ホーム画面に戻る

ベータ秘密保持契約

Square株式会社(以下、「Square」といいます。)の研究開発又は調査活動に関連して、Squareによる随時の提案又は合意に従って、下記署名者(以下、「情報受領者」といいます。)は、Squareと本契約により以下のとおり合意します。

  1. Squareは、情報受領者に 、 (a) 製品プラン、開発中の製品、試作品、予備段階にある製品及び関連素材、データ若しくは情報(以下、「ベータ製品」と総称します。)、又は (b) 機密と明記されたその他の情報(以下、「機密情報」といいます。)を有形無形の方法で開示することができます。

  2. 情報受領者は、Square・アカウントを設ける条件として既に合意した、又は今後合意する取扱事業者契約(以下、「取扱事業者契約」といいます。)、及び口頭又は書面によりSquareによって特定されたその他の要件(以下、「本件利用目的」といいます。)に従って、ベータ製品を評価するために内部的にのみ機密情報を使用することができます。情報受領者は、機密情報の複写をしないものとします。情報受領者は、機密情報の不適切な使用又は無許可の漏洩を知ることとなった場合、Squareに対して書面により直ちに通知します。 

  3. 情報受領者は、Squareの内部評価が終了した場合、又はSquareによる書面での要求から2日以内に、全ての機密情報を破棄し、有形のベータ製品を削除又は返還し、また、Squareのモバイル・アプリケーションのベータ版をその最新リリース版に更新します。本契約の規定は、開示された全ての機密情報について存続し続けるものとします。

  4. 本契約は、本件利用目的のために機密情報を使用できる限定的な権利を除き、Squareの知的財産に対するいかなる権利も情報受領者に付与するものではありません。

  5. 情報受領者は、全ての違反又は違反のおそれが、Squareにとって回復不能の損害の原因となる場合があること、及び、全ての法令上のその他の救済措置に加えて、Squareは、情報受領者による本契約の違反のおそれ又は継続的な違反に対して差し止めによる救済措置を得る権利があることに同意します。

  6. 本契約及び本契約に基づく紛争は全て、法の選択又は異なる管轄権の法の適用を義務付けることになる法の抵触の原理に関係なく、日本法に準拠します。

  7. 本契約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

表題: 2013年5月6日日本ベータ非開示契約

さらにサポートが必要ですか?加盟店コミュニティで情報交換してみましょう。

加盟店コミュニティを見る