システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square Terminal API に関するFAQ

Square Terminalとは何ですか?

Square Terminalはオールインワンのカード決済デバイスで、タッチスクリーン搭載、Wi-Fi接続、レシートプリンタ組み込みなどの特徴があります。カウンターでの利用に最適ですが、客席まで持ち運んで支払いを受け付けることにも利用できます。

Terminalではどのような決済を受け付けられますか?

Terminalを利用して、クレジットカードとデビットカードなどの対面のカード決済を受け付けることができます。ICチップ付きのカードでは、PIN番号の入力が必要です。

さらに、タッチ決済や、電子マネーでの決済をサポートします。

Terminal APIとは何ですか?

Square Terminal APIを利用して、Terminalデバイスと他社POS製品を連携させることができます。POSからTerminalを利用した決済を開始し、支払いが完了したら自動的にそのデータをPOSに送信することができます。

どのようにしてPOSとTerminalデバイスを接続しますか?

Square TerminalデバイスとPOSシステムの接続については、Square Developer ドキュメントをご覧ください。

Terminal APIを用いた連携の開発にはどのくらいの期間が必要ですか?

Terminal APIは容易に連携でき、多くの開発者は数日で開発を終えています。

Terminalが収拾したデータをバックエンドと同期することはできますか?

できます。Terminalのデータは全てPOSシステムから取得できます。

Terminal APIとSquare Reader SDKの違いは何ですか?

Terminal APIはSquare Terminalと接続するためのものですが、Square Reader SDKはSquare ReaderおよびSquare Standと接続するためのものです。Terminal APIは(iOSまたはAndroidに限定されるのではなく)任意のプラットフォームで動作します。Terminal APIでは(スマートフォンやタブレットではなく)Terminalを利用した会計を処理することができ、レシートの印刷が可能です。Square Terminalはカウンターでの利用に最適ですが、Square Readerは持ち運び可能です。

Terminal APIは日本、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、オーストラリアで利用可能ですが、Reader SDKはアメリカ合衆国のみで利用できます。


Square ReaderやSquare StandではなくSquare Terminalを使う理由は何ですか?

Terminalを使うと、全ての対面カード決済を一つの持ち運びできるデバイスで処理することができます。決済をし、レシートを印刷する、この流れを客席で行うことができます。さらに、モダンなレジカウンターに設置するためのデバイスを探している場合にも、Square Terminalは最適です。

Terminal APIには「オフラインモード」はありますか?


ありません。Wi-Fiまたはイーサネットでインターネットに接続する必要があります。

Terminalを有線で接続する必要はありますか?

ありません。Terminalはワイヤレスで動作します。

TerminalはICチップ付きのカードでのPIN番号での決済をサポートしますか?

はい。日本、カナダ、イギリス、オーストラリアではサポートします。

Square TerminalでPOS APIは利用できますか?

申し訳ございませんが、Square TerminalでPOS APIはご利用いただけません。

Square Terminalはどこから購入できますか?

Square Terminalは、Squareショップからご購入が可能です。