システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

事前定義伝票を使う

伝票グループは保留会計の伝票を整理するのに役立ちます。 同じ伝票名を頻繁に使用する場合は、事前定義伝票を使い、伝票グループごとに伝票の名前を作成できます。 従業員は新しい伝票を作成するときに、登録済みの伝票グループのリストから伝票を選択することができます。

注意: 現時点でこの機能がご利用できるのは、Square POSレジアプリでは、 iPadとAndroid タブレットのみです。Square Terminalでもご利用が可能です。(Square POSレジアプリをiPhoneとAndroid スマートフォンでご利用いただいている場合、この機能はご利用できません。)

事前定義伝票を有効にする

この機能を有効にすると、伝票グループと事前定義伝票の作成が可能です。また、グループごとに保留伝票の数を指定できます。

  1. Squareアプリから画面右上の3本の水平線をタップしてメニューに移動するか、Square Register上部の下矢印をタップします。

  2. [設定] > [保留会計] をタップし、[保留会計] をオンにします。

  3. [事前定義伝票を使う] をオンにします。

事前定義伝票と伝票グループを作成する

自動伝票名の設定は以下の手順を行います。

  1. [設定] > [保留会計]をタップし、[伝票グループを作成] をタップします。

  2. 伝票グループの[名前]を入力します。(例: テーブル)

  3. [自動伝票名]の選択

  4. [伝票の数] を入力し、[保存] をタップします。

例えば、自動伝票名を選択し、伝票グループ名を「テーブル」として作り、「伝票の数」を10にすると、「テーブル1」〜「テーブル10」という伝票が自動的に作成されます。

カスタム伝票名の設定は、以下の手順を行います。

  1. [設定] > [保留会計]をタップし、[伝票グループを作成] をタップします。

  2. 伝票グループの名前を入力します。(例: 個室)

  3. [カスタム伝票名]の選択

  4. 伝票グループの中に複数の [伝票名] を設定し、[保存] をタップします。

例えば、カスタム伝票名を選択し、「個室」という伝票グループを作り、その中に「松の間」「竹の間」「梅の間」など任意の伝票名を事前に設定できます。

保留伝票メニューをホーム画面として使う

この機能をオンにすると、保留会計のメニュー画面がSquare POSレジのホーム画面になります。お会計後はキーパット画面に戻らず、保留会計のメニュー画面に自動的に戻るので、保留会計機能を頻繁に使いオーダーを取る場合は便利です。

  1. Squareアプリから画面右上の3本の水平線をタップしてメニューに移動するか、Square Register上部の下矢印をタップします。

  2. [設定] > [保留会計] をタップし、[保留伝票メニューをホーム画面として使う] をオンにします。

事前定義伝票を実際に使う

  1. 保留会計メニューのホーム画面で、右上にある [新規伝票] ボタンをタップするか、 伝票グループの中にある該当の伝票をタップします。

  2. 伝票を保存したいグループを選択します。

  3. 該当する伝票を選択します。

注意: 任意で作った伝票やグループの中にない伝票を探すには、[すべての伝票]もしくは[任意の伝票]の項目からみつけることができます。