ホーム>はじめる

スタッフ管理のアップデートに関するFAQ

2019年7月に、「従業員管理」の名称は「スタッフ管理」に変わりました。加盟店様からのフィードバックを検討いたしまして、新しい料金や機能などの変更を導入しました。これまで「従業員管理」を使用し毎月有効な従業員あたり¥400を支払っていた加盟店様は、毎月ロケーションあたり¥3000という「スタッフ Plus」の新しい料金体系に移行させていただきました。新しいサブスクリプション料金については、こちらをご覧ください。

スタッフ Plusでは、高度な機能(無制限の権限セット、詳細販売レポート、スタッフごとのアクティビティログ、スタッフごとの販売レポート、複数の賃金設定)にアクセスできます。スタッフ Plusにアップグレードするには、オンラインSquare データにアクセスしてください。

また、スタッフ管理の無料プランを使用するとPOSの機密情報を保護し制限をかけられるオプションを利用できます。追加料金なしで、従業員の出勤/退勤の管理、およびタイムカードの使用が可能です。

無料のスタッフ管理

新しいスタッフ管理なら、今すぐ必要なツールを無料で使用できます。たとえば、アカウントに関する機密性の高い領域や機能のセキュリティを確保する、スタッフの出勤/退勤時間をPOSレジで記録するなどのほか、タイムカードを追跡したり、スタッフのアクセス権限を使用したりできます。Square POSレジアプリまたはSquare データで、スタッフ全体のアクセス権を作成可能です。

スタッフ管理の無料プランの利用は、スタッフごとの売上または休憩違反の追跡、スタッフ1人への複数賃金の割り当て、または特定スタッフへの他のスタッフとは異なる権限の付与を、行う必要がない場合におすすめです。利用を始めるには、スタッフを出勤表に登録して、スタッフのアクセス権限設定(無料)でアクセス権限を設定します。続いてスタッフに個人パスコードを割り当てると、勤務時間の管理とタイムカードの作成を開始できます。

変更点およびTeamスタッフ Plusやスタッフ管理の無料プランの利点に関する詳細については、以下のよくある質問をご参照ください。

どのような点が変更されますか?

数年前、Square は、加盟店が複数店舗と複数端末でのスタッフ管理を行えるように、従業員管理をリリースしました。それ以来、機能の改善と拡張を進めてきましたが、こうした高度な機能の設定と管理をより簡単にする必要があると判断しました。

「従業員管理」を「スタッフ管理」に変更しました

ビジネスの運営では、個々の従業員だけでなく、スタッフ全体に注目する必要があります。POSレジを使用して決済を受け付けるときも、Square データにログインして会計業務を支援するときも、スタッフは共同で取り組んでいます。スタッフ管理では、スタッフ全体の管理に必要なツールを利用できます。

スタッフ管理の料金体系

  スタッフ管理 スタッフ Plus
価格 全店舗無料 店舗当たり¥3000/月
機能    
タイムレコーダー ✔️ ✔️
タイムカードレポート ✔️ ✔️
Square POSレジ連携 ✔️ ✔️
給与管理データのエクスポート ✔️ ✔️
休憩時間の記録 ✔️ ✔️
休憩違反レポート - ✔️
所定の休憩時間より早めの打刻を防止 - ✔️
複数賃金率 - ✔️
タイムカードのメモ - ✔️
アクセス権限    
一組のアクセス権限設定 ✔️ -
無制限のアクセス権限設定 - ✔️
アナリティクスとレポート    
スタッフ別の取引履歴ログ - ✔️
残業レポート ✔️ ✔️
スタッフ別の売上レポート - ✔️
総売上高 vs 人件費レポート - ✔️
個人売上高 vs 人件費レポート - ✔️

なぜ料金が変更されたのですか?

加盟店様からのフィードバックにより、毎月従業員あたり¥400の料金体系はスタッフをさらに追加したいときに二の足を踏みがちであるということがわかりました。毎月店舗あたり¥3000とすることで、加盟店様はこの一律料金で、無制限に名簿にスタッフを追加でき、 custom permissionsにより無制限いアクセス権限設定を作成でき、人件費vs売上、スタッフ別売上、スタッフ別取引履歴、複数賃金を管理できます。

また便利なツールが無料となりました。毎月のサブスクリプション料金なしで、スタッフはPOSレジで出勤/退勤を行い、加盟店はタイムカードを管理し、機密情報へのアクセスを制限できます。さらには名簿に追加できるスタッフ数は無制限です。

契約料金は変更されたのでしょうか?

