システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>支払い異議申し立ての概要

典型的なカード支払い詐欺の種類

Squareは、加盟店さまが支払いを受け付ける取引状況をモニタリングしています。不正が疑われる取引があった場合は、さらなる情報を求めその支払いを検証するお手伝いをいたします。ただ加盟店さまの事業分野には加盟店さまの方が精通していらっしゃいますし、不正な取引に最初に接するのも加盟店さまですので、予防策を張っておくことをお勧めいたします。ご自身と事業を守るため、よくあるカードの不正使用の種類を理解し、通報する場合の関連情報などを把握しておきましょう。

一般的に、カードの不正使用の多くは非対面決済の支払いで起こります。具体的には、目の前に購入者がいない支払いでPINによる検証が不要な場合に起こりがちです。詐欺で多用される不正使用の傾向と種類のうち、特に注意が必要なものを挙げておきましょう。

カードの盗用

この種の詐欺は、カードの詳細が盗まれた場合に起こります。物理的にカードを盗むという場合もありますが、より多く見られるのは電子的に漏洩したカードの詳細を盗み取るというやり方です。

犯罪者は盗んだカードの詳細で支払いを行い、加盟店は支払いは本人からのものと思って商品を発送します。後にカード名義人本人が、明細に承認していない支払いがあるのに気付き、その支払いに異議を申し立てます。

不正使用の購入が行われるまで、カード名義人が自身のカード詳細が盗まれていたことを知らなかった場合、本人が承認していない支払いであっても、オーソリシステムではじかれることなく処理されてしまます。

上乗せ支払い詐欺

上乗せ支払い詐欺は、ある購入に他社サービスを含めて騙し取るという手口です。

たとえば、犯罪者が家具屋で購入を行ったとします。ここで商品代金に上乗せした額を支払うので、犯罪者が指定する運送業者やデリバリー会社に転送して欲しいと加盟店に依頼します。多くの場合、加盟店に対してブローカー料のチップも支払いますからと犯罪者は持ちかけます。話がまとまると、加盟店は他社運送サービスに通常は銀行振込などの方法で送金を行い、商品を発送します。

カード名義人が不正使用に気付いたら、他社サービスへの上乗せ分も含めて取引全体に異議申し立てを行います。最終的に、加盟店は商品の売上額に加えて他社サービスに送金した額も失います。

払い戻し詐欺

払い戻し詐欺は、上乗せ支払い詐欺に似ています。犯罪者は商品/サービスの代金を過剰に支払い、後になって支払いすぎた分を払い戻すよう依頼します。ただしカードに払い戻すのではなく、別の方法(銀行振込、ウエスタンユニオンなど送金の取り消しが難しいもの)で払い戻すよう指定してくるというのが典型的な手口です。

寄付を基盤とする事業または非営利団体は払い戻し詐欺に遭いやすいため、過剰に多額な寄付には注意が必要です。

虚偽申立て詐欺

虚偽申立て詐欺は、カード名義人本人が購入を行い後になって支払い異議申し立てをします。なぜこういったことが起こるのかには、多くの理由が考えられます。

  • 購入者がカードの明細書に現れた取引を認識できなかったため、実際に行われた決済であったにもかからわず、混乱して支払い異議申し立てをするというケース。

  • 購入者が加盟店の払い戻しに関する規約に従いたくないため、加盟店と話し合いをするのではなく、直接カード発行会社に訴えて支払い異議申し立てをするというケース。

  • 購入者が購入を行い商品を受け取っていながら異議申し立てをして払い戻し額も手にするという、「オンライン万引き」の形態として支払い異議申し立てを悪用するケース。

横行している詐欺の種類についてご理解いただけたかと思いますので、できる限り対策を講じておくことが重要です。ご自身の事業のため詐欺や不正使用から身を守るために、およびprevent payment disputesことが可能です。