システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

オンラインで顧客をインポートする

一括インポート機能を利用して、Square データから顧客情報をまとめてアップロード・管理します。

顧客情報をアップロードする

Square データから、顧客情報をまとめてアップロードします。アップロードするには、次の手順を行います。

  1. Square データ[顧客]タブで、インポート/エクスポートをクリックします。

  2. 顧客のCSVファイルをアップロードフィールドにドラッグアンドドロップするか、[コンピューターから選択]をクリックしてファイルをアップロードし> [続行]をクリックします。

  3. **追加された顧客は、インポート用に新しく作成されるグループに分類されます。**

  4. 顧客の詳細情報が適切な列に挿入されていることを確認します。エラーがあった場合は、フィールドの右側にあるドロップダウンメニューをクリックして、適切なフィールドを選択します。

  5. メモ:既定のフィールドに当てはまるものがない情報を追加する場合は、顧客リストにカスタムのフィールドを追加してから顧客情報をインポートできます。

  6. [インポート] をクリックすると、グループが顧客リストに移動します。

サポートされるファイル形式

Excelなどのツールを使って顧客情報を作成し、.CSVファイルとして保存します。.CSV形式以外のデータをアップロードすることはできません。

サポートされるフィールドの種類

日付

ISO 8601に準拠した形式(YYYY-MM-DD)が適していますが、以下の形式にも対応しています。

  • YYYY-M-D

  • YYYY/M/D

  • YY-M-D

  • YY/M/D

  • M-D-YYYY

  • M/D/YYYY

  • M-D-YY M/D/YY

電話番号

電話番号には、国番号を含むE.164形式形式が適しています。国番号が含まれない場合、顧客の居住国に属する電話番号と見なされます。

住所

住所を正しい形式で入力するには、住所を区切りごとに分けて別々の列に入力し、それぞれが適切なフィールドに一致するようにします。各列の名前は「住所-国」、「住所-番地」、「住所-郵便番号」のようにすることをお勧めします。

切り替え式の値/ブール形式

切り替え式の値として適しているのは、「はい/いいえ」の形式です。「Y/N」や「True/False」などの形式も使用できます。

数値

整数と小数のどちらにも対応しています。

エラーのトラブルシューティング

次に、インポートの際にもっともよく起こるエラーとその解決方法について説明します。

エラーメッセージ トラブルシューティングの手順
無効な切り替え形式です 前述の、サポートされるフィールドの種類を参照してください。
無効な日付形式です 前述の、サポートされるフィールドの種類を参照してください。
無効なメールアドレスです 前述の、サポートされるフィールドの種類を参照してください。
無効な数値形式です 前述の、サポートされるフィールドの種類を参照してください。
無効な電話番号です 前述の、サポートされるフィールドの種類を参照してください。
CSVヘッダーが無効であるかヘッダー行がありません データセットにヘッダー行があることを確認してください。ヘッダー行を追加するにはExcelなどのツールでファイルを編集し、一番上に行を追加します。
ファイルが空です ファイルを確認し、アップロードに必要なデータがあることを確かめてください。
不必要なクォーテーションが使用されています ファイル内のシングルクォーテーション(“)の使い方が正しいことを確認し、不要なものを削除します。
解析エラーが発生しました 予期しない解析エラーが発生しました。
ファイルにデータがありません ファイルが空です。