この変更によりサブスクリプション料金が変わったかどうかを確認するには、Squareデータで [アカウントと設定] > [事業/店舗] > [料金とサブスクリプション] とアクセスしてください。サブスクリプション料金は、お客様のアカウント中のスタッフが割り当てられている有効な店舗数により決定されます(有効なスタッフ数ではありません)。不要となった有効な店舗がある場合は、いつでも無効化および再有効化することが可能です。

どうすればスタッフ管理の無料プランにダウングレードできますか?

スタッフ管理の無料プランにダウングレードするには、すべてのスタッフを、スタッフのアクセス権限(無料)に割り当て、 Square データの [料金とサブスクリプション] セクションでスタッフ Plusのサービスをキャンセルします。ただし、オーナーのアクセス権限設定は、無料であり、削除できません。

注意: 無料のスタッフ管理の無料プランには、スタッフごとの売上追跡、複数の賃金の追跡、休憩違反レポート、人件費vs売上レポート、スタッフ別取引履歴ログの機能は含まれていません。

スタッフ Plusを使用する高度なツール

毎月1店舗あたり¥3000でスタッフ Plusに登録するには、以下を行います。

無制限のアクセス権限設定:スタッフ内の異なるメンバー、または、マネージャー、レジ係、バーテンダーといった異なるスタッフグループに、アクセス権限のセットを作成できます。
スタッフごとに売上を追跡:パフォーマンスに関するレポートをスタッフごとに作成して、売上やチップのほか、払い戻し、ディスカウント、取り消しなどのアクションを追跡できます。
スタッフごとに複数の賃金を設定:ビジネス上、複数の業務と賃金を設定したスタッフごとに、人件費を追跡できます。例として、バーテンダーとホール担当をシフトで兼務するスタッフが挙げられます。
人件費と売上を比較したレポート:人件費と売上を比較した詳細レポートや、スタッフ全体のパフォーマンスに関する詳細レポートを作成できます。
スタッフ別取引履歴ログ: 払い戻し、無料提供/取消、ディスカウントなど、各スタッフが担当した重要な処理を管理できます。

どうすればスタッフ Plusにアップグレードできますか?

Square データの [チーム] にアクセスし、パスコードを生成するスタッフを選択します。新しい「スタッフ管理」サブスクリプションにアップグレードするオプションが表示されます。

どの店舗に料金がかかりますか?ソース別計上のため店舗が多数ある場合はどうなりますか?

スタッフ Plus にご登録いただいている場合、アクセス権限設定の内容に関わらず、スタッフが1人以上割り当てられている有効な店舗に料金が課されます。

フロントカウンターバー裏庭のテラスなど、ビジネス上、異なるソースで売上を追跡するために複数の店舗を使用している場合は、代わりにそれらを統合し、端末で追跡することをお勧めします。

今後使用しない店舗がその他にある場合は、いつでも、それらを無効化したり、店舗に割り当てていた従業員を削除したりできます。

店舗を無効化する方法

  1. Square データの [アカウントと設定] > [ビジネス] > [店舗] にアクセスします。
  2. 無効化する店舗を選択します。
  3. [無効化] > [この店舗を無効化] をクリックします。

いつでも [店舗] から店舗の再有効化が可能です。[ステータス] フィルターを [無効] に変更して 、無効な店舗を選択し [店舗の再有効化] をクリックしてください。

1店舗のみでスタッフ Plusを使用したい場合はどうなりますか?

スタッフ Plusでは、スタッフを割り当てた店舗のみ課金されます。この際、スタッフの「アクセス権限設定」の内容は課金されるかどうかに影響しません。この場合、お支払い対象の店舗のみにスタッフを割り当てることをおすすめします。無料のスタッフのアクセス権限を特定の店舗で使用し、同時に、スタッフ Plusの機能をその他の店舗で使用することはできません。

