ホーム画面に戻る

Square リテールPOSレジの在庫消化率レポート

Square リテールPOSレジの在庫消化率レポートでは、在庫管理を効率的に行うために欠かせないあらゆる情報が、見やすく整理して表示されます。在庫管理にかかわる情報を把握することで、在庫の購入を的確なタイミングで行うことができ、また価格の調整や、デッドストックの特定などの作業にも役立ちます。

在庫の消化率を計算する

在庫の消化率とは、取引先から入荷した在庫数量と、特定の期間に実際に販売した数量を比較した割合のことです。選択した期間内に販売した製品の数量を、その期間の開始時の手持ち数量とその期間内に入荷/調整した数量の和で割ります。その値に100をかけたものが消化率です。

業界や商品により消化率は異なりますが、およその目安として消化率80%以上の商品は優秀、40%未満の商品は要注意だと捉えることができます。消化率が100%を超える場合は、商品やバリエーションが売れ過ぎて在庫がマイナスになっていることを意味します。

消化率レポートを表示・調整する

消化率レポートを表示するには、次の手順を行います。

  1. Square データにアクセスします。

  2. [レポート] > [在庫レポート] > [在庫消化率] の順に選択します。

レポートの情報を、商品名、SKU、GTINで検索したり、内容を店舗別、カテゴリ別、取引先別、期間別に絞り込んだりすることができます。バリエーションを展開したり折りたたんだりするには、「商品」列ヘッダーの左側にある青い矢印をクリックします。表の並び順を変更するには、上下矢印が付いている列ヘッダーをクリックします。表内に表示する列を変更するには、[+] マークをクリックします。レポートには、「消化率」、「手持ち」、「販売済み」、「販売速度」などの列が表示されます。販売単位の選択肢が複数あるバリエーションの場合、消化率レポートには在庫が単位別に表示されます。消化率レポートを調整し終わったら、[エクスポート] をクリックしてレポートをエクスポートすることもできます。エクスポートしたレポートには、適用したフィルターや並べ替えが反映されます。

また消化率レポートにさまざまなアクションを含めて、レポート内で生成される商品を更新するときに使用することもできます。[レポート] > [在庫レポート] > [在庫消化率] > [アクション] の順にアクセスすると、以下のようなアクションを使って、商品をすばやく調整できるようになります。

  • 追加注文

  • 注文書を表示

  • ディスカウントを適用

  • マーケティング キャンペーンを作成

  • 商品価格を再設定する

  • 在庫少アラートを編集

注意:消化率レポートを生成するには、[商品] > [設定] > [在庫] の順に選択して、あらかじめ商品在庫管理を必ずオンにしてください。また消化率レポートを作成するには、商品・バリエーションが過去365日以内に販売されたか、在庫調整が行われていることが条件となります。

消化率を理解し利用する

消化率が高い商品の在庫を再入荷する

消化率の高さは、人気商品の指標であると同時に、在庫補充が不十分であることも表します。「手持ち数量」、「販売速度」、「在庫切れ」などのデータを参照することで、在庫を再入荷するタイミングを的確に判断することができます。

在庫過剰商品を宣伝・ディスカウントする

消化率の低さは、商品が在庫過剰であるか、売れ行きが不調であることを表します。この場合、商品の宣伝をする、店内での配置を変える、ディスカウントを行うなどして、供給量を減らし、消化率が上がるようにします。

消化率が低い商品の販売を打ち切る

消化率が継続的に低い商品については、打ち切ることや代替商品にすることを検討してみましょう。

消化率レポート用語集

  • 消化率:入荷した在庫数量を、指定の期間中に実際に販売された数量と比較した割合です。

  • 手持ち数量:指定の期間中に販売した商品・バリエーションの数量です。

  • 販売速度:過去30日間における1週間あたりの商品の平均販売数です。

  • 最終販売:商品・バリエーションを最後に販売した日付です。

  • 最終入荷:商品・バリエーションの在庫を最後に入荷した日付です。

  • 在庫切れ:販売数と在庫履歴に基づいて、商品・バリエーションが在庫切れになるタイミングを予測したものです。

  • 発注数注文書に記録されている発注を行った商品・バリエーションの数です。

FAQ

消化率レポートはその日の在庫内の商品の追加、販売、転送にともないライブで更新されますか?

いいえ。消化率レポートは在庫関連データのスナップショットですので、ライブで変更は反映されません。レポートは毎晩24時間ごとに更新され、最後の更新時のタイムスタンプが表示されます。

店舗間で商品を転送すると消化率レポートにどのような影響が出ますか?

転送された在庫数は、期間の開始時点ですでに転送先の店舗にあったものとして扱われます。

たとえば店舗が2つあり、7日間で以下の操作を行ったとします。

  1. 店舗Aにシャツが10枚あり、
  2. 店舗Bにシャツが3枚あります。
  3. 店舗Aでシャツを4枚販売し、
  4. 店舗Bでシャツを3枚販売しました。
  5. 店舗Aから店舗Bにシャツ5枚を転送しました。
  6. 店舗Bでシャツを5枚販売しました。

このケースでは、店舗Aの消化率は (4枚販売) / (当初10枚 - 5枚転送) = 4/5 = 80%となります。

店舗Bの消化率は(5枚販売 + 3枚販売) / (当初3枚 + 5枚転送) = 8/8 = 100%となります。

消化率では季節性が考慮されますか?

消化率では季節を考慮に入れることはありませんので、季節特有の商品の売れ行きを予測する場合には注意が必要です。たとえばパンプキンスパイスは、3月よりも10月によく売れるでしょう。

お探しの答えが見当たりませんか?