システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>カスタマイズ可能なツールで、効果的な事業運営を実現する

Square 契約書をはじめる

Square 契約書をご利用いただくと、Square データから直接契約書を作成し送信できます。お客さまのサービスへの同意を明文化し、デジタル署名を得ることで、支払い異議申し立てが発生した際に役立てることができます。

Squareの既成テンプレートの1つを選択してにご自身のニーズにあわせてカスタマイズするか、加盟店さま用の新しいテンプレートを一から作成することができます。カスタム条項を一から作成するか、Squareの既成条項の複製、編集、並べ替えを行い契約内容に合わせて最適化することが可能です。契約書PDFには、加盟店さまのロゴやレシート背景色を含めることもできます。

契約書を作成・送信する

  1. Square データで [契約書] にアクセスします。

  2. [新規の契約書] を選択して、標準テンプレートかあらかじめ作成しておいたカスタムテンプレートのいずれかを選択し [作成] をクリックします。

  3. 受取先の名前またはメールアドレスを入力します。また、[顧客リスト] 内に保存されているお客さまを検索することもできます。

  4. 選択したテンプレート内のカスタマイズ可能なフィールドに入力します。フィールドの具体例は以下のとおりです。

    1. 契約書名(必須)

    2. 契約書メッセージ(任意):このメッセージは、Squareからお客さまに送信するメールにのみ記載されるもので、契約書の一部として含まれるものではありません。

    3. 契約書概要(任意):概要は、契約書の要旨を示すのに使用できます。概要を作成した場合は、契約書の冒頭に記載されます。

      注意:作成途中で [下書き保存] をクリックすると、変更が保存され後でその契約書を完成させることができます。

  5. お支払いの項目の下にある[支払いなし] または [支払い情報を追加する] のいずれかを選択します。この契約書に対する支払いが必要な場合は、ここに支払い情報を入力します。契約書に支払い情報は必要ない場合であっても、Square 請求書または見積もりを添付することが可能です。

  6. [次へ] をクリックして、契約書に含める条項を選択します。Squareには既成条項が用意されていますが、必要に応じて並べ替え、削除、編集が可能です。また、この契約書に [新しい条項を追加] することもできます。ここで作成したものは、条項ライブラリには保存されません。 注意:条項は、表示される順に並べられます。

  7. [次へ] をクリックして、契約書をプレビューします。

  8. 事業主の氏名を入力すると、デジタル署名と署名日が自動的に入力されます。

  9. [送信する] を選択して、契約書をお客さま宛てに直接メールで送信します。または、PDFとしてダウンロードして手入力で送信します。

契約書を編集する

未署名の契約書が [レビュー中] ステータスである場合は、まだ変更することが可能です。

[レビュー中] の契約書を編集するには、以下の手順を行います。

  1. Square データで [契約書] にアクセスします。

  2. 編集する [レビュー中] の契約書を特定して、 [その他] アイコン(...)をクリックし [編集] を選択します。

  3. 契約書の編集が終了したら、改訂版をお客さまに送信して署名をもらいます。

契約書が [編集] ステータスである場合は、更新中にお客さまが署名を行わないよう契約書が自動的にロックされます。編集が終わったら、編集済みの契約書をお客さまと共有します。契約書が更新されたことを伝えるメールがお客さまに届きますので、最新版をレビューした上で署名をもらうことができます。

契約書テンプレート

毎回一から契約書を作成するのではなくご自身の事業に特化したカスタムテンプレートを作成しておくことで時間を節約になります。次回以降、契約書が必要になった際、作成されているテンプレートを必要に応じて更新し利用することができます。

テンプレートのオプション

テンプレート 概要
役務提供契約書 サービスに関する明確な期待事項をお客さまと取り交わすためのテンプレートです。
役務の完了 お客さまに販売したサービスが完了したときに使用するテンプレートです。サービスが記載内容どおりに無事に完了したというお客さまからの同意を得るのに役立ちます。また支払い異議申し立てが発生したときに、売上を守る証拠にもなります。
商品の売買 有形製品またはデジタル製品に関する明確な期待事項をお客さまと取り交わすためのテンプレートです。
引渡しの確認 お客さまが購入した製品が記載内容どおりに無事に配達されたという、お客さまからの同意を得るの使用するテンプレートです。支払い異議申し立てが発生したときに、売上を守る証拠にもなります。

