ホーム画面に戻る

オンラインストアで無形商品を販売する

無形商品(例: イベントチケット、サービス、メンバーシップなど)を販売する上での商品登録は、通常の商品を登録するプロセスと似ています。主な違いとしては、無形商品を登録する際には、提供手段は設定せず、お客さまにメールを送信して購入した内容を引き換える方法をお伝えします。

その手順として、まず「ストア」ページにアクセスし、[商品] > [商品ライブラリ] の順に選択して、[商品を追加] をクリックします。

ドロップダウンメニューから追加したい商品の種類を選択し、商品のタイトルと説明を入力します。必要に応じて商品の画像(複数可)を追加することもできます。

イベント関連の商品を登録する場合は、下にスクロールして「イベントの詳細」セクションでイベントの開催場所や日時を入力します。

次に、下にスクロールして「バリエーション」セクションで商品の価格を設定します。登録する商品のオプションが1つのみの場合は、既存のバリエーションを編集することができます。名前を変更し、単一価格を設定します。商品のオプションが複数ある場合は、[バリエーションを追加/管理] をクリックして、他のオプションを追加し、別の名前や価格を設定します。

例えば、数日間にわたるイベントを開催していて、1日限定チケットと週末いつでも参加できるウィークエンドパスを販売しているとします。このような場合、どちらのチケットも1つの商品のオプションという形で販売することができます。デフォルト設定で「定価」というオプションを表示することもできますが、クリックするとかんたんに名前を変更することも可能です。オプションは、必要に応じて無制限で追加できます。オプションを追加したら [完了] をクリックします。

次に、各オプションの価格を設定します。定価はSquareに同期されますが、セール価格は、オンラインストアのみを対象に適用されます。

お客さまに商品をカスタマイズしてもらいたい場合は、下にスクロールして「オプション」セクションで [商品オプションを管理] をクリックします。ここでは商品に新しいオプションを登録したり、所定のオプションを適用したりすることができます。

「商品を追加」ページの一番下では、この商品に関するSEO関連情報を入力します。入力が済んだら [保存] をクリックします。

イベント、メンバーシップ、サービスなどを販売する場合、その他の商品販売時と同様に「商品の詳細」ページが表示されます。お会計時には、購入した商品に関する追加情報が別途メールでお客さまに送信される旨が通知されます。購入完了後、購入した内容を引き換えるための手順や詳しい情報をお客さまにお伝えしてください。

注意: デジタルコンテンツはお届け方法が異なるため、通常の配送や受取りができるその他の有形商品とは分けて購入していただく必要があります。

デフォルトにより、無形商品を購入するお客さまには届け先住所の入力は求められません。ただし必要に応じて、無形商品の種類によって届け先住所の入力を必須に設定することも可能です。その場合は、[ストア] > [設定] > [お会計] > [高度な設定] の順に進み、[編集] ボタンをクリックします。下にスクロールして、チェックボックスにチェックを入れると、このオプションがオンになります。

特定の地域(ローカル)のお客さまのみに商品を販売したい場合は、配送で設定した地域でのみ商品を購入できるよう販売を限定することも可能です。この場合、実際に配送する商品がなくても問題ありません。この設定は配送だけではなく、無形商品を購入できるお客さまの範囲を決定するためにも使われます。商品を販売する地域を設定したら、[設定] > [配送] > [高度な設定] の順に進み、[編集] をクリックします。チェックボックスを使って商品を販売する/販売しない地域を選択します。

さらにサポートが必要ですか?加盟店コミュニティで情報交換してみましょう。

加盟店コミュニティを見る