システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>ご利用のSquare 請求書アプリ上にある請求書

Square 請求書アプリで請求書を管理する

Square 請求書アプリから請求書の支払いを受け付ける

Square 請求書アプリで、請求書へのお支払い手続きを行います。

  1. ナビゲーション バーで、[請求書] を選択します。

  2. リストから請求書をタップするか、モバイル端末で請求書を作成する方法をご覧ください。

  3. 請求書のステータス情報の下にある [決済を追加] をタップし、[今すぐお会計] を選択します。

  4. お客様のカードをスワイプ、挿入、タップするか、その他の支払い方法(保存済みカード情報、現金、ギフトカード、小切手他)を選択します。

  5. 取引が完了すると、画面に「請求書が支払われました」と表示されます。

  6. 請求書に入力されたお客様のメールアドレスに支払いの確認が自動送信されます。

メモ:請求書の作成時に、チップ機能を有効にしたり設定したりできます。

注意:請求書支払いはレシートへの署名や端末画面に表示されるカード上の署名には対応していません。端末で [端末上でサインをもらう] が無効に設定されているからではありません。

加盟店コミュニティ:質問をしたり、回答を得たり、他のSquare加盟店が対面での請求書支払いを受け付ける方法を調べたりできます。

Square 請求書 Plusで、請求書の支払いを合理化、カスタマイズ、および整理しましょう。プランをアップグレードすると、複数パターンの見積もりへのアクセス、承諾された見積もりの請求書への自動変換、カスタムフィールドやコンテンツテンプレートの作成を、すべてSquare 請求書アプリから行えます。無料で30日間お試しいただけます。

Square 請求書アプリでの請求書の再送信またはアーカイブ

  1. ナビゲーション バーで、[請求書] を選択します。

  2. リストから、編集する請求書を選択します。

  3. 画面の右上隅にある [編集] ボタンをタップします。請求書をキャンセルする場合は、画面下にある [請求書をキャンセル] をクリックします。

  4. 必要に応じて内容を修正し、請求書を [再送信] します。

  5. 請求書を編集またはキャンセルするとこれが通知されるため、CCの受取先リストを確認または変更します。

請求書のアーカイブ

キャンセルされたものや支払い待ちのものを含め、請求書は個別のアーカイブに移動できます。これにより、整理された状態を保ち、古い請求書や関連性の低い請求書を非表示にすることができます。

操作は以下の手順で行います。

  1. ナビゲーション バーで、[請求書] を選択します。

  2. リストの中からアーカイブする請求書を選択します。

  3. 画面を下にスクロールし、[その他] > [アーカイブ] の順にタップします。

請求書を元に戻す場合は、メニューから [アーカイブ解除] を選択します。

アーカイブした請求書をすべて表示するには、上部の [全ての請求書] をクリックし、メニューから [アーカイブする] を選択します。

請求書をカスタマイズする

デフォルトの請求書設定をカスタマイズし、以下のフィールドを設定するオプションをご用意しています。

  • 基本設定: 請求書をどのようにいつ送信するか、支払期限をいつにするかを選択できます。また、届け先住所のリクエストまたは請求書リマインダーの設定も行えます。

  • 請求書のカスタマイズ: 請求書のタイトル、メッセージ、追加のカスタムフィールド(指示、利用規約、キャンセル規則、その他の詳細の記載に使用)を追加できます。

  • 支払い設定: 受け付け済みの支払方法、Square 請求書で登録済みのカードを使用しての決済、およびチップオプションの追加など、新規請求書のデフォルトの支払い設定を設定できます。

すべてのカスタマイズ可能なフィールドは、個々の請求書で上書きができます。

利用規約や返品規則といったカスタマイズ可能なフィールドを追加して、そのカスタムフィールドを請求書のどこに配置するかを選べます。

請求書の作成時の [支払いオプション] の後に、[カスタムフィールドを追加] を選択します。カスタムフィールドのタイトル、テキスト、位置を指定して、[保存] を押します。ここからは確認を行い、いつものやり方で請求書を送付します。

詳細については、レシートおよび請求書をカスタマイズするをご覧ください。

Square 請求書アプリで請求書をシェアする

請求書をモバイル端末からそのまま共有します。

  1. Square POSレジアプリを開き、[請求書] をタップします。

  2. [請求書を作成] をタップします。

  3. [送付方法] フィールドで [URLを手動で共有する] をタップします。

  4. 必要事項を入力し終わったら [作成] をタップします。

  5. [リンクをコピー] をタップすると、共有用のURLがクリップボードにコピーされます。または [その他のオプション] をクリックすると、お客様と請求書を共有する方法をメール、SMS、その他のソーシャルメディア媒体などから選択することができます。

