「Squareのカード情報保存機能」と「Square 請求書の定期送信機能」を組み合わせると、お客様のクレジットカードに自動継続課金をすることができます。自動継続課金の設定をすれば、月々の会費や顧問料、月謝などの請求も効率的に処理することができます。

注意:POSレジアプリでは、カード情報の保存はできません。

【ケース1】お客様にご来店いただき、手続きをする場合

お客様に店頭にお越しいただける場合には、以下の手順で自動継続課金の手続きを行います。

1 ) クレジットカード利用承諾書をお客様に記入してもらう

【注意】お客様のセキュリティコードを記録することは、PCIスタンダードに違反します。よって、クレジットカード利用承諾書には、セキュリティコードの記載欄がありません。このフォームは、クレジットカード利用承諾書です。カード情報を控えるものではありませんので、ご注意ください。カード情報の登録には、下記の情報が必要ですので、あらかじめご了承ください。
  • カード名義
  • カード番号16桁
  • 有効期限
  • セキュリティコード

Customer Authorization PDF

2 ) パソコンでSquare データにログイン後、顧客情報を登録のうえ、カード情報の保存を行う

  • Square データ (管理画面) の顧客リスト を開きJP Add CoF from Customer
  • 顧客画面上の[顧客情報を作成]をクリックし、お客様の氏名などを入力後、[保存]をクリックします。
  • 顧客情報の登録後、「・・・」から、 [カードを追加]をクリックします。JP COF from Customer
  • カード情報の登録を行います 。※Squareの取扱カードはこちら JP Only Recurring_COF_2
  • カード情報の登録が完了すると、該当のお客様には、「notifications@messaging.squareup.com 」から手続き完了のメールが送信されます。
    《お客様に配信されるメール》JP Only COF Buyer's Notification

3 ) 定期送信請求書を発行し、自動継続課金を開始する

  • Square データ (管理画面) の請求書画面 を開きます。
  • [定期送信]をクリック後、[定期送信を設定]をクリックします。JP Only Recurring
  • [お客様名]の欄をクリックし、該当のお客様を選択します。
  • 自動引き落としをおこなう場合は、[請求書の支払方法]のプルダウンから「末尾が xxxx の xxxxに課金する」を選択します。JP Recurring Charge on Card on File
  • [開始]、[定期送信の間隔]と[終了]を設定します。JP Recurring Schedule
  • 請求書の[件名]には、請求書を受け取ったお客様に分かりやすい件名を入力します。
  • 商品の詳細や金額を入力します。JP Only Recurring_COF_5
  • すべての情報の入力が完了したら、[送信を設定]をクリックします。

設定が完了後、加盟店とお客様の双方ともメールは配信されません。 その他、定期送信の詳しい使い方は、Square 請求書を定期送信するをご確認ください。

【ケース2】 遠方のお客様に対し、ご来店なしで、手続きをする場合

お客様が遠方にいらっしゃる場合には、以下の手順で自動継続課金の手続きを行います。

1 ) お客様に初回の定期送信請求書を発行する

  • Square データ (管理画面) の定期送信画面 を開きます。
  • [定期送信を設定]をクリックします。
  • お客様のお名前、メールアドレスなどを入力していきます。
  • 請求書の件名には、請求書を受け取ったお客様に分かりやすい件名を入力します。
  • [請求書の送付方法]は「請求書をメールで送信する」のままにします。
  • [頻度]は[定期的]を選択します。
  • [開始]、[定期送信の間隔]、[終了]、[請求書の支払期限] を設定し、[自動引き落とし]にチェックをつけます。JP Recurring Card on File
  • 商品の詳細や金額を入力します。
  • [送信を設定]をクリックします。

定期送信の詳しい使い方は、Square 請求書を定期送信するをご確認ください。

2 ) 初回 (1回分のみ) 請求書のお支払いの際に、お客様にカード情報の保存をしてもらう

  • お客様が請求書のメールを受信されたら、[カードで支払う]というボタンをクリックしていいただきます。
    JP Only Buyer's Invoice Pay Invoice button
  • カード情報を入力していただきます。
  • カード情報の保存を許可する旨のチェックボックスにチェックを入れ、支払いを完了していただきます。JP Only Buyer's Invoice COF Agreement
  • 支払いが完了し、カード情報の登録が完了すると、該当のお客様にお知らせメールが送信されます。

《お客様に配信されるメール その1》

「invoicing@messaging.squareup.com」から配信

JP Only Invoice Paid CoF Buyer Notification

《お客様に配信されるメール その2》

「notifications@messaging.squareup.com」から配信

JP Only COF Buyer's Notification

自動課金が開始されるタイミング

  • 上記 【ケース1】、 【ケース2】の手順で設定をした課金日の午前10時になると、あらかじめ保存されたカードに自動課金がおこなわれます。
  • 正常に自動課金が完了すると、メールタイトル「 請求書の支払いが完了しました:○○様宛」にて、加盟店とお客様の双方に決済完了メールが送信されます。

「invoicing@messaging.squareup.com」から配信
JP Recurring Card on File Completed

自動課金が失敗した場合は

  • クレジットカード限度額オーバー、有効期限切れ等の理由で自動課金が失敗した場合、加盟店へは、決済失敗の旨をお知らせメールが送信され、お客様へは、お支払いをお願いする「定期送信請求書」が配信されます。

《加盟店に配信されるメール パターン1》
JP Only Recurring Error Message

《お客様に配信される定期送信請求書》

*決済失敗のメールを受信したお客様は、別の有効なクレジットカード情報を再度登録することが可能です。

自動継続課金を終了する場合

自動継続課金は以下の手順で終了することができます。

  • Square データ (管理画面) の請求書画面 を開きます。
  • [定期送信]をクリックします。
  • 終了対象の定期送信請求書を選択します。
  • [定期請求書を終了]をクリックします。JP Only Recurring End Series Button
  • [確認する]をクリックします。JP Only Recurring End Button

設定が完了後、加盟店とお客様の双方ともメールは配信されません。

自動継続課金を終了した場合も、すでに課金が完了している取引はそのまま有効となります。課金済みの取引を払い戻す場合は、こちらをご覧ください。

保存済みカード情報を利用してカード決済する場合の手数料は3.75%(JCBは3.95% 別途申込要)です。 Squareの手数料の詳細については、こちらをご覧ください。

お取引の都度、異なる金額を指定して、保存済みカード情報から自動引き落としをおこなう場合は、こちらをご覧ください。

Squareのカード情報保存機能と請求書の定期送信機能は、実際に引き落としが完了するまでは、手数料はかかりません。実際のお客様との手続きをおこなう前に、まずはご自身のメールアドレスとカード情報を利用してお試しいただくことをおすすめいたします。(テストの際は、最小決済金額である100円でお試しください。ご自身のカード情報を使ってカード決済が完了した場合は、すみやかに払い戻しをお願いします。)