システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>安全にお取引をするために

購入者、カード利用者情報の参照

過去のお取引を参照する際のヒントとなる情報は、Squareデータの お取引タブから確認できます。この情報には、決済に使われたカード名義人の名前、カード種類、カード番号の末尾 4 桁など、取引についての詳細が含まれます。

注意: 決済に使われたカード名義人の名前は、Squareリーダーでお支払いカードを読み取った場合にのみ表示されます。

顧客リストでは、Squareアカウントに保存されている顧客情報に、フィルターを適用することもできます。フィルターにより、顧客に関する詳細や顧客の加盟店さまとの関わり方(支払いの詳細、購入した商品、訪問した店舗、など)を閲覧可能です。また、閲覧を希望する特定のデータに時間枠を設定することもできます。

表示してフィルターを適用するには、以下の手順を行います。

  1. オンライン Squareデータにログインして > [顧客]にアクセスします。

  2. [顧客リスト]タブをクリックし、[フィルター]を選択します。

  3. 閲覧を希望する顧客詳細のフィルターを適用します。

  4. [顧客を表示] をクリックします。注意: Square データとSquare POSレジアプリの両方から、フィルターを適用できますが、現在のところPOSレジアプリではすべてのフィルターを利用できるわけではありません。より包括的なフィルターは、Square データで利用手可能です。

注意: スタッフ向けにカスタムアクセス権限設定を使用している場合、メールアドレス、住所、電話番号などの顧客情報がアクセス権限を割り当てられているスタッフへと表示されるようになります。この情報はデフォルトでは、アクセス権限を持つスタッフへと表示されません。この情報を閲覧および/または編集する権限をスタッフに付与するには、スタッフ管理でこのアクセス権限を有効化します。マーケティング経由でサブスクリプション登録している場合は、リスト内の顧客情報も非表示となっている場合があります。

Square POSレジアプリで取引にメモを記入しておくと、あとで取引を識別する際に便利です。取引にメモを追加する方法については、支払いにメモを追加を参照してください。

詳細については、Squareの 個人情報保護方針とセキュリティをご覧ください。さらなる詳細については、 お問い合わせをご覧ください。

製品に関する情報はこちらをご覧ください。: 処理中の支払い