保留会計機能を使用した従業員管理

Squareのスタッフ管理機能では、Square POSレジアプリで作成した保留伝票へのアクセス権限の設定ができます。

スタッフによる保留伝票へのアクセスを管理する

スタッフの絞り込み

スタッフ管理では、Square POSレジアプリ内で作成したすべての保留伝票の表示をスタッフに許可するか、スタッフが自分で作成した保留伝票にのみアクセスを制限するかを設定できます。既定では、自分で作成した伝票のみが表示されます。すべての従業員が作った伝票にアクセスし、自分の伝票を転送できるようにするには、権限グループで機能を有効にします。

  1. Square データで [チーム] > [アクセス権限] の順に表示します。
  2. 役割を選択してから、[保留会計をすべて管理] にチェックを入れます。
  3. [保存] します。

保存された商品を削除する

保留会計に保存された商品を削除する権限をスタッフに許可できます。

この権限をオンにするには以下の手順を行います。

  1. Square データで [チーム] > [アクセス権限] の順に表示します。
  2. 役割を選択してから、[保留会計に保存された商品の削除] にチェックを入れます。
  3. [保存] します。

保留伝票を転送する

スタッフは自分が作成した保留会計伝票を別のスタッフに転送できます。

保留会計伝票を転送するには、以下の手順を行います。

  1. [伝票] > [割り当てる] の順にタップします。
  2. 転送する伝票を選択してから [次へ] をタップします。
  3. 受け取るスタッフの名前をタップしてから [割り当てる] をタップします。

伝票の転送先のスタッフは売上のクレジットを受け取ります。

注意:伝票を転送するには、スタッフに [保留会計をすべて管理] の権限を持つ役割が割り当てられている必要があります。