在庫管理機能を利用する

在庫管理機能を使用すれば、商品ライブラリに登録している商品の在庫数を管理することができます。モバイル端末上のSquarePosレジアプリから、在庫数が登録されている商品が販売されると、Squareデータの在庫数も自動的に連動します。

商品ごとの在庫管理をオンにする

在庫管理をオンにすると、商品の在庫数が設定した「しきい値」に達したり、商品が売り切れたりした場合に通知します。これは仕入れや在庫補充のタイミングを知るのに便利です。商品ごとの在庫管理を有効にするには、次の手順を行います。

  1. お使いのパソコンからSquareデータにアクセスして、[商品ライブラリ] タブに進みます。
  2. 商品の一覧から在庫管理をオンにする商品を選択します。
  3. 在庫の項目で、店舗を選択します。
  4. [商品の在庫管理とアラートの設定]をクリックします。
  5. 在庫管理ポップアップウィンドウが表示されたら、[在庫確認] チェックボックスが選択されていることを確認して、[在庫数] に数量を入力します。
  6. 在庫が減った際に通知を受け取るには、[通知] チェックボックスを選択して、通知のしきい値を入力します。
  7. 編集内容を確認して、[保存] をクリックします。

注意: 複数の店舗を登録している場合は、在庫は店舗ごとに登録や編集が必要になります。

複数商品の在庫管理をまとめて有効にする

CSVファイルを使えば、在庫情報を一括でアップロードすることができます。

  1. お使いのパソコンからSquareデータにアクセスして [商品ライブラリ]タブをクリック後、 画面右上にある[エクスポート]ボタンをクリックし、 CSV ファイルをエクスポートします。
  2. Googleスプレッドシートにアクセスし、新しいスプレッドシートを開きます。 (Googleドライブへのログインが必要です。Googleアカウントを持ってない場合は、Googleアカウントを作成のうえ、利用してください。)
  3. Googleスプレッドシートのメニューバーから [ファイル] > [インポート] を選択します。
  4. [アップロード] をクリック後、SquareデータからエクスポートしたCSVテンプレートを選択します。
  5. [現在のシートを置換する]を選択し 、[インポート]をクリックします。
  6. Googleスプレッドシート上で、[新規の数量 (店舗名)]に商品ごとの在庫数を入力します。現在の在庫が0の場合は、新規の数量の欄0と入力すると、該当の商品の数量は0に置き換えられます。
  7. 編集が完了したら、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] > [カンマ区切りの値 (.csv、現在のシート) ]を選択し、CSV形式でパソコン上に保存します。
  8. Squareデータの商品ライブラリへ戻り、[インポート] をクリックします。
  9. 商品ライブラリの編集 にチェックを入れ、 [次へ]をクリックします。
  10. 該当のCSVファイルを選択、もしくはドラッグ&ドロップし、[アップロード] をクリックします。
  11. 属性の割り当てを確認後、[OK]をクリックします。​

ポイント :

  • 現時点では、Squareデータからのみ在庫管理機能をオンにしたり、在庫情報を管理したりできます。Square POSレジアプリからは行えません。
  • 在庫管理のCSVファイルから直接商品の編集ができます。詳しくは 商品ライブラリの一括編集をご確認ください。