在庫管理機能を使えば、商品ライブラリに登録した商品の在庫数を管理することができます。POSレジアプリ、Square 請求書で販売した商品の個数が自動的に在庫に反映されます。

在庫管理機能を使う場合は、ご利用のモバイル端末に最新のSquare POSレジアプリをダウンロードしてご利用ください。

商品エディタ上で在庫管理機能を使う

商品別在庫管理

在庫管理機能を有効にしておくと、商品在庫数が少なくなったときや商品が売り切れたときにSquare データ上にアラートが表示されるため、仕入れや在庫補充のタイミングが分かりやすくなります。

Square データの場合:

  1. Square データから商品ライブラリにアクセスします。
  2. 商品一覧から在庫管理をオンにする商品を選択します。
  3. 商品バリエーションごとに在庫数を編集するには、バリエーション行をクリックします。
  4. [在庫情報の変更] をクリックし、在庫数を変更して店舗ごとの在庫の操作を入力します。
  5. [在庫情報を編集] をクリックし、追跡を設定して在庫数に関するアラートを設定します。 在庫数が通知のしきい値に達するか、またはこれを下回ると、在庫アラートが生成されます。
  6. [保存] をクリックして変更を確定します。

Square POSレジアプリの場合:

  1. 3本線のアイコンをタップし、続けて [商品] をタップします。
  2. 既存の商品を作成または選択します。
  3. 商品の詳細の下に在庫数を入力するか、[販売価格、サイズ、商品番号] をタップして、複数のバリエーションを持つ商品に在庫を追加します。
  4. 在庫を調整するには、[在庫数] > [理由を選択] > [調整する金額を入力] の順にタップします。
  5. [保存] をタップします。

また、アプリ内の商品タイルから商品を長押しして、ステップ3に直接進むことができます。

複数の店舗を登録している場合、在庫情報は店舗ごとに作成、編集、管理してください。

注: Square データの [通知メール] でも、在庫情報アラートの設定をいつでも更新できます。

複数商品の在庫管理をまとめて有効にする

在庫管理は、在庫情報のExcel(.xlsx)または.CSVファイルを使って有効にすることもできます。

  1. Square データから商品にアクセスします。
  2. [インポート] > [商品ライブラリの編集] > [次へ] の順にタップします。
  3. [テンプレートをダウンロード] を選択し、フォーマットを選択します。このファイルには、商品ライブラリ全体が含まれます。
  4. ファイルを開き、[新規の数量(店舗名)] に商品の在庫数を追加します。[新規の数量] の列を変更すると、商品数が上書きされます。[新規の数量] の列に「0」を入力した場合は、対象店舗の該当商品の在庫数が「0」に上書きされます。
  5. お使いのパソコンにファイルを保存します。
  6. 保存したファイルを [在庫情報をインポート] ウィンドウにドラッグ アンド ドロップして、[アップロード] をクリックします。

在庫情報とアラートの一括管理

在庫レポートをダウンロードして、在庫数をまとめて更新したのちにインポートする機能があります。特に在庫の新規追加、在庫状況の確認に便利な機能です。

在庫レポートのダウンロードや、在庫情報の一括更新をする場合は、次の手順を行います。

  1. Square データから商品にアクセスします。
  2. ドロップダウンメニューから [在庫情報をインポート] をクリックします。
  3. [テンプレートをダウンロード] をクリックし、現在の在庫情報のExcel(.xlsx)またはCSVレポートをダウンロードします。
  4. このレポートでは、[在庫アラート有効(店舗名)] と [新規の数量] の値を更新し、Excel(.xlsx)またはCSVファイルをパソコンに保存します。
    注意: 現時点では、Excel(.xlsx)ファイルとCSV(.csv)ファイルのテンプレートのみ、一括インポートに対応しています。その他のファイルやテンプレートには対応していません。
  5. 保存したファイルを [在庫情報をインポート] ウィンドウにドラッグ アンド ドロップして、[アップロード] > [続行] > [完了] の順にクリックします。

記録用にこの情報を印刷するには、[商品ライブラリ] から [エクスポート] をクリックし、画面に表示される手順をそって行います。

メモ: 商品ライブラリを一括編集または作成する場合は、[商品のインポート] をクリックします。

在庫の操作

在庫の操作では、在庫レベルの変更や理由を追加できます。たとえば、在庫を追加または削除して、[入荷]、[在庫数上書き]、[不良品]、[盗難]、[紛失]、[返品] などの理由を割り当てることができます。