ホーム画面に戻る

スタッフ管理のアップデートに関するFAQ

2019年7月1日より、これまで「従業員管理」と呼ばれていた機能の名称が「スタッフ管理」に変更されました。加盟店の皆様から寄せられたフィードバックをもとに、価格や機能に変更を加え、新たにスタッフ管理としてご利用いただけます。

現在スタッフ管理をご利用中で、有効な従業員1人あたり月額400円をお支払いいただいている場合は、2020年1月1日より、店舗ごとの利用料が月額3,000円のスタッフPlusの料金体系に変更されます。スタッフPlusでは、スタッフ関連の高度な機能を各種(アクセス権限の無制限設定、便利な売上レポート、複数の賃金管理など)を固定料金でご利用いただきます。新しくなったサブスクリプション料金は、こちらでご確認いただけます。

また必要に応じて、スタッフ管理の無料版を継続してご利用いただくことも可能です。これによって、セキュリティ対策が必要なPOSレジの機能利用の制限や、従業員による出勤/退勤時間の記録、タイムカードなどをこれまでと同様にご利用いただけます。

スタッフPlusの変更点や、アップグレードの方法、スタッフ管理の無料版の便利な使用方法などに関する詳しい情報について、このページではよくお問い合わせいただく質問をご紹介します。

どのような点が変更されますか?

数年前、Square は、加盟店が複数店舗と複数端末でのスタッフ管理を行えるように、従業員管理をリリースしました。それ以来、機能の改善と拡張を進めてきましたが、こうした高度な機能の設定と管理をより簡単にする必要があると判断しました。

スタッフ管理の料金体系

なぜ料金が変更されるのですか?

加盟店の皆さまのご意見をうかがったところ、従業員1人あたり月額400円という料金体系では、新たにスタッフを雇う際、慎重にならざるを得ないというご意見が寄せられました。そこでスタッフPlusでは、店舗ごとに月額3,000円の料金をお支払いいただくことで、無制限にスタッフを追加することができ、アクセス権限設定と権限に見合ったアクセス権限も無制限で作成することができます。また、人件費と売上の関係や各スタッフ別の売上高、複数の賃金管理をこれまでよりお手頃な価格でご利用いただけます。

またスタッフ管理の中でもとりわけ重要なツールを無料でご利用いただけるようになります。これによって、POSレジでスタッフによる出勤/退勤時間の記録や、タイムカードの管理、セキュリティ対策が必要な情報へのアクセス制限などを月額サブスクリプション料金を支払うことなくご利用いただけます。

料金はいつ変更になるのですか?

現在の時点で従業員管理をご利用いただいている場合は、今すぐにでも新しい料金体系に変更いただけます。現時点では変更をご希望されない場合でも、2020年1月1日に全加盟店を対象に新しい料金体系が適用されますので、ご留意ください。

新しいスタッフPlusの料金体系への変更をご希望される場合は、変更した翌月1日より新しい料金が適用されます。

自分の料金が変わるのか確認したいのですが?

この変更によってサブスクリプション料金にどのような変化があるのか確認するには、Square データの [アカウントと設定] > [ビジネス] > [料金とサブスクリプション] の順に進みます。サブスクリプションの費用は、アカウントに登録されている有効な店舗数(スタッフが割り当てられている)によって算出されます。有効なスタッフの数はサブスクリプションの費用には考慮されません。必要のない有効な店舗が表示されている場合は、無効に設定可能で、必要に応じていつでも再度有効化できます。

「従業員管理」を「スタッフ管理」に変更しました

ビジネスの運営では、個々の従業員だけでなく、スタッフ全体に注目する必要があります。POSレジを使用して決済を受け付けるときも、Square データにログインして会計業務を支援するときも、スタッフは共同で取り組んでいます。スタッフ管理では、スタッフ全体の管理に必要なツールをご利用いただけます。

無料のスタッフ管理

新しいスタッフ管理なら、今すぐ必要なツールを無料でご利用いただけます。たとえば、アカウントに関する機密性の高い領域や機能のセキュリティ確保や、POSでのスタッフの出勤/退勤時間の記録のほか、タイムカードの管理、スタッフのアクセス権限の設定などが可能になります。スタッフのアクセス権限では、Square POSレジアプリまたはSquare データを対象にスタッフ全体に付与するアクセス権限を作成することができます。

