この記事では、iPad 上の Square POSレジと互換性のあるレシートプリンター、キャッシュドロワー、バーコードスキャナーを接続する方法について説明します。下記の手順を行っても接続できない場合は、周辺機器に関する トラブルシューティングのページを参照してください。

Ethernetプリンターを iPadにつなげる

対応しているイーサネットプリンター

スター精密 TSP143LAN 据え置き型。80mm レシート用紙を使用 (この機種とSquare POSレジアプリの組み合わせでは、58mm レシート用紙は使用不可)。

プリンターに、Ethernet (イーサネット) インターフェイスが備わっていることを確認します。

  1. イーサネット ケーブルの一端を、プリンター後方にあるケーブル接続口に差し込みます。もう一端は、ワイヤレス ルーターのイーサネット ポートに差し込みます。
  2. 電源コードをプリンターに接続します。
  3. プリンター側にある電源スイッチを入れます。

What You'll need: A supported receipt printer, a standard ethernet cable and an AC power cord for the printer

BluetoothプリンターをiPadにつなげる

対応しているBluetoothプリンター

スター精密 SM-S210i2 モバイル。58mm レシート用紙使用
スター精密 SM-T300i モバイル。80mm レシート用紙使用。
スター精密 TSP654II 据え置き型。80mm レシート用紙使用 (この機種と Squareレジ アプリの組み合わせでは、58mm レシート用紙は使用不可)。
スター精密 mPop 据え置き型。58mm レシート用紙使用。

BluetoothプリンターとiPadを接続するには、次の手順を行います。

  1. iPadのホーム画面から[設定]をタップします。
  2. [Bluetooth]をタップしオンにします。
  3. 「自分のデバイス」に表示される接続したいプリンターをタップします。(※)
  4. プリンターが接続されていることを確認します。

(※)「TSP654IIBI 」と 「mPOP 」は接続時PINの入力が不要です。「 SM-S210i」と 「SM-T300i」はPIN入力が必要ですので、入力画面が表示された際は「1234」と入力してください。

プリンターとSquare POSレジアプリを設定する

お持ちのイーサネットまたはBluetoothプリンターとiPadの接続が完了したら、次はSquare POSレジアプリを開き、次の手順を行ってください。

  1. 3本線または青色のアイコンに表示されている数字をタップします。
  2. [設定] > [プリンター] > [プリンターステーションを作成]と順にタップしていきます。
  3. プリンターステーションの名前を入力します。
  4. レシート、伝票、レポートを印刷」をタップします。必要に応じて「オーダーシート」とオーダーシートお客様控え」をタップします。
  5. [プリンター]をタップします。
  6. つなげたいプリンターをタップします。テストで印刷をしてみたい場合は、[テスト印刷]をタップしてください。
    ポイント:ここでプリンタ名が見つからない場合は、Wi-FiまたはBluethoothが正しく接続されていませんので、Wi-FiまたはBluetooth接続を確認してください。
  7. 戻る矢印[←]をタップします。
  8. [保存]をタップします。

ポイント: 複数の端末を1台のイーサネットプリンターに接続する場合、上記の手順をiPadごとに行って、設定を完了します。複数のプリンターを1台の端末に接続すれば、1枚のレシートを複数のプリンターで同時に印刷することも可能です。

キャッシュドロワーをつなげる

キャッシュドロワーが自動で開くようにするには、ドロワーをレシートプリンターに接続する必要があります。それ以外の場合は、ドロワーのキーを使って手動で開く必要があります。iPad で Squareレジアプリをキャッシュドロワーと接続するには、イーサネット レシートプリンターまたはStar Micronics TSP654II Bluetooth サーマルプリンターを、インターフェイスケーブルを使って接続できます。

Squareレジアプリは、APG Vasario シリーズ キャッシュドロワー ( MultiPRO インターフェイス #320 (24V) 搭載) に対応しています。

注意: 現時点では、その他の Bluetooth レシートプリンターとは互換性がありません。

必要なもの: 対応する APG Vasario キャッシュドロワー、CD-014A Multipro インターフェイスケーブル

キャッシュドロワーの設定が完了すると、次の機能を利用できます。

  • 現金による支払いの受付
  • 現金の払い戻し
  • 商品券など、その他支払方法の受付
  • シフトの終了
  • 出入金の状況 (シフトがオンの場合)

Bluetoothバーコードスキャナーをつなげる

  1. こちらのバーコードをスキャンして、Bluetooth Socket Mobile 7Ci を Squareレジとペアリングします。

    スキャナーのペアリング用バーコード

  2. iPadの [設定] を開きます。
  3. Bluetooth がオンになっていることを確認します。
  4. [デバイス] メニューで [Socket CHS] をタップして、バーコードスキャナーをペアリングします。

注意: 現時点では、Bluetooth は 1 台のモバイル端末とのみペアリング可能です。Bluetooth 周辺機器を別の iPad とペアリングするには、まずはじめにペアリングを解除する必要があります。

バーコードスキャナーの接続を解除するには

  1. トリガーボタン (大きなボタン) と電源ボタン (小さいボタン) を、「ピー」音が 3 回鳴るまで押し続けます。
  2. 両方のボタンを離します。

別のiPadにバーコードスキャナーを接続する場合も、上記の手順を繰り返します。

その他の端末(iPhone/Android)に周辺機器を接続するには?

iPhoneと接続する場合は、iPhoneに周辺機器を接続するのページをご覧ください。

Androidに接続する場合は、 Androidに周辺機器を接続するのページをご覧ください。