ホーム>支払いの受付とPOSレジ機能

キャッシュドロワーの現金管理

Squareなら、現金売上の記録やキャッシュドロワーの出入金管理が簡単にできます。

注意:スタッフが職務としてキャッシュドロワーの開始/終了のセッションを行うには、[お支払い時以外のキャッシュドロワーの開閉] と [キャッシュドロワーレポートを表示] のアクセス権限が有効でなければなりません。

注意:現時点では、現金管理機能はスマートフォンではご利用いただけません。詳しくは、モバイル端末タイプ別のSquare POSレジ機能比較表をご覧ください。

現金管理機能をオンにする

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [設定] > [現金管理] の順にタップし、[現金管理] の横にあるスイッチがオンになっていることを確認します。
  3. [デフォルトの開始時残高] を入力して、希望するレポートの受け取り方法を選択します。

シフトを開始する

シフトが開始されると、シフト開始時の残高、現金売上、現金の払い戻し、入金と出金、キャッシャー内にあるべき金額など、現在のシフトについての基本情報が表示されます。

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [レポート] > [現在の管理] の順にタップします。
  3. [シフト開始時の残高] をタップして、ドロワーの開始金額を入力します。
  4. [シフトの開始] > [シフト開始を確認] の順にタップします。
  5. ドロワーの説明を入力します (オプション)。
  6. お会計の画面に戻り、利用を開始します。

現金管理機能がオンになっていれば、お会計の際キーパット画面でシフトを開始することもできます。商品ライブラリから商品をタップするかキーパットで数字をタップすると、[シフトを開始]画面が表示されるので、シフト開始時の残高を入力し、[シフトを開始]ボタンをタップします。

シフトの詳細を記入する

シフトの開始後には、分かりやすくするためにキャッシュドロワーにメモを追加することもできます。

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [レポート] > [現在の管理] の順にタップします。
  3. [シフトの詳細] をタップして、メモを追加します。

入金と出金を記録する

「入金と出金」機能を使用すると、キャッシュドロワーからの送金と引き出し内容を記録できます。入金と出金の記録は現金管理履歴に表示され、入力した説明とドロワーの合計金額の両方も表示されます。

シフト中の入出金を記録するには、次の手順を行います。

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [レポート] > [現在の管理] の順にタップします。
  3. [入金と出金] をタップします。
  4. [金額]と[詳細]を、それぞれ入力します。
  5. 現金を払い入れるには[入金]を、ドロワーから現金を払い出すには[出金]をタップします。
  6. [入金額を確認]または[出金額を確認]をタップして、記録します。

シフトを終了する

Squareアプリからキャッシュドロワーを閉じるだけではなく、オンラインの Square データから開いているあらゆるキャッシュドロワーを閉じることもできます。

:キャッシュドロワーの終了は、キャッシュドロワーを閉じるのとは意味合いが異なります。キャッシュドロワーを閉じる場合は、シフト終了時点の実際の現金残高が記録されます。これに対してキャッシュドロワーの終了とは、単に [シフトを終了] をクリックすることを指します。

Square POSレジアプリでキャッシュドロワーを終了する

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [レポート] > [現在の管理] の順にタップします。
  3. [シフトを終了] ボタンをタップします。
  4. キャッシュドロワー内の実際の現金残高を入力するか、空欄のままにします。
  5. [シフトを終了] > [シフトの終了を確認] の順にタップします。

Square データでキャッシュドロワーを終了する

始めるには、次の手順で行います。

  1. Square データで [レポート] にアクセスします。
  2. [キャッシュドロワー] タブをクリックした後、[キャッシュドロワーレポート] を選択します。
  3. キャッシュドロワーレポートの詳細画面で [シフトを終了] を選択できます。実際の現金残高とシフトの詳細を入力します。

オンラインでキャッシュドロワーを管理できるようにするには、Square データの [スタッフ] セクションで、対象とするマネージャーや従業員のアクセス権限を変更します。この場合は、[キャッシュドロワーレポートを見る] ためのアクセス権限を付与する必要があります。

Online Drawer Report

シフトの終了後に遠隔操作で出金/入金処理はできませんので、ご留意ください

レポートの自動送信

シフトの終了時にキャッシュドロワー レポートをあなたのメールアドレスに自動送信することができます。

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [設定] > [現金管理] の順にタップします。
  3. [レポートの自動送信] をオンにします。
  4. メールアドレスを入力します。

キャッシュドロワーレポートには端末ごとの情報が反映されます。キャッシュドロワー用の端末が複数ある場合は、端末ごとにレポートを出力する必要がありますので、ご留意ください

Squareで主に利用しているメールアドレスを入力する必要はありません。別のメールアドレスでレポートを受信することもできます。キャッシュドロワーのレポート出力は接続端末でのみ使用できることにご留意ください。

キャッシュドロワーの現金管理履歴を確認する

Squareレジアプリで現金管理履歴を表示する方法

  1. Square POS レジアプリの画面左上にある3本の水平線をタップします。
  2. [レポート] > [現金管理履歴] の順にタップします。
  3. 履歴を表示するシフトをタップします。

キャッシュドロワー レポートをメールで送信するには、封筒型のアイコンをタップします。

お使いの端末に Square 対応のレシートプリンターが接続されている場合には、キャッシュドロワー レポートを印刷するオプションも表示されます。

Squareデータで現金管理履歴を表示する方法

  1. Square データで [レポート] に移動し、[キャッシュドロワー] を選択します。
  2. 日付セレクターを使用して、表示する支払履歴の期間を選択します。
  3. 一覧から、詳細を表示するシフトをクリックします。
  4. [入金と出金]、[端末]、[店舗] など、詳細を表示する列を追加します。

Cash Drawer Report Column Options

注意:キャッシュドロワーレポートは現時点では、Square データからダウンロードまたはエクスポートできません。

iPadでキャッシュドロワーへのスタッフのアクセスを管理する

チーム管理を使えば、iPadでキャッシュドロワーレポート(メールで送信したレポートを含む)を利用時のチームのアクセス権限を制限することができます。アクセス権限で [キャッシュドロワー内の現金残高情報の閲覧] をオンにすると、スタッフはキャッシュドロワー終了時に以下の項目を確認できます。

  • 現金売上の合計
  • 現金払い戻し額合計
  • キャッシュドロワー内の予想される現金残高
  • キャッシュドロワー内の実際の現金残高

アクセス権限が有効になっていない場合、スタッフは上記の情報を閲覧できません。

注意:[キャッシュドロワー内の現金残高情報の閲覧] の権限は、[レポートを自動送信] には適用されません。

アクセス権限を変更するには、以下の手順を行います。

  1. Square データの [スタッフ] > [アクセス権限] を表示します。
  2. 権限グループをクリックして、キャッシュドロワー内の現金残高情報の閲覧にチェックを入れるか外したら、[保存] します。

注意:この機能を使用するには、お使いの端末のSquare POSレジアプリでパスコードを有効にする必要があります。[設定] > [パスコード] の順に進んで有効にしてください。