スタッフ管理の無料プランは、スタッフごとに売上や休憩違反を追跡する必要がない、またはスタッフに複数の賃金を割り当てたり、特定のスタッフにそれ以外のスタッフとは異なる権限を与える必要のないビジネスに適しています。

利用を始めるには、スタッフを出勤表に登録して、スタッフのアクセス権限設定(無料)でアクセス権限を設定します。続いてスタッフに個人パスコードを割り当てると、タイムカードの管理を開始できます。

詳しくは、スタッフ管理を利用するのページをご覧ください。

どうすればスタッフ管理の無料プランにダウングレードできますか?

スタッフ管理の無料プランにダウングレードするには、すべてのスタッフを、スタッフのアクセス権限(無料)に割り当て、 Square データの [料金とサブスクリプション] セクションでスタッフ Plusのサービスをキャンセルします。ただし、オーナーのアクセス権限設定は、無料であり、削除できません。

注意: スタッフ管理の無料プランには、スタッフごとの売上追跡、複数の賃金の追跡、休憩違反レポート、人件費と売上を比較するレポートの機能は含まれていません。

スタッフ Plusを使用する高度なツール

店舗ごとの利用料が月額3,000円のスタッフ Plusに登録することで、以下をご利用いただけます。

無制限の役割:スタッフ内の異なるメンバー、または、マネージャー、レジ係、バーテンダーといった異なるスタッフグループに、アクセス権限のセットを作成できます。
スタッフごとに売上を追跡:パフォーマンスに関するレポートをスタッフごとに作成して、売上のほか、払い戻し、ディスカウント、取り消しなどのアクションを追跡できます。
スタッフごとに複数の賃金を設定:ビジネス上、複数の業務と賃金を設定したスタッフごとに、人件費を追跡できます。例として、バーテンダーとホール担当をシフトで兼務するスタッフが挙げられます。
人件費と売上を比較したレポート:人件費と売上を比較した詳細レポートや、スタッフ全体のパフォーマンスに関する詳細レポートを作成できます。

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」を「スタッフのアクセス権限」に変更しました

スタッフのアクセス権限は、新たに無料でご利用いただけるアクセス権限設定です。この権限を使用することで、スタッフ全員を対象にSquare POSレジアプリやSquare データに同じアクセス権限を付与することができます。スタッフのアクセス権限では、代理人ユーザーの時と同様に、スタッフが自分の端末からSquare POSレジアプリにログインする時は、スタッフごとにログイン情報を入力するよう設定できます。また、スタッフのアクセス権限の機能はゲストモードと同様で、スタッフはアカウント上でアクセス権限が付与された領域または機能に限ってアクセスすることができます。アクセス権限が付与されていない領域や機能にアクセスするには、事業主用パスコードの入力が必要になります。

どうすればスタッフ Plusにアップグレードできますか?

Square データから [スタッフ] にアクセスし、通知に従って [詳細情報] をご確認ください。新しいスタッフ管理のサブスクリプションへのアップグレードをお選びいただけます。

どの店舗が課金されますか?その他に多数の店舗がある場合はどうなりますか?

スタッフ Plusにご登録いただいた場合、スタッフが割り当てられている有効な店舗ごとに課金されます。この際、スタッフの「アクセス権限設定」の内容は課金されるかどうかに影響しません。

ビジネス上、異なる場所で発生した売上(例: カウンター、バー、パティオなど)場所別に追跡するために「複数の店舗」を使用している場合は、代わりにそれらを統合し、端末別に追跡することをおすすめします。

今後使用しない店舗がその他にある場合は、いつでも、それらを無効化したり、店舗に割り当てていた従業員を削除したりできます。

店舗を無効化する方法

  1. Square データの [アカウントと設定] > [ビジネス] > [店舗] にアクセスします。
  2. 無効化する店舗を選択します。
  3. [無効化] > [この店舗を無効化] をクリックします。

[店舗] で、[ステータス] フィルターを [無効] に変更することにより、いつでも店舗を再有効化できます。

1店舗のみでスタッフ Plusを使用したい場合はどうなりますか?

