システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>商品と在庫管理

Square リテールPOSレジ:商品ライブラリと単位原価の管理

単位原価の追跡機能は、Square リテールPOSレジをサブスクリプション登録している場合のみ利用可能です。サブスクリプション登録していない場合は、30日間の無料トライアルに登録してください。

インベントリプラスで利用可能なレポートを活用する前に、ライブラリ内の各商品に単位原価を設定する必要があります。単位原価を設定する方法には、オンライン一括インポート、Square データで商品エディタを利用しての手入力、注文書(発注品)の入荷の3通りがあります。

注意:在庫を追跡し、商品バリエーションの単位原価を入力することで、今後は売上原価、収益、利益率を正確に反映したレポートを作成できるようになります。過去に行った在庫調整を修正するには、Square データの履歴ログにアクセスしてください。

さらに詳しくは、リテールPOSレジのレポートに関するFAQをご覧ください。併せて過去に行った在庫調整を更新するもご参照ください。

単位原価の設定が完了したら、今後の注文書や、手入力の在庫調整(在庫入荷、在庫戻り、再集計などの在庫数が増える調整)に利用され事前入力されるようになります。

商品ライブラリをインポートまたはエクスポートして、Square データから在庫、SKU、単位原価に一括操作を行うことができます。操作を行うには、まずExcelまたはCSVテンプレートをダウンロードする必要があります。

ライブラリをエクスポートする

エクスポートしたファイルには、全店舗で取り扱っているすべての商品、単位原価、在庫などの情報が含まれます。

次の点にご留意ください

  • 通常は、Excel(.xlsx)形式を利用することをおすすめしています。Excel形式は、Microsoft Excel、Apple Numbers、Googleスプレッドシートなど最新のスプレッドシートエディタでご利用いただけます。

  • Excelファイルテンプレートは、数値ではなくテキストにフォーマットされています。エクスポートした商品ライブラリファイルで数値機能を利用する場合は、ファイルを数値フォーマットに変更してください。

ライブラリの情報をエクスポートするには、次の手順を行います。

  1. Square データの [商品] にアクセスして、[商品] を選択します。

  2. 画面右上の [アクション] > [エクスポート] の順にクリックして、[エクスポートを確認] を選択します。

  3. Excel(.xlsx)またはCSV形式のいずれかを選択します。その後、スプレッドシートがパソコンにダウンロードされます。

エクスポートしたファイルの中に表示される用語の説明
トークン トークンはSquareシステム内で自動的に割り当てられる番号です。新規で商品を登録する場合、トークンの入力は不要です。既存の商品を編集する場合、トークンは変更しないでください。
商品名 数字、文字、記号を含めることができます。 最大128文字(英数字)まで入力が可能です。
説明 数字、文字、記号の入力が可能です。最大で1024文字(英数字)まで入力が可能です。
カテゴリ 数字、文字、記号を含めることができます。 最大128文字(英数字)まで入力が可能です。
商品番号(SKU) 各バリエーションには、固有のSKUが割り当てられている必要があります。
バリエーション名 数字、文字、記号を含めることができます。 最大128文字(英数字)まで入力が可能です。
単位と精度 単位の種別と精度(小数点以下の桁数)です。
価格 数値。¥0以上の数字を入力します(固定価格は正数であることが必須)。空白のままにする、または「価格指定」と入力して指定価格を示すことも可能です。
現在の単位原価 数値。1つのバリエーションに複数の取引先が関係する場合は、デフォルトの単位原価を選択してください。この値がエクスポートされます。
新しい単位原価 数値。商品バリエーションあたりの単位原価を更新します。
有効(店舗名) 「Y」もしくは「N」を入力します。ここでは、それぞれの店舗で表示される商品を設定します。店舗を1つしか登録していない場合にこの列が表示されたら、すべての商品を必ず「Y」に設定してください。
現在の数量 (店舗名) 数字を入力します。在庫管理機能を利用している場合は、該当の商品の現在の数量が反映されます。このフィールドへの変更はインポート時に無視されます。
新規の数量* [店舗名] 数字を入力します。在庫管理機能を利用している場合、新規の在庫数を入力してください。ここに入力した数字が、在庫数として反映されます。
在庫アラート有効(店舗名) 在庫管理機能を利用しており、アラートを設定する場合は、「Y」、設定しない場合は「N」を入力します。
在庫アラート基準値(店舗名) 数字を入力します。在庫管理を使用していてアラートを有効にしている場合は、ここで設定した数量になった場合、アラートで通知されます。
価格(店舗名) 数値。
税金(店舗名) 税金を設定している場合で、その商品に税金を適用したい場合は「Y」、適用しない場合は「N」を入力します。
  • 新規の数量フィールドに関する注意:新しい在庫数は、必ずこの列に入力していることをご確認ください。新しい在庫数を [現在の数] フィールドに入力しても、在庫は更新されません。