リンクの共有ボタンは作成済みの請求書にも表示されます。請求書の詳細画面の一番下にあるURLをコピーして、モバイル端末で共有してください。

注意:現時点では、モバイルブラウザから請求書の印刷はできません。

リマインダーを設定する

  1. 請求書の作成時に、画面を下にスクロールして請求書の詳細を表示します。

  2. [リマインダー] をタップし、[支払いのリマインダーを設定] をオンにします。

  3. デフォルトオプションを編集するか、[リマインダーを追加] をクリックして別のオプションを追加します。

  4. 必要事項を入力したら請求書の送信予約をするか、またはそのまま送信します。

請求書の支払いを済ませた後は、リマインダーが送信されることはありません。

注意:請求書をテキストメッセージ経由で送付すると、お客さま宛てに自動リマインダーは送信されません。自動リマインダーが適用されるのは、手入力またはメール経由で請求書を送付した場合のみです。

Square 請求書アプリで請求書のリマインダーを送信する

作成済みで未払いの請求書に対してリマインダーを送信します。

  1. ナビゲーション バーで、[請求書] を選択します。

  2. リストから、リマインダーを送信する請求書を選択します。

  3. 請求書詳細の一番下までスクロールして、[リマインダーを送信] ボタンをタップします。

注意:請求書をSMS経由で送付すると、対象のお客さまのメールアドレスが顧客リストに登録されている場合は、手入力のリマインダーはメール経由で送信されます。

Square 請求書アプリで請求書を複製する

  1. ナビゲーション バーで、[請求書] を選択します。

  2. リストから、複製する請求書を選択します。

  3. 請求書詳細の一番下までスクロールして、[複製] ボタンをタップします。

  4. 以前の内容で新しい請求書ページが表示されます。必要に応じて該当するセクションを変更し、画面右上隅の[送信]ボタンをタップします。

Square 請求書アプリで見積書を送信する

請求書を送信する前に、商品の価格やサービス料金の見積りを出して見込み顧客に送ることができます。

  1. ナビゲーション メニューで [+] 記号を選択し、[見積もり] をタップします。

  2. [顧客の追加]をタップして、新しい顧客を作成するか、ディレクトリから既存の顧客を追加します。必要に応じて、Cc:に含める受取先のメールアドレスを追加することもできます。

  3. 見積もりのタイトル、見積もりのID、およびカスタムメッセージを追加して、[保存] をタップします。

  4. 添付ファイルを追加するには、モバイル端末の写真を追加するか、写真を撮るか、PDFを添付するかを選択します。

  5. iOS端末の場合は [見積もりを追加] を、Android端末の場合は [続行] を選択します。

  6. 見積もりに [単位品目] または複数パターン
    を追加します。また、[送信] や [期限] の日付または [支払いスケジュール] を設定することも可能です。また、送信日、[サービス/販売日]、期限日または支払いスケジュールを設定することも可能です。

  7. 見積もりの​​詳細がすべて入力されたら、[プレビューと送信]をタップします。

見積もりを請求書に変換する

  1. ナビゲーション バーで [見積もり] にアクセスし、保留中の見積もりをタップします。

  2. 画面を下にスクロールして、[請求書に変換] を選択します。

  3. [送信]をタップすると、お客様に請求書が送信されます。

注意:見積もりを請求書に自動変換すると、変換された請求書には元の見積もりと同じ送信方法が使用されます。すなわち、見積もりがSMS経由で送信された場合は、自動変換された請求書もSMS経由で送付されます。

見積もりをアーカイブする

キャンセルされたものや支払い待ちのものを含め、見積もりは個別のアーカイブに移動できます。これにより、整理された状態を保ち、古い見積もりや重要度の低い見積もりを非表示にすることができます。

操作は以下の手順で行います。

  1. ナビゲーションバーで、[見積もり] を選択します。

  2. リストの中からアーカイブする見積もりを選択します。

  3. 画面を下にスクロールし、[その他] > [アーカイブ] の順にタップします。

見積もりを元に戻す場合は、メニューから [アーカイブ解除] を選択します。

注意:請求書や見積もりは、お客様名、メールアドレス、電話番号、件名などの項目やキーワードで絞り込んで検索することもできます。検索可能な項目の詳細な一覧については、ヘルプセンターをご覧ください。