スタッフ Plusでは、スタッフを割り当てた店舗のみ課金されます。この際、スタッフの「アクセス権限設定」の内容は課金されるかどうかに影響しません。この場合、お支払い対象の店舗のみにスタッフを割り当てることをおすすめします。無料のスタッフのアクセス権限を特定の店舗で使用し、同時に、スタッフ Plusの機能をその他の店舗で使用することはできません。

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」

代理人ユーザーまたはゲストモードを使用している場合、どのような影響を受けますか?

代理人ユーザー

現在、代理人ユーザーを使用している場合、スタッフごとの売上追跡を除いては、これまでと変わりありません。スタッフは、これまで代理人ユーザーに割り当てられていましたが、今後は権限設定として「スタッフのアクセス権限」に自動的に割り当てられます(操作は不要です)。

スタッフごとの売上追跡を継続する場合、スタッフ Plusに登録して、[モバイルPOSレジにアクセス] の権限を持つ新規アクセス権限設定を作成して有効にする必要があります。引き続き、個人のモバイル端末で支払いを受け付けるすべてのスタッフにこのアクセス権限設定を割り当てます。

ゲストモード

現在、ゲストモードをご利用中の場合、変更は何もございません。お客様側での操作も不要です。スタッフは、アクセス権限を付与されていない機能と領域にアクセスする場合、これまでと同じオーナーのパスコードが必要です。

オーナーのパスコードはSquare データの [アカウントと設定] セクションでご確認いただけます。スタッフに付与しているアクセス権限を確認するには、Square データの [アクセス権限] を表示します。続いて [スタッフのアクセス権限] でスタッフのパスコードを設定し、スタッフに付与する権限にチェックを入れます。

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」

現在、代理人ユーザーとゲストモードの両方をご利用中の場合、無料で使用できるスタッフのアクセス権限についてアクセス権限設定を行う必要があります。これにより、スタッフが共有のPOSレジを使用するとともに、個人の端末で支払いを受け付けられるようになります。

このような設定を行うには、Square データにアクセスし、[スタッフのアクセス権限] の権限設定で [共有のPOSレジにアクセス] と [モバイルPOSレジにアクセス] の両方を有効にします。

この2つのアクセス権限設定を個別に維持する場合は、スタッフ Plusに登録する必要があります。これにより、無制限に役割を作成したり、スタッフごとに売上を追跡したりできます。

どうすれば、スタッフごとの売上を追跡できますか?

スタッフ Plusに登録すると、次の2つの方法で、スタッフごとの売上を追跡できます。

  • スタッフを新しく追加するか、既存のスタッフを選択します。選択したスタッフに「スタッフのアクセス権限」以外の権限設定を割り当てます。引き続き、共有のPOSレジでスタッフが使用する個人パスコードを割り当てます。
  • スタッフを新しく追加するか、既存のスタッフを選択します。選択したスタッフに [モバイルPOSレジにアクセス] できるアクセス権限を割り当てます。これにより、スタッフが各自のメールアドレスとパスワードを使ってログインし、個人のモバイル端末で支払いを受け付けられるようになります。

スタッフごとの売上追跡を使用すると、Square データで人件費と売上を比較するレポートも作成いただけます。

アクセス権限設定とパスコードの作成について詳しくは、こちらをご覧ください。

複数店舗を対象にスタッフ管理を使用する

どうすれば、無料のスタッフ管理を複数店舗で使用できますか?

スタッフのアクセス権限を設定してください
各スタッフに個人パスコードを付与することで、タイムカードによる管理を行えるようになります。
Square データの [スタッフ] の一覧画面から、スタッフに店舗(複数可)を割り当てます。任意の店舗を複数のスタッフにまとめて割り当てることもできます。その場合はSquare データから [アカウントと設定] の [店舗情報] にアクセスして設定を行ってください。

どうすれば、複数の店舗を対象にスタッフ Plusを使用できますか?

まずアクセス権限の設定を行います
各スタッフにアクセス権限設定と個人パスコードを割り当てることで、売上と勤怠の管理を行えるようになります。
Square データの [スタッフ] の一覧画面から、スタッフに店舗(複数可)を割り当てます。複数のスタッフを任意の店舗にまとめて割り当てることもできます。その場合は、Square データから [アカウントと設定] の [店舗情報] にアクセスして設定を行います。

注意: スタッフPlusは、各店舗(スタッフが割り当てられていること)ごとに3,000円の使用料金が適用されます。