システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square オンラインビジネスでの自店舗によるデリバリーのご利用について

Square オンラインビジネスの単一オーダーページはあなたのオンラインビジネスにとって重要な軸となります。オンライン注文チャンネルを活用することで、お客さまに再度販売することが可能になり、他社にマーケットプレイスの手数料を支払うことなく、リピート客を生むことができます。

他社提携サービスのブランド認知度の高さと競合レストランが多数存在することを考えれば、自店舗によるデリバリーの自店舗によるデリバリーサービスを宣伝するのは困難であると思われるかもしれません。この包括的な記事で、オンラインオーダーページへのトラフィックを増やし、加盟店さまと顧客の間の取引を直接的な形に維持する方法を学んでいただけます。以下の詳細をご覧ください。

配送設定、機能、料金を活用する

配送料金は、お客さまが配送アプリを利用したり、競合他社に注文することなく、あなたに直接注文する頻度に大きく影響します。ここでは、利益を守りながら注文量を最大にするための配送、機能、料金の設定方法のヒントをご紹介します。

サービス料を加算する

自店舗によるデリバリーのデリバリー手数料のすべてまたは一部を埋め合せるには、そのコストをサービス料として加算して相殺することをご検討ください。少額のデリバリー手数料は当然のことと受け取られる可能性が高いですし、お会計のときに消費税とまとめて計上されますのでこの額に神経質になるお客さまは少ないと思われます。加盟店さまはこのサービス料を100%お受け取りいただけます。

Square オンラインビジネスのデリバリーオーダーにサービス料を追加するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスします。
  2. 店舗の作成・設定をまだ行っていない場合は、まず店舗を追加します。すでに店舗が設定されている場合は、対象店舗の [設定] を選択するか、または [店舗を編集] を選択します。
  3. [デリバリーの設定] を編集します。
  4. [サービス料] でこのオプションをオンに切り替え、デリバリー機能の利用にかかるコストを相殺するための金額を入力します。
  5. [続行] を選択して先に進みます。および/または、完了したら [保存] を選択します。

一定額以上のオーダーのデリバリー料金を無料にする

より高額な自店舗によるデリバリーのオーダーへの特典としてデリバリー料金を無料にし、まとまった額での購入を促しましょう。本オプションを設定するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスします。
  2. 店舗の作成・設定をまだ行っていない場合は、まず店舗を追加します。すでに店舗が設定されている場合は、対象店舗の [設定] を選択するか、または [店舗を編集] を選択します。
  3. [デリバリーの設定] を編集します。
  4. [デリバリー料金] で、「一定額以上のオーダーのデリバリー料金を無料にする」を選択します。
  5. [続行] を選択して先に進みます。および/または、完了したら [保存] を選択します。

オーダー最低額を設定する

デリバリー手数料の一部またはすべてを埋め合せるため、デリバリー最低額を設定して、赤字になるデリバリーオーダーを受け付けないようにできます。オーダー最低額を設定するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから [お届け方法] > [受取とデリバリー] の順にアクセスします。
  2. 店舗の作成・設定をまだ行っていない場合は、まず店舗を追加します。すでに店舗が設定されている場合は、対象店舗の [設定] を選択するか、または [店舗を編集] を選択します。
  3. [デリバリーの設定] を編集します。
  4. [オーダー最低額] オプションをオンに切り替えて、金額を入力します。
  5. [続行] を選択して先に進みます。および/または、完了したら [保存] を選択します。

デリバリークーポンコードを作成する

専用のクーポンコードを使い、初めてオーダーする顧客向けにディスカウントクーポンを発行して、自店舗によるデリバリーサービスの利用を促すことができます。オンラインクーポンは、Square オンラインビジネスの概要ページの [商品] > [クーポン] または [共通設定] > [クーポン] の順にアクセスして設定できます。

詳細については、Square オンラインビジネスでクーポンを作成するをご覧ください。

オンラインメニューで成功体験を作成する

メニューを説明したり、キッチンからテーブルまで商品を運んだりするスタッフがいなくても、お客さまが完璧な食事を選び、シェフの思惑通りの目的にたどり着くためには、個別のサポートや情報が必要になります。ここでは、オンラインメニューの料理を設定する際のヒントをご紹介します。

