システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square レストランPOSレジの伝票管理

レストランを運営するビジネスでは、さまざまなお客さまからの、多種多様なオーダーに対応する必要があります。Square レストランPOSレジの伝票管理機能を利用すると、ニーズに合わせて伝票をカスタマイズ、更新、編集することができます。

注意:一度伝票を作成すると、レポート機能を使って、シフト中のレストランの売上をリアルタイムで追跡できます。売上をリアルタイムで確認するには、Square レストランPOSレジアプリの [ライブ売上を表示] にアクセスしてください。

併せてSquare POSレジ、Square レストランPOSレジ フリープランとプラスプランの機能の比較一覧もご確認ください。

アクション

伝票管理システムにアクセスするには、まず有効な伝票を開いてください。操作を伝票全体に行うのか個別の商品に行うのかにより、操作メニューに表示されるオプションが異なります。

  • 個別の商品を編集するには、伝票内で対象の商品をタップします。

  • 伝票全体を編集するには、画面下部のナビゲーションバー内の [アクション] をタップします。

バーまたは商品ボックスでは、以下のいずれの操作も行えます。

伝票を移動:伝票を別の伝票(新規/既存)に移動できます。
伝票を割り当て:伝票の担当者を別のスタッフに変更できます。売上とチップは、新しい担当者に帰属します。
伝票を無料提供:個別の商品または伝票全体を無料提供できます。
伝票を取り消す:個別の商品または伝票全体を取り消しできます。
伝票を分割:商品を別々の伝票に分割できます。これは、サービス終了時に行う個別精算するとは異なります。
オーダーシートを再印刷:レシートプリンターやキッチンプリンターからオーダーシートを再印刷できます。
新商品を削除:最近伝票に追加された商品のうち、まだキッチンに送信されていないものをすべて削除します。

伝票名とメモ:伝票名を更新したり、伝票に直接メモを追加したりできます。メモはキッチン用のオーダーシートにのみ印刷され、お客さま用の伝票やレシートには印刷されません。
ダイニングオプション:伝票にダイニングオプションを割り当てられます。[店内利用]、[テイクアウト]、[デリバリー]、[受け取り]、その他の設定済みカスタムオプションから選択できます。
座席:伝票に記載されている座席数や占有数を更新できます。またテーブルや座席の位置に占有数を割り当てて、Square レストランPOSレジ端末からそのテーブルに商品を指定することもできます。
自動チップ:手入力で自動チップを適用(または削除)して、すべての伝票に自動的に適用させたり、座席数を基に伝票に適用させたりすることができます。
ディスカウント:伝票にすでに適用されているディスカウントを表示(または削除)できます。
特典:伝票に適用して、お客さまが特典を利用できるようにします。

計算機:計算機を開いて、すぐに計算できます。
任意の金額:商品を追加することなく、伝票に任意の金額を追加できます。
ギフトカード:お会計時にお客さまのギフトカードを利用できるようになります。ギフトカードへのチャージも可能です。
商品の状況:商品の状況をすぐに更新できます。必要に応じて、商品をその場で販売不可にすることもできます。
ドロワーを開く:売上を完了せずに、キャッシュドロワーを開くことができます。

伝票に戻るには、[作成/編集/削除を終了] をクリックします。

保留中伝票を編集する

保留中伝票を編集するには、次の手順を行います。

  1. 任意の伝票を開き、[商品を編集] をタップします。

  2. 更新する商品を選択して、[商品を編集] をタップします。ここから、以下の操作を行えます。

  • 移動:商品を別の保留中伝票に移動できます。

  • 再度注文:伝票内の商品を再度注文できます。

  • 無料提供:伝票に商品は残りますが、その商品の金額が伝票の合計額から差し引かれます。

  • 削除:伝票から商品が完全に削除されます。

3. 準備ができたら、[完了] をタップします。

注意:現時点では、Square POSレジアプリで作成したオーダーシートのうち、小数点以下の数量を使用する商品を含むものは、Square レストランPOSレジアプリには表示されません。