契約書テンプレートを作成する

加盟店さま独自の契約書テンプレートを作成します。または、Squareの既成テンプレートの1つを事業のニーズに合うよう編集します。

カスタムテンプレートを一から作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square データで [契約書] にアクセスします。
  2. [テンプレート] をクリックします。
  3. [カスタムテンプレート] の下にある [新規テンプレート] を選択します。ここで、加盟店さまの詳細を [テンプレート] セクションと [契約書] セクションに入力します。完了したら [次へ] をクリックします。
  4. 契約書に適用する [条項を追加] します。カスタムテンプレートの場合、少なくとも1つの条項を含める必要があります。
  5. [次へ] をクリックして保存します。

Squareの既成テンプレートを使って作成するには

  1. Square データで [契約書] にアクセスして、[テンプレート] をクリックします。
  2. [標準テンプレート] から使用するSquareのテンプレートを選択して、[複製] または [新規契約書] をクリックします。
  3. 加盟店さまの詳細を [テンプレート情報] セクションと [契約書情報] セクションに入力します。完了したら [次へ] をクリックします。
  4. 契約書に適用する [条項を追加] します。ここで条項の編集、追加、削除、および並べ替えができます。
  5. [次へ] をクリックしてテンプレートを保存します。

契約書では、2種類の異なる条項を利用できます。1つはSquareが規定するデフォルト条項、もう1つは加盟店が作成するカスタム条項です。カスタム条項として、以下の3種類を作成可能です。

  • ライブラリ条項条項ページ(条項ライブラリ)から加盟店さまがご自身で作成する条項のことで、任意のテンプレートや個別の契約書に追加できます。このライブラリ条項の作成・編集・削除は、この条項ライブラリ内からしか行えません。

  • テンプレート条項テンプレート ページから特定のカスタムテンプレートのために加盟店さまがご自身で作る条項のことです。

  • 契約書条項: 契約書ページから契約書を作成してる際にその個別の契約書のために加盟店さまご自身で作成する条項のことです。

条項を追加するには、以下の手順を行います。

  1. Square データで [契約書] にアクセスして、[条項] をクリックします。

  2. [新しい条項を追加] の隣にある [+] をクリックします。

  3. [条項のタイトル](必須)と [条項の説明](必須)を入力します。またお客さまのイニシャルを求める場合は、ボックスにチェックを入れます。

  4. [保存] をクリックします。

条項の追加中に、カスタム条項を編集、複製、削除することができ、検索バーを使用して条項ライブラリにアクセスすることもできます。これらの条項を編集できるのは [条項] ページからのみです。

契約書をSquare内のお取引に添付する

Square 契約書は、Square データ内の特定のお取引に紐づけることができます。 [取引履歴] ページまたはSquare 請求書を新規作成する際に添付することができます。

契約書を関連するお取引に添付することで、特定の売上の重要情報を一箇所に集約し追跡できるようになります。また、支払い異議申し立てがあった場合の対策と備えにもなります。顧客プロフィール、取引履歴、文書など売上に関する重要な情報の詳細をまとめておくことで、効率的に記録・整理することができます。

契約書をお取引に添付する

  1. Square データの [取引履歴] タブにアクセスします。
  2. 対象の取引を選択して、取引詳細を確認します。
  3. オーバーフローメニュー […] をクリックして、ドロップダウンメニューから [契約書を添付] を選択します。
  4. 検索ツールを使用して添付するSquare 契約書を選択したら、[保存] を選択します。

契約書をSquare 請求書に添付する

  1. Square データの [請求書] タブにアクセスします。
  2. [請求書を作成] を選択します。
  3. 必要な請求書の詳細を入力して、[その他オプション] セクションの [Square 契約書を添付] を選択します。
  4. 検索ツールを使用して添付するSquare 契約書を選択したら、[保存] をクリックします。

契約書をSquare 請求書アプリまたはSquare POSレジアプリ経由で添付する

また、対応機種のiOS/Android端末上のSquare 請求書アプリSquare POSレジアプリで、契約書を請求書に添付することもできます。

よくお問い合わせいただくご質問

Square 契約書を使用すると追加料金が発生しますか?