見た目でしっかりアピールする

飲食店に足を運ぶお客さまは、匂いを感じ実際の食事を見ることができます。オンラインのオーダーではその代わりに、仮想メニューで臨場感を出すことが必要です。美味しそうな食事の写真でお客さまを魅了するのです。各メニューアイテムに高品質な画像を載せて、お届けしたときの状態がこれらの画像とほぼ同じに見えるようにすることが重要です。

ウェブサイトにメニュー商品の画像を追加するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから [商品] > [サイト商品] の順にアクセスします。
  2. リストから商品を選択します。または [新規商品を登録する] を選択して、新しい商品を追加します。
  3. [メディア] で、画像を商品に追加します。
  4. 商品へのその他の変更をすべて入力し、完了したら [保存] を選択します。

詳細については、Square オンラインビジネスの製品画像をご覧ください。

分かりやすく説得力のある説明を書く

オンラインのお客さまは、レストランでのようにスタッフに質問することができませんので、メニューの説明は分かりやすく書いてください。主な素材を挙げて、食事制限やアレルギーに関する警告も記載すれば、お客さまも安心してオーダーすることができます。

商品説明への変更は [Squareとの同期] を利用すると、Square オンラインビジネスとSquareの商品ライブラリとの間で同期されます。商品説明のエディタ内でリッチテキストスタイル(太字体、イタリック体、箇条書き/番号付きリスト、など)を使用する場合は、商品説明の同期を無効にして説明をさらに分かりやすく、そして読みやすくすることができます。

Square オンラインビジネスとSquareの商品ライブラリの間で説明の同期を無効にするには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページから、[商品] > [商品同期] または [共通設定] > [商品同期] の順に進みます。
  2. [同期の設定] で [商品の説明を同期する] をオフに切り替えます。

詳細については、Square オンラインビジネスで飲食物を販売するをご覧ください。

フードカテゴリでメニューを整理する

カテゴリを使用して、お客さまがお探しの食事を見つけやすくしましょう。たとえば、メニューを前菜、メイン、デザート、副菜、ドリンクに分けることができます。また、肉、魚、ベジタリアンなど食事のタイプ別のカテゴリを追加すれば、多様なお客さまに対応していることを知ってもらえます。

カテゴリを作成するには、Square オンラインビジネスの概要ページから [商品] > [サイトカテゴリ] の順にアクセスして、[カテゴリを追加] を選択します。詳細については、Square オンラインビジネスに商品やカテゴリを追加するをご覧ください。

食品安全対策を共有する

COVID-19パンデミックにより、多くの人々が健康と安全により気を遣うようになっています。調理中およびデリバリー中にあなたのレストランで行っている、さまざまな対策を分かりやすく記載しましょう。たとえば、デリバリー担当のドライバーは全員マスクとグローブを着用している、などです。この情報をバナーとしてウェブサイトの全ページまたは選択したページに表示して、詳細情報を確認できるリンクを用意するのも良いでしょう。

安全に関する情報をはっきりと記述し、お客さまに読んでいただけるよう、ポップアップおよびSquare オンラインビジネスのサイトにテキストを追加するの詳細をご確認ください。

パッケージを検討する

食事をできる限り新鮮に保つパッケージを選択しましょう。たとえば、オーブンで焼いた製品には密閉容器が必要かもしれませんし、冷凍食品には保冷剤入りの断熱パッケージが必要です。衝撃に弱い食品には緩衝材でしっかり保護する必要があります。主に受け取りおよび/またはデリバリーのためにメニューを適応させる場合に、これらを考慮に入れてください。高額なカスタムパッケージがあまり必要でないメニューを優先させるのが良いでしょう。

持ち運びに適したメニューを提供する

お客さまの多くは、オンラインで見たメニューの画像と同様の食事がデリバリーの場合にも届くと期待しています。加盟店さま側としては、持ち運ぶ際に形がくずれにくいメニューを選ぶのが良いと思われます。

お客さま側で盛り付けなどが必要なオーダーの場合は、デリバリーオーダーに指示書やガイダンスを必ず含めて、自宅でもレストランにいるかのような体験ができるようにしましょう。また、この情報をウェブサイトに追加することもできます。詳細については、Square オンラインビジネスのサイトにテキストを追加するをご覧ください。

体験を再現する

多くのお客さまが受け取りやデリバリーを利用していますが、レストランでサービスを受けるという包括的な体験が恋しいときっと思っていらっしゃるはずです。通常のオンラインメニューに加えて、特定のテーマや曜日のディナー向けにカスタムメニューまたはコースメニューを考案して(デートナイトメニュー、ムービーナイトメニューなど)、自宅での食事をより特別で楽しいものにするお手伝いをしてみてはいかがでしょうか。

