システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square オンラインビジネスのドメインおよびICANNのWHOISデータベース

ドメインの登録と管理は、ウェブサイト管理の重要部を占めます。この記事ではICANNとは何であるか、ICANNが加盟店さまとドメインにどういった関係があるのあるのかについて説明いたします。またWHOISデータベースとその検索ツール、および加盟店さまと連絡先情報との関係についても触れていきます。

ICANN

ICANNは、世界中のドメイン名の登録を監視する国際的非営利団体です。ドメインをご自身の連絡先情報で登録した場合、WHOISと呼ばれるICANNの公開データベースにオンライン登録されます。ドメインのライフサイクルおよびRGPの詳細、およびWHOISデータベースの詳細、および加盟店さまの個人情報との関係については、ICANNのウェブサイトをご覧ください。

ICANNから直接サポートを受ける必要がある場合は、ICANNのグローバルサポートセンターにアクセスしてください。

WHOISレジストリ

ICANNによれば、ウェブ上で登録されているすべてのドメインに、そのドメインを登録した人物または団体の現在の連絡先情報が必要です。この情報は公開されているWHOISデータベースに保存され表示されます。連絡先情報は必要なのですが、公開にする必要ははありません。詳細は以下をご覧ください。

WHOIS連絡先情報を管理する

ドメインのWHOIS登録者連絡先情報を管理するには、以下の指示に従ってください。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページドメインタブにアクセスします。

  2. 対象のドメインを選択します。

  3. [連絡先情報] で、変更する情報の横にある [編集] を選択します(
    ほとんどの場合 [登録者]、[管理]、[技術] の連絡先情報
    は同一となります)。

  4. 終了したら [保存] を選択します。

domain-whois-info

注意: 登録者連絡先情報(メール、電話番号、氏名、住所)を変更すると60日間のレジストラロックの状態になり、この期間中はSquareからドメインを移管することができません。ドメインをすぐに完全移管したい場合は、登録者情報を更新しないでください。

WHOIS連絡先情報を閲覧する

あなたの、または誰かの公開されているWHOIS連絡先情報を閲覧するには、WHOISの検索ツールを使用することが可能です。連絡先情報が非表示になっている場合は、非表示/編集済み、ドメイン登録会社に所属、またはその他の公共団体に所属、のいずれかが検索結果として表示されます。

WHOIS連絡先情報をプライバシー保護により非表示に

「プライバシー保護」機能により、お持ちのドメインのWHOIS登録者連絡先情報を非表示にできます。デフォルトでは、ドメイン登録のときの必須情報はすべてICANNWHOISデータベースで公開登録されますので、誰でもWHOISの検索ツールを使用して、あなたのウェブサイトが公開されているか否かに関わらず、あなたを検索できます。

多くのスパム、詐欺、電話勧誘がWHOISの検索ツールを使用して個人情報を収集し、目的に合わせて利用しています。「プライバシー保護」では加盟店さまの情報ではなく、弊社の情報をWHOISデータベースに送信いたします。その後スパムメールを取り除いて、真正なメールをプライベートに転送いたします。

このサービスをご利用いただいても、ドメインの所有権は100%加盟店さまのものですのでご安心ください。またサイトへのアクセスを阻害するものでもありません。加盟店さまの個人情報を守るためのサービスとなっております。

また、本サービスのご利用に追加料金はかかりません。「プライバシー保護」はSquare オンラインビジネス経由でSquareが登録しホストする、すべてのドメインに含まれています。

他社によりホストされているドメインをお持ちの場合は、そのドメインホストに「プライバシー保護」を付加することを依頼する必要があります。同サービスが有料である場合は、代わりに、すでに公開されている連絡先情報(事業所の情報など)を利用してドメインの管理上の連絡先情報を更新することが可能です。

WHOIS連絡先情報認証メール

Squareでドメイン名を登録する、Squareへとドメインを移管する、またはドメインの連絡先情報を変更すると、連絡先情報を認証するためのリンクが記載されたメールが届く場合があります。ICANNはすべてのドメインのWHOIS連絡先情報の正確さを徹底させるよう登録会社に義務付けているため、その措置の一環として認証メールが送付されます。ドメイン名の一時停止を回避するため、必ず速やかにリンクをクリックしてください。

認証を怠ったためドメインが一時停止となった場合、ウェブサイト(およびメールなどの関連サービス)が機能しなくなります。認証メールを再送するには、SquareアカウントにログインしてSquare オンラインビジネスの概要ページの [ドメイン] タブにアクセスし、表示されている認証メール再送用リンクを使用します。その後、必ずメールに記載されている指示に従いドメインの一時停止を解除して、ウェブサイトをオンラインに復帰させてください。

また年に1回連絡先情報が正確であるか確認するため、認証メールがSquareの登録会社「Register.com」から送付されます。これらのメールを受け取っても、連絡先情報の更新が不要であれば、通常何も行う必要はありません。