システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>カスタマイズ可能なツールで、効果的な事業運営を実現する

Square 請求書を利用して複数パターンの見積もりを作成する

Square 請求書では、価格を併記した商品やサービスのグループを含む複数パターンの見積もりを送信して、お客さまに購入を希望するパターンを選んでいただけます。これにより、同じ案件について複数回見積もりを送付する手間が省け、販売成立のためにより多くの時間を割くことができます。

複数パターンの見積もりを送信するには、次の手順を行います。

  1. Square 請求書の概要ページで、[見積もりを送信] を選択します。

  2. 顧客リストから顧客を選択するか、新しい名前、メールアドレス、または電話番号を入力します。最大9件の受取先を入力できます。

  3. オプションの [見積もりの件名] を追加し [請求書ID] を編集して記録に一致させ、[メッセージ] や [ファイル] も編集します。[次へ] を選択して、先に進みます。

  4. 必要に応じて、[パターンの件名]、[説明]、および [ファイル] を指定します。

  5. [商品を追加] を選択して商品ライブラリから商品を含め、価格または商品の合計額を編集する必要がある場合は [カスマイズ] を選択します。パターンにディスカウントを適用する場合は、[ディスカウントを追加] を選択します。

  6. パターンの作成が完了したら、[複製] を選択してパターンを複製するか、[+] ボタンを選択して他のパターンを作成し見積もりに含めます。注意:合計で最大9個のパターンを作成できます。

  7. [次へ] をクリックして見積もりをプレビューしてから送信します。[送信方法]、 [送信日]、[有効期限]を入力します。 見積もりを送信せずに保存する場合は、[下書き保存] を選択します。

パターンが複数ある見積もりを送信すると、Square 請求書の概要ページ内に見積もりタブが表示されるようになります。見積もりをクリックすると、その見積もりの詳細を表示する、却下されたパターンを閲覧する(却下されたものがある場合)、[編集] する、または [「承諾済み」にする] ことができます。購入者が見積もりを承諾した場合は、手入力で [請求書に変換] するオプションが表示されます。

注意:複数パターンを含む見積もりは、Square POSレジアプリでの機能が制限されています。当該機能はSquare 請求書アプリでは利用できません。制限なく利用するには、Square データで当該機能を利用してください。