特定の曜日および時間帯を対象としたメニューを設定するには、時間限定カテゴリを使用してみてください。詳細については、Square オンラインビジネスの時間限定カテゴリをご覧ください。

注文方法の認知度を高める

レストランがオンラインでの直接注文の量を増やすための大きな壁の一つは、お客さまがお気に入りのレストランで利用できる注文方法を知らないことです。また、多くのお客さまは、レストランに請求される手数料を考えずに、なじみのある他社のマーケットプレイスから注文する習慣があるからかもしれません。

幸運なことに、あなたはすでに直接配達サービスを学び、お客さまに認識していただくために使用できるマーケティングチャネルを持っているということです。ここでは、お客さまにあなたの配達サービスを知っていただくためのいくつかのヒントを紹介します。

サイトのポップアップおよびバナー

ウェブサイト上で、デリバリサービスを目立たせましょう。オンラインのオーダーページにアクセスしたとき、自動的に表示される情報バナーを作成しましょう。ポップアップバナーを利用して、デリバリーの詳細、特別キャンペーン、またはその他の重要なお知らせを伝えることができます。

サイトにポップアップを追加するには、Square オンラインビジネスの概要ページから [コミュニケーション] > [ポップアップ] の順に進みます。詳細については、adding popups to Square オンラインビジネスにポップアップを追加するをご覧ください。

メールによるマーケティング

メールによるマーケティングは、自店舗によるデリバリーを行っていることを既存の顧客に知ってもらう素晴らしい方法です。一斉メールを既存の顧客データベースへ送信してデリバリーについて知らせましょう。

季節またはトピックに合わせたメールキャンペーン

特別な行事や夏の始まりなど、顧客はいつも楽しく盛り上がる機会を求めています。 季節ごとに訪れる催事の波に乗り、ご自身のレストランのデリバリーで顧客のプランに対応できるということを提案してみましょう。さらに利用しやすいように、特別クーポンを設定することも可能です。

詳細については、Square オンラインビジネスでクーポンを作成するをご覧ください。

顧客向け特典

誕生日や結婚記念日などの顧客データを記録して、これらの時期にお祝いのメールを送るのは顧客関係を構築するのに役立つ方法ですし、加盟店さまから食事をデリバリーしてお祝いするというアクションにつながります。

最近初めて利用してもらった、または連絡先情報を入手したばかりである場合は、関心を持ってもらえて感謝していることを伝える方法としてメールを活用し、次回のデリバリーオーダーに使えるディスカウントを提供して、リピーターを生み出すことが可能です。

リピーターである顧客基盤に、ご自身の事業およびメニューの最新情報を定期的に伝えることが可能です。毎月新しいメニューを発表する、またはキッチンでのヒントやレシピなどの舞台裏をシェフがシェアするなど、顧客の注目を加盟店さまに集める内容でしたら何でも構いませんので、各種コンテンツを週刊または月刊のニュースレターの形式に仕上げましょう。この種のメールコンテンツにより、記憶の中で加盟店さまの優先順位が高く保たれやすくなりますので、顧客との関係の強化に役立ちます。

Googleマイビジネス

オンラインオーダーページを、Google上で見つけやすくしましょう。多くの他社デリバリーサービスが林立しているため、顧客があなたのレストランをオンラインで検索すると他社連携サービスにリダイレクトされてしまい、そちらで注文することとなる可能性があります。加盟店さまから直接注文できるということを知ってもらうため、Googleマイビジネスのプロフィールを更新することをお勧めします。ここに、デリバリーのためのSquare オンラインビジネスのオーダーページへの直リンクを含めます。

まだ行っていない場合は、Googleマイビジネスでご自身のビジネスを登録してください。Googleには、COVID-19パンデミックの間、レストラン業者を支援するリソースがあり、最新情報を検索者と共有します。お届け方法のオプションを、受け取りおよび/またはデリバリーに含めるよう調整できます。これらの詳細はGoogleおよびGoogleマップに表示されるようになります。詳細については、Google’s guide for Restaurantsをご覧ください。