単位種別に関する注意:インポートのときに新しい単位種別を作成することはできません。単位種別を作成し精度を設定するには、Square データの [単位] にアクセスします。

未入力の単位原価を探して更新する

商品ライブラリをエクスポートすることで、未入力の単位原価を見つけることができます。[現在の単位原価] のヘッダーで表される列では、単位原価が未設定のバリエーションは空欄となります。

他社のPOSレジまたは在庫システムからSquareに商品を転送する場合は必ず、既存のファイル形式を、Squareの商品ライブラリファイルの形式(アカウントでの設定により異なる)に変換してください。

注意:テンプレートファイルのヘッダー/1行目は必須項目です。列の名称変更や、列の消去はできません。

単位原価を更新するには、次の手順を行います。

  1. [新しい単位原価] 列に単位原価を入力して、商品ライブラリテンプレートを更新します。

  2. Square データの [商品] にアクセスして、[アクション] > [インポート] の順にクリックします。

  3. 更新したExcelまたはCSVファイルをアップロードボックスにドラッグ(またはコンピューターからアップロードをクリック)して、[アクション] > [インポート] の順にクリックします。

商品ライブラリから単位原価を更新すると、商品バリエーションが更新されるため、今後の在庫操作と売上に新しい単位原価が反映されます。ただし、単位原価の入力なしですでに入荷、在庫戻し、再集計した商品がある場合は、履歴ログにアクセスしてください。

バリエーションと単位原価を一括編集する

  1. Square データから、[商品] にアクセスします。

  2. 表上部のボックスにチェックを入れて商品バリエーションの一部(またはすべて)を選択するか、商品のバリエーションのサブセットを選択します。バリエーションを選択したら、フィールドをクリックして新しい価格を入力します。

  3. または [価格を編集] または [単位原価を編集] をクリックして、変更を行います。

  4. [バリエーションに適用] をクリックします。

  5. [保存] をクリックします。

注意
* 現時点では、一括編集ができるのはバリエーションのみです。商品ライブラリ内の商品の価格は一括編集できません。
* 一括編集を行えるのは、Square データからのみです。
* 現時点では、一括編集ができるのは、価格と単位原価のみです。

過去に行った在庫調整を対象に、未入力の単位原価を探して更新する

商品ライブラリで商品バリエーションに単位原価が関連付けられている場合は、履歴ログで、在庫調整を対象に一括で単位原価を修正できるオプションが表示されます。

注意:任意商品の単位原価が未入力である場合は、商品ライブラリから各バリエーションをそれぞれ更新してから、履歴ログで未入力の原価を一括修正する必要があります。

次の手順で操作を開始します。

  1. Square データにログインして商品ライブラリにアクセスし、各商品のバリエーションに単位原価が関連付けられていることを確認します。

  2. 各商品バリエーションに単位原価が関連付けられていることを確認したら、履歴タブにアクセスします。

  3. [単位原価を修正] > [原価を修正] を選択します。

[在庫の操作を表示] を選択している場合は、単位原価が関連付けられていない過去の調整がそれぞれ表示されます。

過去の調整を1つ更新すると、その他のすべての調整単位原価に、その特定商品の新しい単位原価が反映されます。

商品ライブラリから消去済みのバリエーションの単位原価は、一括更新できません。消去済みのバリエーションの過去の調整を更新するには、各バリエーションの単位原価を履歴から更新する必要があります。

さらに詳しくは、過去に行った在庫調整の単位原価を更新するをご覧ください。

CSVファイルを編集する

商品ライブラリを読み込むために、CSVデータをスプレッドシートにインポートすることはできますが、商品番号が含まれている場合はCSVファイルを直接開くことのないようご注意ください。スプレッドシートエディタによっては、予期しない形式に商品番号が変換されることがあります。たとえば、先頭の0が削除(例:0012345→12345)されたり、商品番号が指数表記に変更(例:12345678999→1.2346E+10)されたりすることがあります。CSVファイルにSKUが含まれている場合は、ファイルでのエラーをなくすため次の手順を行います。

Microsoft Excelで作成したCSVデータをインポートする

  1. Microsoft Excelで新しいスプレッドシートを作成します。

  2. メインメニューから [ファイル] > [インポート] の順に選択します。

  3. [CSVファイル] オプションを選択し、[インポート] をクリックします。

  4. 商品ライブラリからエクスポートしたCSVファイルを選択し、[データを取得] をクリックします。

  5. インポートウィザードが表示されます。

    • [次へ] をクリックします。

    • [カンマ区切り] のみが選択されていることを確認してから、[次へ] をクリックします。

    • SKU列をスクロールして列のデータフォーマットを [テキスト] に変更して、[完了] をクリックします。

  6. [新規シート] を選択し、[OK] を押してインポートを完了します。

CSVデータをGoogleスプレッドシートにインポートする

Square リテールPOSレジで、在庫を初めてインポートする場合、在庫の入庫操作は [入荷] として反映されます。商品ライブラリを以前インポートしたことがある場合は、在庫の入庫は [再集計] とみなされます。