現時点では、Square 契約書は追加料金なしでSquareアカウントに含まれています。

お客さまはどのように電子署名をすればいいのですか?

メールで契約書を送信すると、受取先にSquare 契約書からメールが届きます。このメールには加盟店さまの事業名とお客さまに入力いただく電子署名欄が表示されます。契約書に署名するための手順は、以下のとおりです。

  1. メール内の [レビューおよび署名] をクリックします。
  2. ご本人様確認のため、メールアドレスを入力します。
  3. 内容にお間違いがないかしっかりと契約書を閲覧し、電子イニシャルおよび電子署名を記入します。
  4. [完了して送信] を選択すると、最終的な契約書が加盟店さまと署名した本人宛てにメールされ、記録として保管していただけます。

契約書をカスタマイズできますか?他の種類のテンプレートはありませんか?

はい。ご自身のニーズに合うようSquareの既成条項を複製および編集していただけますし、カスタム条項を一から作成することもできます。また契約書の条項の順序を並べ替えることも可能です。

この契約書は法的観点からに見て十分でしょうか?

Square 契約書は、独自の契約書を作成できるサンプルテンプレートの提供のみを行っています。Squareは法的助言を行う立場になく、契約書が加盟店さまの目的に適していること、または法管轄内で効力があることの保証または助言はいたしかねます。Squareでは、私的な目的で契約書類を作成することをご希望の事業者さまを対象に、契約書のテンプレートを提供しています。特定の契約条項の正確性、十分性、執行可能性について法的助言が必要な場合は、資格のある弁護士にご相談ください。

詳細については、Square 契約書の利用規約をご覧ください。

契約書に前金の請求を含めるにはどうしたらいいですか?

契約書の [支払いスケジュール] セクションで、[複数の支払い] を選択します。これで取引の合計額を、前金と最終支払いの2つの支払に分けることができます。今後、2マイルストーン支払いより細かく請求を行えるよう、より多種類の分割払いに対応していく予定です。

既成条項はどのように利用すればよいですか?

それぞれのSquareのテンプレートには、すでに条項がいくつか設定されています。これはお選びいただいたテンプレートの開始点であり、条項を並べ替え、削除し編集して、契約書をカスタマイズしていただけます。一部の既成条項には括弧付きのプレースホルダーテキストがあり、ご自身で記入していただく必要があることにご留意ください。

支払いなしは、どのようなときに選択するのでしょうか?

契約書テンプレートを事業に合わせてさらにカスタマイズしていただけるよう、[支払いなし] を選択するオプションが設けられています。これは、支払い額、支払い期限などの詳しい払い情報を省いて、柔軟に作成する必要がある場合に便利です。現在のところ、[サービスの完了] または [配送確認] テンプレートで最もよく利用されています。

お客さまが契約書にアクセスを試みたらエラーが発生しました。どうしたらよいですか?

お客さまが契約書を閲覧するには、あなたが契約書に含めたメールアドレスと同一のアドレスから契約書にアクセスする必要があります。

たとえば、契約書内のお客さまのメールアドレスがexample.email123@gmail.comであり、お客さまがexample.email456@gmail.comから契約書にアクセスを試みると2要素認証によりブロックされます。弊社システムによりメールアドレスの不一致が検出され、お客さまにはエラーメッセージが表示されます。

お客さまにこのエラーメッセージが表示された場合は、あなたがリストしたメールアドレスを伝える必要があります。同一のアドレスを使用すれば契約書にアクセスできます。

お探しの答えが見当たりませんか?