回数券や継続的にサービスを提供する際のSquareカード決済制限について

Squareはご利用の加盟店様とカード保有者様にとって常に安全な環境の実現に努めております。

そこで、Squareをより安全に安心してご利用いただくために、特定の商品やサービスを取扱い不可としております。 詳しくは「Square加盟店規約」および 「Square POSレジで利用が認められない商品とサービス」をご確認ください。

この記事では、「コース、回数券等の数ヶ月にわたって継続的にサービスを提供する」(以下、継続的役務)場合にともなう、Squareにてご利用可能なカード決済の条件について説明します。

継続的役務を提供し、Squareにてカード決済を利用いただくには、一定の条件を満たす必要があります。下記、フローチャートにてご確認ください。なお、サービス価格や期間によっては利用出来ないカードブランドもございますのでご留意ください。

〈フローチャートの見方〉

① 業種
② 1つのサービスにおける価格
③ サービス期間・有効期間
④ 利用可能なカードブランド

(注意事項)
● 継続的役務に付帯して販売する物品(以下、付帯商品)の料金も継続的役務料金に加算され、本規制の対象となります。(付帯商品以外の物品販売は本規制の対象ではありません。)
● 5万円以下=税込み金額。50,000円を含みます。
● 1年以内、2ヶ月以内、1ヶ月以内=契約上の期間が適用されます。各最終月の(サービス開始日の)応当日を含みます。(例:1ヶ月以内=2月4日サービス開始の場合、3月4日まで)
● 平成29年12月1日施行の特定商取引に関する法律施行令の一部を改正する政令に伴い、美容医療(脱毛、にきび・しみ・そばかす・ほくろ等の除去、肌のしわ・たるみ取り、脂肪の溶解、歯の漂白等)も「いわゆるエステティック」に含まれます。
● JCB, Diners Club, Discoverカードのご利用は 別途株式会社ジェーシービーの審査が必要です。

JP JDM Flow Chart with JDD for Esthetic ja

JP JDM Flow Chart with JDD for 5 JDM MCC ja

JP JDM Flow Chart with JDD for Other MCC ja

このSquareの規制はSquare加盟店規約第1部6条に明記の特定商取引に関する法律(以下、特定商取引法)にて消費者トラブルを生じやすい取引類型の1つである「特定継続的役務提供」を基にしたものです。指定される業種には「いわゆるエステティック」「いわゆる語学教室」「いわゆる家庭教師」「いわゆる学習塾」「いわゆるパソコン教室」「いわゆる結婚相手紹介サービス」があり、その指定サービス提供時には、ある一定の行政規制を遵守する必要があります。指定サービス提供においては、入学金、受講料、教材費、付帯商品料金も特定継続的役務料金として加算されますのでご留意ください(Squareカード決済利用時にも適用されます)。指定業種、指定サービスについて詳しくは消費者庁の特定商取引法ガイドをご参照ください。

加えて、Squareでは特定商取引法に基づき以下の取引類型のカード決済も一切禁止しています。それぞれの取引類型の詳細につきましては上記の消費者庁の特定商取引法ガイドをご参照ください。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入