注意:入庫の種別が「入荷」であるか「再集計」であるかにより、売上原価レポートへの影響が変わります。在庫を入荷しても売上原価(COGS)レポートに影響はありませんが、在庫数が増える再集計を行った場合、COGSレポートは貸方(減少)となり、在庫数が減る再集計を行った場合は、COGSレポートは借方(増加)になります。販売した商品の利益および利益率のみをご覧になりたい場合は、「売上」フィルターを適用してください。

次の手順で操作を開始します。

  1. Google Driveで新しいスプレッドシートを作成します。

  2. メインメニューから [ファイル] > [インポート] の順に選択します。

  3. [アップロード] タブを選択して、商品ライブラリからエクスポートしたCSVファイルを選択します。

  4. ファイルをアップロードし終わると、[ファイルをインポート] ポップアップが開きます。[テキストを数値と日付に変換する] を必ず [いいえ] に変更してください。

  5. [インポート] をクリックしてインポートを完了します。

商品ライブラリをアップロードする

商品ライブラリをアップロードして、単位原価を一括更新できるのは、Square リテールPOSレジで商品ライブラリを初めて設定するときの1回限りであることにご注意ください。

在庫数をアップロードするには、次の手順を行います。

  1. Square データの [商品] にアクセスします。

  2. ページ右上の [アクション] > [インポート] の順にクリックします。

  3. 新しい商品の登録や既存の商品の編集を行う場合は、[商品ライブラリを編集] を選択します。既存の商品データを消去し、新たに上書きするには、[商品ライブラリの置き換え] を選択します。

  4. [次へ] > [テンプレートファイルをダウンロード] の順にクリックします。テンプレートのダウンロード形式として、Excel(.xlsx)またはCSVを選択します。通常は、Excel形式を利用することをおすすめします。

注意:ウェブブラウザとしてSafariをご利用の場合、[テンプレートをダウンロードする] リンクを右クリックし、CSVファイルのテンプレートをお使いのコンピューターに保存する必要があります。

  1. ステップ4でコンピューターに保存した商品マスタ-YYYY-MM-DD-XXXX.xlsx または.csv形式のファイルを、Excel(.xlsx)などの表計算ソフトで開きます。

注意:Excelファイルを編集する際は、お使いのスプレッドシートプログラムの最新バージョンを使用することをおすすめします。

  1. テンプレート上の各列に商品にかかわる情報を入力します。テンプレートを編集する際は、以下の点にご注意ください。

  • 「現在の単位原価」は参照目的で表示されています。Square データ内の原価を編集できるのは「新しい単位原価」のみです。

  • 「トークン」列に入っている情報は、変更または削除しないでください。

  • 新規の数量」列に変更を行うと、現在の商品数量は上書きされます。「新規の数量」列に0と入力すると、その店舗のその商品の在庫は0と設定されます。

  • カテゴリを空欄にすると、「カテゴリなし」と表示されます。

  • 「カテゴリ」列で新しいカテゴリが検索されると、新しいカテゴリが作成されます。

  • 「価格」を空欄にしたり、「価格指定」と入力したりすると、価格指定の商品が作成されます。

  • 「オプション」を空欄にすると、オプションがデフォルトでオフになります。商品に適用するオプショングループの横に「Y」と入力します。

注意:店舗固有の列に値を設定すると、店舗固有の価格、在庫数、または販売可能/不可を割り当てることができます。たとえば、「価格店舗2」列に価格を設定すると、その店舗にのみ価格が割り当てられます。

  1. 編集し終わったExcel(.xlsx)またはCSVファイルを、コンピューター上に保存します。

  2. Excel(.xlsx)またはCSVファイルをアップロードエリアにドラッグ アンド ドロップするか、[コンピューターから選択] > [アップロード] の順にクリックします。

  3. 変更を確認したら、[インポートを確認する] をクリックして、新しい商品ライブラリをアップロードします。

  4. Excel(.xlsx)またはCSVからインポートした列をSquareのコア製品属性に合わせるめのメッセージが表示されます。Squareからダウンロードしたファイルの列の名前を変更しなかった場合、製品属性は自動で一致します。ファイルから製品属性へのマッピングを確認して、必要に応じて変更します。
    *商品名、バリエーション名、説明、SKUは、Excel(.xlsx)またはCSV内で必ず入力する必要があります。複数の店舗がある場合は、有効化されている 「店舗名」列も必須です。*「税金」列にも特定のヘッダーフォーマットが必要です。「税金」列のヘッダーには、税率をカッコ書きで含める必要があります。例:「税金 - 売上(10%)」

  5. [確認] をクリックして、変更をアップロードします。

Make sure you click confirm.

[インポートを確認する] をクリックした後は、インポート前の商品ライブラリに戻すことはできませんのでご注意ください。

商品ライブラリのインポートに関するトラブルシューティングについてさらに詳しくは、CSVファイルをご覧ください。

お探しの答えが見当たりませんか?