システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square リテールPOSレジでGTINを使用する

概要

Square リテールPOSレジでは、これまでのSKUを追加するオプションに加えて、商品識別コード(GTIN)をSquare データで登録した商品バリエーションに関連付けるオプションがあります。[商品ライブラリ] から、または情報をCSVでインポートするから手入力で詳細を入力することが可能です。

GTINは、取引商品または製品をサプライチェーン全体で識別するのに使用され、通常8桁、12桁、13桁、または14桁です。各種業界でよく見られるGTINおよび種類の詳細については、こちらをご覧ください。

GTINの利用をはじめる

Retail - Product Lookup (Easy Create) - Dashboard - EN

次の手順で操作を開始します。

  1. Square データで [商品] タブにアクセスします。

  2. 既存の商品を選択するか、[商品を登録] をクリックします。

  3. [バリエーション] で、該当するセクションにGTINおよびSKU情報を入力します。

  4. 残りの商品の詳細をすべて入力して、[保存] をクリックします。

GTINを商品または商品バリエーションに関連付けたら、GTINバーコードを使用して商品のレポートでの動向をモニタリングする、在庫を追跡および調整する、ラベルを作成/印刷するなど、関連付けた商品に通常行うであろう操作を同様に行えます。

バーコードを使用して商品を登録する

Retail - Easy Create GIF - Dashboard - EN

Square データからUPC/GTINをスキャンして、商品をかんたんに登録できます。まずサポート対象のバーコードスキャナーを使用していることを確認し、デスクトップパソコンまたはノートパソコンに接続します。バーコードスキャナーの接続を確認したら、以下の手順を行います。

  1. Square データで [商品] タブにアクセスします。

  2. [商品を登録] をクリックして、[商品を登録] 画面を開きます。

  3. [詳細] セクションから、[製品検索] を選択します。

  4. 登録する商品に関連するGTINをスキャンして、その商品が [上位の検索結果] に表示されたら [選択] をクリックします。

  5. ここからバリエーションを選択して、商品に適用します。または適用するバリエーションに関連するGTINをスキャンします。その後 [バリエーションを追加] をクリックします。

  6. [保存] をクリックします。

Square データからの商品の登録に加えて、iOS端末のSquare リテールPOSレジアプリから直接GTINをスキャンして、新しい商品を登録することもできます。以下の手順を行います。

  1. ナビゲーションメニューから、[**商品**] をタップします。

  2. [すべての商品] から 、[**商品を登録**] をタップします。

  3. [**商品検索**] をタップして、登録する商品に関連するGTINを対応機種のバーコードスキャナーまたは端末内蔵カメラでスキャンします。

  4. [上位の結果] に商品が表示されますので、対象商品の横にあるラジオボタンをタップします。

  5. 商品を登録するには、[選択] をクリックします。

  6. 関連するバリエーションを登録するには、[バリエーションを追加] をクリックします。商品に適用するバリエーションを選択するか、適用するバリエーションに関連するGTINをスキャンします。その後、[**バリエーションを追加**] をクリックします。

  7. [保存] をクリックします。

商品登録のプロセス中に、[カテゴリ] や [説明] の入力用ガイドが紫で表示されます。ガイドをクリックすると、商品に適用されます。

商品の重複を避けるため、GTINがすでに [商品ライブラリ] 内に存在する場合は、商品登録プロセス中に通知が表示されます。

GTINを利用してカートに追加する

またGTINを利用して、商品をカートへかんたんに追加できます。上記のGTINおよび/またはSKUを商品バリエーションに関連付ける指示に従い、[保存] をクリックします。商品が更新されたら、バーコードをスキャンしてお会計中のお客さまのカートに追加できます。

注意:単一の商品バリエーションに、GTINとSKUの両方を関連付けることができます

GTINを利用してレポート作成する

Square データの以下のセクションには、画面の詳細にGTINを表示するオプションがあります。

  • 履歴:[商品ライブラリ] の本セクションには、一定期間中に商品またはバリエーションに行われた在庫操作の内容が表示されます。

  • 保留中の返品在庫:[商品ライブラリ] の本セクションには、返品され在庫戻しが必要な商品の詳細が表示されます。

  • 商品売上レポート:本レポートには、一定期間中の商品および商品バリエーションに関連する売上が表示されます。

  • COGSレポート:本レポートは主要指標(商品原価、総売上高、利益、利益率)を記録して、利益率を追求するのに役立ちます。

  • 予想収益レポート:本レポートには、事業の在庫の潜在的利益が表示されます。

上記のセクションのいずれかにアクセスしているときにGTIN情報を表示するには、画面右上の [+] アイコンをクリックして [GTIN] のチェックを外します。選択し終わると、GTIN専用の新しい列が表示されます。

お探しの答えが見当たりませんか?