではなく、Square データからでも行えます。

操作は、次の手順で行います。

  1. Square データから、[レポート] > [レポート] の順にアクセスします。

  2. [キャッシュドロワー] タブ > [キャッシュドロワーレポート] の順にクリックします。

  3. キャッシュドロワーレポートの詳細画面には、[シフトを終了] というオプションが表示されます。実際の現金残高とシフトの詳細を入力します。

オンラインでキャッシュドロワーを管理できるようにマネージャーやスタッフにアクセス権限を付与するには、Square データの [スタッフ]からアクセス権限を変更してください。この場合は、キャッシュドロワーレポートを見るためのアクセス権限を付与する必要があります。

Online Drawer Report

キャッシュドロワーの動作

キャッシュドロワーレポートには端末ごとの情報が反映されますので、現金管理を利用する各POSレジで異なるレポートが生成されます。キャッシュドロワーを関連付けしている端末を複数お持ちの場合は、それぞれの端末でドロワーを個別に閉じる必要があります。

次に、各ドロワーレポートの [現金売上] 行に、その端末で処理したすべての現金支払いの合計が表示されます。2人のスタッフが1台のPOSレジを使用して支払いを処理した場合、両者のシフトレポートの [計上した現金] を合計値は、ドロワーレポートの現金売上と同じ値になります。

例:

例1:田中さんと佐藤さんが、現金管理が有効化されているPOSレジを共有して、それぞれ¥1,000の売上を処理しました。この場合、キャッシュドロワーレポートには、現金売上の合計として¥2,000が記録され、各スタッフのシフトレポートには、現金¥1,000が計上されます。

しかし場合によっては、スタッフが複数のレジを使用しなければならない状況も考えられます。

例2:田中さんが¥1,000の売り上げを2件処理し、合計¥2,000を処理しました。そのうち1件はサーバーのPOSレジで処理し、もう1件はバーのPOSレジで処理したとします。この場合の各レポートは、以下のとおりです。

  • 田中さんのシフトレポート:計上した現金合計は¥2,000。

  • サーバー用POSレジのキャッシュドロワーレポート:現金売上の合計は¥1,000。

バーのPOSレジのキャッシュドロワーレポート:現金売上の合計は¥1,000。

注意:キャッシュドロワーからの出金は、営業締めレポートの現金売上には反映されません。

営業締め時間のレポート

スタッフが伝票を締め、シフトレポートを実行し、開いているキャッシュドロワーを閉じたら、営業締めレポートを実行できます。

  1. Square レストランPOSレジアプリから、[アクション] をタップします。

  2. 次に、[営業締めの実行] を選択します。

  3. 保留中の伝票やキャッシュドロワーを閉じ、タイムカードをまだ処理していないスタッフがいる場合は退勤を記録します。また営業締めレポートを実行するために必要な操作は、Square データからでも行えます。

  4. 必要な設定がすべて終わったら、[営業締めの実行] をタップします。

注意:営業締めレポートは、伝票修正に関する設定や、元の支払方法で伝票を再開する権限をスタッフに付与しているかどうかによって、表示される内容が異なります。

伝票管理として、以下の2種類の方法があります。

  • 支払方法を戻して保存:最近の会計済み伝票を再開でき、当初使用された支払方法を引き続き使用することができます。

  • 支払方法を戻して削除:会計済み伝票を再開すると、支払方法は自動的に削除され、元の支払額は払い戻しされます。

[支払方法を戻して保存] を有効にしている場合、営業締めレポートを実行すると、その店舗の開いている伝票すべてが一括で締められ最終確定します。その後は、どの伝票も再度開いたり修正したりすることはできません。

Square レストランPOSレジのレポートに関するトラブルシューティング

スタッフの売上やチップが正確に表示されない理由は、主に2つあります。スタッフが出勤を記録する前、またはシフトレポートを実行した後に売上を処理すると、そのスタッフの売上は正しく反映されません。

これを修正するには、レポートの対象期間を編集します。

たとえば、シフトレポートを更新する場合を考えてみましょう。

  1. Square レストランPOSレジアプリから、[アカウント] > [シフトレポート] の順にタップします。

  2. 次に、[レポートを編集] を選択します。

  3. [期間] > [カスタム] の順にタップします。更新するには、開始・終了時間をタップして調整します。

  4. 時間を正しく設定したら、[戻る矢印] > [適用] の順にタップします。

さらに詳しくは、Square レストランPOSレジでレポートを作成するをご覧ください。

お探しの答えが見当たりませんか?