現在、Square レストランPOSレジアプリでも小数点以下の数量に対応できるよう取り組んでいます。加盟店コミュニティで、アプリの更新情報を定期的にご確認ください。

会計済み伝票を保留会計に戻す

誤ったチップ額を入力してしまった場合や、お会計後にドリンクの追加注文があった場合には、営業締め時間のレポートを実行する前ならいつでも、締めた伝票を保留会計に戻すことができます。チップ額の調整、商品の追加、商品の無料提供、締めた伝票の転送などを、すばやくかんたんに行えます。

伝票を保留会計にしたら、商品や任意の金額を伝票に追加して、お会計の合計額を調整できます。もう一度支払いを処理するには [支払い] をタップして、保存されている支払方法を選択します。[チップを受け取る] が有効である場合は、支払い処理後にチップを調整することができます。注意:チップの再調整を行うには、[印刷したレシートにサインをもらう] をあらかじめ有効に設定しておく必要があります。

会計済み伝票を保留会計に戻して払い戻しを行う

Square レストランPOSレジで会計済み伝票を保留会計に戻すには、2通りの方法があります。

  • 支払方法を戻して保存:最近の会計済み伝票を再開でき、当初使用された支払方法を引き続き使用することができます。

  • 支払方法を戻して削除:会計済み伝票を再開すると、支払方法は自動的に削除され、元の支払額は払い戻しされます。

注意:デフォルトでは [支払方法を戻して保存] が有効になっていますが、設定はいつでも変更できます。

操作は次の手順で行います。

  1. Square データ の [POSレジ] にアクセスして、[サービスの設定] を選択します。

  2. [伝票を保留会計に戻す] をクリックします。

  3. [支払方法を戻して保存] または [支払方法を戻して削除] を選択します。

  4. [保存] をクリックします。

注意:伝票を保留に戻す際に [支払方法を戻して削除] を選択すると、自動的にお客さまへの払い戻しが行われます。

POSレジの [サービスの設定] は、端末ではなく店舗を対象としています。たとえば、伝票を保留に戻す手順を更新すると、特定店舗で使用しているすべての有効な端末に変更が反映されます。複数の店舗を運営しているビジネスで、すべての店舗を対象に伝票を保留に戻す手順を変更したい場合は、それぞれの店舗で個別に手順の更新・保存を行ってください。

アプリから会計済み伝票を保留会計に戻す

サービスの設定を保存すると、伝票を保留会計に戻せるようになります。

操作は次の手順で行います。

  1. 画面下部にある [お取引] をタップします。

  2. 保留会計に戻したい伝票を選択します。

  3. [伝票を保留会計に戻す] をタップします。

  4. [伝票を保留会計に戻す] を確定します。

注意:端末がオフラインモードになっている場合、会計済み伝票を保留会計に戻すことはできません。伝票を保留会計に戻すには、必ずWi-Fiまたは携帯電話のデータ通信に接続してください。

会計済み伝票の支払方法を切り替える

Square データの [サービスの設定] で、[支払方法を戻して保存] を有効にしている場合、営業締めレポートを実行する前なら、会計済み伝票の支払方法を切り替えることができます。

操作は次の手順で行います。

  1. 使用中のテーブルを選択するか、取引履歴を検索して、伝票を特定します。

  2. 伝票をタップして、伝票詳細ページを表示します。[伝票を保留会計に戻す] をタップして、[保留会計に戻す] ことを確定します。

  3. カートビューに、カードのリストが表示されます。対象のカードをタップして [削除] を選択します。

  4. 削除する支払いカードを確定したら、別の支払方法でもう一度支払いを処理できます。

伝票を払い戻す

Square レストランPOSレジアプリで払い戻しを処理するには、以下の手順を行います。

  1. 画面下部の [お取引] をクリックします。

  2. 払い戻しをする伝票を選択して、[払い戻し] をタップします。

  3. 商品を選択するか、払い戻す金額を入力します。

  4. [次へ] をタップします。

  5. 理由を選択して、[払い戻し] をタップします。

  6. すべて設定したら、[完了] をタップします。

さらに詳しくは、Squareで払い戻しを行うをご覧ください。

お探しの答えが見当たりませんか?