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」を「スタッフのアクセス権限」に変更しました

「スタッフのアクセス権限」は新しい無料のアクセス権限設定で、POSレジアプリおよびオンラインSquareデータへの同一アクセス権限をスタッフ全員に付与するのに利用できます。「代理店輸送」と同様、個々の端末でSquareアプリを使用するためのログイン権限を各スタッフに与えるのに利用可能です。また「スタッフのアクセス権限」は 「ゲストモード」と同じようにも機能し、アカウントで権限を設定したエリアや機能へとスタッフはアクセスすることができますが、その他すべてに関しては事業主用パスコードが必要です。

代理人ユーザー

一連の変更前に「代理人ユーザー」をご利用いただいていた場合は、スタッフ別売上の管理を除き一切変更はありません。[代理人ユーザー] 権限設定に割り当てられていたスタッフは、現在 [スタッフのアクセス権限] アクセス権限設定に割り当てられていますので、お客様側では何も行う必要はありません。

スタッフごとに売上高を管理したい場合は、subscribe to スタッフ Plusに登録する必要があります。その後 [モバイルPOSレジにアクセス] アクセス権限を有効化して新規アクセス権限設定を作成してから、このアクセス権限設定を個々のモバイル端末で支払いを受け付けているスタッフ全員に割り当てます。

ゲストモード

一連の変更の前に「ゲストモード」を使用していた場合は、特に変更はなく加盟店様側では何も行う必要なありません。権限のない機能やエリアにスタッフがアクセスするには、同一の事業主用パスコードを使用する必要があります。

事業主用パスコードを確認するには、オンラインSquare データで [アカウントと設定] > [個人情報] とナビゲートします。スタッフ向けにどの権限が有効になっているか確認するには、オンラインSquare データで [アクセス権限] > [スタッフのアクセス権限] > [スタッフのパスコードを設定] と進み、どのアクセス権限をスタッフに付与するかをチェックします。

「代理人ユーザー」と「ゲストモード」

一連の変更前に「代理人ユーザー」と「ゲストモード」を両方とも利用していた場合は、無料の「スタッフのアクセス権限」権限を、スタッフが共有POSレジを使用できるよう、および各端末での支払いを受け付けるよう設定する必要があります。

このような設定を行うには、Square データにアクセスし、[スタッフのアクセス権限] の権限設定で [共有のPOSレジにアクセス] と [モバイルPOSレジにアクセス] の両方を有効にします。

この2つのアクセス権限設定を個別に維持する場合は、スタッフ Plusに登録する必要があります。これにより、無制限に役割を作成したり、スタッフごとに売上を追跡したりできます。

どうすれば、スタッフごとの売上を追跡できますか?

スタッフ Plusに登録すると、次の2つの方法で、スタッフごとの売上を追跡できます。

  • 「スタッフのアクセス権限」以外のアクセス権限設定を作成または割り当てて、POSレジでスタッフが使用する「個人パスコード」を割り当てます。
  • [モバイルPOSレジにアクセス] を有効化して、可能なアクセス権限設定を作成し割り当てます。これにより、スタッフが各自のメールアドレスとパスワードを使ってログインし、個人のモバイル端末で支払いを受け付けられるようになります。

スタッフごとの売上追跡を使用すると、Square データで人件費と売上を比較するレポートも作成いただけます。

アクセス権限設定とパスコードの作成について詳しくは、こちらをご覧ください。

複数店舗を対象にスタッフ管理を使用する

どうすれば、無料のスタッフ管理を複数店舗で使用できますか?

スタッフのアクセス権限を設定します。タイムカード記録用の
個人パスコードを各スタッフにを付与します。

Squareデータスタッフリストから、スタッフを1つの店舗または複数の店舗に割り当てます。または、Square データの [アカウントと設定] > [店舗情報] にアクセスして、複数のスタッフを任意の店舗にまとめて割り当てることも可能です。

どうすれば、複数の店舗でスタッフ Plusを使用できますか?

アクセス権限設定を設定します。売上および勤務時間記録用の
アクセス権限設定と個人パスコードを各スタッフにを付与します。

Squareデータスタッフリストから、スタッフを1つの店舗または複数の店舗に割り当てます。または、Square データの [アカウントと設定] > [店舗情報] にアクセスして、複数のスタッフを任意の店舗にまとめて割り当てることも可能です。

注意: スタッフPlusは、スタッフが割り当てられている店舗ごとに3000円の使用料金が適用されます。

さらにサポートが必要ですか?加盟店コミュニティで情報交換してみましょう。

加盟店コミュニティを見る