レビューサイトのプロフィールを追加・更新する

レビューを調べてレストランを探し、どこから注文するかを決めるお客さまは大勢いらっしゃいます。レビューサイトのプロフィールをご自身で登録して、その内容を最新にしておけば、トラフィックを自店舗のオンラインのオーダーページへと誘導できますので、非常に重要です。Yelpなどの多くのサイトでは、COVID-19の規制に合わせて変更した営業内容を記載することができます。これを、Square オンラインビジネスのオーダーページやデリバリーサービスを宣伝する機会として利用しましょう。ウェブサイトのURLも最新のものであるか確認しましょう。

大手レビューサイトの例は以下の通りです。

  • 食べログ
  • Foursquare
  • TripAdvisor

店内およびオーダー内

店内でご案内すれば、すでに加盟店さまの味を好まれている顧客の間で自店舗によるデリバリーの認知度を高めることができます。袋にステッカーを貼ったりチラシを入れたりして、次回からは直接オーダーするオプションがあるということを顧客に知らせましょう。店内や窓ガラス越しに、自店舗によるデリバリーを宣伝するポスターを張りましょう。またオーダーページへのQRコードを追加すれば、対面での注文がかんたんになります。

無料のQRコード作成ツールはオンラインに多数ありますので、その1つにあなたのオンラインオーダーページへのURLリンクをペーストします。QRコードを画像ファイルとしてダウンロードして、印刷する資料のデザインに組み込みます。これで顧客はすぐにスキャンしてオーダーできるようになります。

ソーシャルメディアでの存在感を高める

ソーシャルメディアは、顧客にお知らせをしてつながるのに適した方法です。忘れずに、Instagramや Facebookのプロフィールページにオンラインオーダーページへの直リンクを掲載して、オンラインで事業へとアクセスしてもらえる方法をさらに広げましょう。ソーシャルメディアで存在感を高めるためのヒントを、いくつか挙げてみます。

SNSでオンライン販売を

Square オンラインビジネスのショッピング投稿機能で、オンラインオーダーページをソーシャルメディアの投稿にリンクしましょう。この設定により、ソーシャルニュースフィードからわずかワンクリックで、直接オーダーできるようになります。

詳細については、Square オンラインビジネスをFacebookとInstagramに連携するをご覧ください。

コンテンツを使いより広く認知してもらう

ソーシャルメディアでメニューを紹介することも重要ですが、直接オーダーするオプションがあると認知してもらうチャネルとして活用することもできます。

投稿に関するヒント:

  • ストーリー投稿は毎日更新されますので、プロモーション画像をより頻繁に再投稿して、フォロワーに投稿を見てもらうチャンスを高めましょう。
  • フィード内とストーリー投稿の両方にテキストキャプションを追加して、フォロワーに表示する情報をカスタマイズできます。たとえば、ウェブサイトURLをリマインドすることや、プロフィール説明のリンクを見つけられるようにすることが可能です。

プロモーションと特典を作成

常連に直接注文を促すことはかんたんですが、消費者の注目度が高く、プロモーションエンジンを持つ他社の配送アプリと競合することは、かなりむずかしいでしょう。楽な作業ではありませんが、ここではお客さまに直接注文していただくためのいくつかの案を紹介します。

クーポンコードとディスカウント

お客さまがあなたに直接注文した場合、特別ディスカウントを提供しましょう。オンラインオーダーのサイト用のクーポンコードをメールで送信したり、注文パッケージの中にクーポンを入れたりしてみましょう。

デリバリーについては、デリバリー料金が無料になるクーポンを提供して、顧客のオーダー合計額からデリバリー料金を自動的に削除することができます。この方法により、サイトで初めてオーダーするお客さまの購入を強く促せます。また、この種のクーポンを利用できる回数を、顧客あたりで制限することも可能です。たとえば、デリバリー料金割引を初回のオーダーに限ることができます。

詳細については、Square オンラインビジネスでクーポンを作成するをご覧ください。

限定メニューと価格設定

他社のアプリに掲載されているレストランには他の価値があるかもしれませんが、直接注文チャンネルでのみ利用可能な限定メニューを設けることで、直接注文をより魅力的にする方法をご検討ください。

利幅を確保するために、レストランが他社のマーケットプレイスで価格を引き上げるのも一般的なことです。直接注文チャネルで食事を低価格で提供することにより、お客さまがより手頃な価格の食事を直接注文するように、働きかけることができます。

限定メニューを作成するにはSquare オンラインビジネスの非表示商品をご覧ください。